2010年11月03日

2010選手権予選準々決勝 vs.比叡山

第89回全国高校サッカー選手権滋賀予選準々決勝
 (2010.11.3 Wed 11:00 @ビッグレイクB)
 草津東 2−0 比叡山

20101103001.JPG 20101103002.JPG


大変長らくご無沙汰しております。5ヶ月もの間、まったく更新できなかったのにも関わらず、連日たくさんのアクセス、本当にありがとうございます。本日より当ブログを再開したいと思いますので今後ともよろしくお願いいたします。


さて、先月より始まった秋季高校総体(高校選手権滋賀予選)。第83回大会以来、6年ぶりの選手権出場を目指す草津東はインターハイ滋賀予選の覇者として今大会に臨んでいます。2回戦から登場した草津東は、米原を9−0、次の3回戦では立命館守山を7−0と大差で下し順調に今日の準々決勝へ駒を進めてきました。結果を見ると幸先の良いスタートを切っているようです。

今日の準々決勝の相手は県内各大会上位の常連である比叡山。この辺りからはミスひとつが命取りになるような厳しい戦いが続くことになります。といえども、まだ、ある程度の力の差はあるはず。楽に勝てる試合になるとは思いませんが、今後、自信を持って更なる強豪に挑めるように内容のあるゲームを期待したいところです。

試合は序盤から草津東が攻勢。得意のサイド攻撃を繰り出し比叡山ゴールに迫ります。何度かチャンスを作り得点を予感させた7分、右サイドで鮮やかなワンツーで田邊選手(?)がPA内に侵入すると相手DFに倒されてPKを獲得します。これをエース石黒選手が確実に決めて先制しました。

20101103003.JPG

比叡山の攻撃はボールを奪ったら草津東ディフェンスラインの裏に蹴り出し、それを前線の選手が追いかけるというものがほとんど。それほど怖さは感じませんでした。しかし徐々にボールをつなげるようになると、草津東にもピンチが訪れます。25分頃には、守護神・村上選手が枠の外へ掻き出し難を逃れた逃れたものの、ゴール正面で完璧に頭で合わされる危ないシーンもありました。

1−0で迎えた後半も草津東のペースで試合は進みますが、守備の意識が高くしっかりと中央を固めた相手に、ゴールを匂わすほどのフィニッシュに持ち込めない展開が多くなります。密集したゴール前にラストパスを送るも、かなりの精度の高さがないと決定機には至らない。ミドルシュートも大きく枠を外すものが何本もありました。また、強風の影響があったかもしれませんが、もう少しセットプレーにも工夫がほしいところ(次戦以降を考え隠しているのかもしれませんが)。チャンスは個人技での打開によるものが多くを占め、組織で崩すという点では少々物足りないところがありました。(久々に試合を観て、それなのに偉そうに書いて申し訳ありません。)

そうこうしていると後半中頃にはサイドの選手を完全にフリーにしてしまい、最終的にシュートがバーを叩くというヒヤヒヤした場面も。1点差ということを考えると、あまり余裕のない展開となります。それでも、最後は試合巧者というか経験の差というか、草津東がしっかりと2点目を挙げ勝負を決めます。74分、相手のFKを防いでカウンター。ハーフウェイライン付近でボールを受けた石黒選手がそのままドリブルでPAの少し外まで持ち込むと、最後は左足を振りぬきゴール右隅に突き刺しました。

20101103004.JPG

結果は2−0。まだまだ本領発揮とは言えない試合になりましたが、今後、準決勝、決勝と、一戦ごとに力強さを発揮していってほしいところです。



その他の試合結果
 綾羽 3(延長)2 八幡商
 八幡 3−2 滋賀学園
 野洲 4−1 水口

これにより準決勝の相手は綾羽と決まりました。過去公式戦で毎年のように対戦し勝利を収めているものの、どの試合も内容は僅差。今回もほんの小さな差が最終的に結果を左右するような緊迫した試合になりそうです。ただ、そういった試合を経験し乗り越えてこそチーム力は上がるはず。今季の草津東にとって最も大事な試合です。期待したいと思います。

頑張れ、草津東!


20101103005.JPG
20101103006.JPG
20101103007.JPG
20101103008.JPG
20101103009.JPG
20101103010.JPG

2010年06月07日

2010春季高校総体決勝 vs.守山

20100606001.png




2010滋賀県春季高校総体決勝(6/6Sun 11:00 @湖南市民グラウンド)
 草津東 3−1 守山
20100606002.JPG 20100606003.JPG

本日、湖南市民グラウンドで行われた春季高校総体(インターハイ予選)決勝。草津東は守山を3−1で下し、2年連続10回目のインターハイ出場を決めました。途中、リズムが悪くなる時間帯もありましたが、終始試合を有利に進め、見事に観客席の期待に応えた選手たちに拍手を送りたいと思います。本当におめでとうございます。


では、試合を振り返りたいと思いますが、今日対戦した守山とは正直なところ相性が良くありませんでした。昨秋の選手権予選のPK負け、U-17県リーグでの敗戦、そして今年になってからは新人戦でも対戦しましたが、0−1で決勝進出を阻まれるなど、このところの公式戦で守山に対して連敗続きでした。実際に苦手意識というのが選手の中に存在していたのかは分かりませんが、そんな不安要素もあり、試合は厳しいものになると予想されました。

しかし試合が始まってみれば、草津東が序盤からリズムを掴みゲームをコントロールしていきました。切れのよさを見せたのが右サイドの田辺選手。何度も相手陣内深くまでドリブルで侵入しチャンスを導き出しました。その他にも中盤での競り合い等でも優位に立つなど全体的に動きの良さを見せる草津東。得意のサイド攻撃を主体に守山守備陣を何度も脅かしました。先制点は前半20分ごろに獲得した右CK。ゴール前に上がったボールはドンピシャでゴール前の選手に合います。このボールを田辺選手が頭で完璧に捉えてネットを揺らしました。

対して守山は左サイドの10番の選手や、ガツガツとドリブルで突進してくる9番の選手を中心に攻撃を仕掛けてきますが、これは草津東が常に複数の選手が対応することでピンチを未然に防ぎます。ゴール前になだれ込んでくる守山の選手が少なかったことも草津東にとっては守りやすかったと思います。また、前半終わりごろに何度か守山にCKを与えますが、これも難なく凌いで無失点。いい形で前半を終わらせます。


後半も立ち上がりから集中し、自分たちのやるべきプレーをしっかりとやっていく草津東。ほぼ完璧にゲームを進めていったように思いました。ところが10分、突如、乱れが生じます。草津東ゴール前にフラフラと高く上がったボール。これを草津東DF、守山FWが並走して追うとともに、GK村上選手も飛び出してきます。しかしボールはこの3人のど真ん中に落ちると、かなり高くバウンド。村上選手の頭の上を越えてゴールに向かっていきました。これを走りこんだ守山FWに押し込まれ同点に追いつかれてしまいました。

この思いがけない歓喜をきっかけに攻勢を強める守山。逆に動揺が走る草津東。一気に展開は逆転しました。草津東はパスが微妙にずれたり、ルーズボールが拾えなくなったり、失点までとは全然違うチームになってしまいました。対する守山はここぞとばかりに逆転を狙って前へ前へと攻め込んできます。草津東としてはやばいムードも漂いかけました。

それでもこのままズルズルといってしまう草津東ではありませんでした。もう一度落ち着きを取り戻し、自らしっかりとゲームを組み立て直していきます。そして復活のための最良の薬は、やっぱりゴールでした。後半28分、左サイドに流れた小出選手にボールが渡ると、ラインギリギリのところで相手DFを振り切り、ゴール前へ折り返します。そこに飛び込んだのはまたもや田辺選手。しっかりとゴールに流し込み守山を突き放します。

さらにその1分後、今度は守山ゴール前に高く上がったボール。守山守備陣がクリアするも、ミスとなってゴール方向へ飛んでいきます。それを拾った酒井選手。GKもかわしてダメ押しの3点目を入れました。そして迎えたタイムアップの笛。草津東は守山に対してリベンジを果たすとともに、2年連続のインターハイ出場を決めました。




20100606004.JPG




改めまして、選手、スタッフをはじめ、関係者の皆様、本当におめでとうございます。草津東らしいスピーディな攻撃、集中力を高く保ったプレー、苦境に陥りそうな時間帯も自らで再び主導権を手繰り寄せるなど、連覇に相応しい素晴らしい試合でした。昨年のインターハイでは2回戦で敗れていますが、もちろん今年はさらに上を目指して戦ってほしいと思います。再び全国の舞台での活躍を期待しております。



このあと草津東は来週、再来週とプリンスリーグの残り2戦を戦います。そしてその次は今月下旬、奈良で開催される近畿大会。プリンス2部で2位以内に入れば、7月中旬には全日本ユース出場を懸けたトーナメント戦があります。それらを経て7月31日からのインターハイに臨みます(さらにそのあと8月には天皇杯予選もあります)。スケジュールは目白押しですが、とにかく一戦一戦を大事にし、レベルアップを図っていってほしいと思います。
 
 
 続きを読む

2010年06月03日

八幡を下し決勝進出!

本日、湖南市民グラウンドで行われた2010春季高校総体(インターハイ予選)準決勝。草津東は新人戦チャンピオンの八幡を下し、6日(日)の決勝進出を決めました。試合は前半攻めあぐねたものの、後半ゴールラッシュで快勝。八幡の自慢の攻撃力は厳しいプレスで封じ込めたようです。

いよいよ2年連続のインターハイ出場まであと1つとなりました。決勝の相手は、綾羽を3−2で下した守山です。

守山といえば、ここ最近、草津東が苦手にしているチーム。この冬に行われた新人戦準決勝でも0−1と敗れています。

決勝はいわばリベンジマッチでもあります。チャレンジ精神をもって守山に向かっていってほしいと思います。

頑張れ、草津東!

 

2010年06月01日

2010春季高校総体準々決勝 vs.野洲

2010滋賀県春季高校総体準々決勝
 (5/30Sun 11:00 @水口スポーツの森)
 草津東 2−1 野洲
20100530001.JPG 20100530002.JPG


日曜に水口スポーツの森で行われた春季高校総体(インターハイ予選)準々決勝。草津東は延長の末、見事に野洲を下し、準決勝進出を決めました。

試合はお互いに負けたくないという気持ちが強く、中盤での緊迫した攻防が続きます。ポゼッションではやはり野洲が上回りました。ただ、野洲らしいショートパスとドリブル主体の攻撃は鳴りを潜め、最終ラインから一気にサイド奥深くに展開するという印象。草津東としてはそれほど揺さぶられるわけではなく、きっちりとプレスをかけてボールを奪うと、カウンターを仕掛けていくという感じでした。

互いに何度かゴール前まで攻め込むものの、守備意識も集中力も高い相手チームを前に決め手を欠くままスコアレスで前後半70分が終了。試合は延長戦に突入しました。

延長戦に入ると、いきなり試合が動きます。先制したのは草津東。右サイドでのパス交換からチャンスを作りクロスを挙げると、ファーサイドで詰めたのは途中出場の柿迫選手。しっかりと野洲ゴールに押し込みました。しかしそれから2分も経たない延長前半5分、野洲にCKを与えると、このセットプレーから決められ、待望のリードもあっという間に追いつかれてしまいました。

意気消沈しかねないなかで迎えた延長後半でしたが、草津東はやってくれました。決めたのはエース・石黒選手。ゴール正面から左足を振り抜くと、見事に野洲のゴールネットを揺らしました。

残り数分、野洲の攻撃を浴びた草津東でしたが、この日も何度もファインセーブを見せたGK村上選手を中心に守り抜きました。結果は2−1。トータル90分間の非常に緊迫した試合は、昨年に引き続き草津東がものにしました。


20100530003.JPG
▲チームを救うビッグセーブで勝利を導いた村上選手



これでベスト4進出。連覇へ向けて一歩前進しました。

明後日3日(木)に行われる準決勝の相手は、新人戦チャンピオンの八幡。八幡は準々決勝では八幡商を4−2と下し勝ち上がってくるなど、攻撃的なサッカーが魅力的なチームです。

ライバル・野洲戦の勝利直後は歓喜を爆発させていた草津東イレブンでしたが、おそらくすぐに頭を切り替え準決勝に勝利することに集中していると思います。この試合も非常に白熱した好ゲームが期待されます。しっかりと自分たちの力を発揮し、6日(日)の決勝へ駒を進めてほしいと思います。




20100530004.JPG

2010年05月29日

明日は2010春季高校総体(インターハイ予選)準々決勝

明日30日、春季高校総体(インターハイ予選)は準々決勝を迎えます。
その前に、先週行われた2回戦、3回戦の結果を振り返りたいと思います。(左が勝ったチーム)

2回戦 5/22(土)
 八幡 8−1 安曇川
 瀬田工 1(4PK2)1 守山北
 八日市南 3−2 米原
 八幡商 3−0 能登川
 野洲 4−1 東大津
 長浜北 3−2 大津
 虎姫 4−1 彦根東
 綾羽 5−1 高島
 草津東 2−1 水口東
 長浜 0(4PK2)0 伊香
 滋賀学園 2−1 膳所
 水口 7−2 玉川
 甲西 2−1 立命館守山
 石山 2(3PK0)2 伊吹
 比叡山 5−0 近江兄弟社
 守山 6−0 近江

3回戦 5/23(日)
 八幡 4−2 瀬田工
 八幡商 4−1 八日市南
 野洲 10−0 長浜北
 草津東 2−0 虎姫
 綾羽 6−1 長浜
 滋賀学園 0(8PK7)0 水口
 甲西 3−2 石山
 守山 1−0 比叡山


草津東は順当に2回戦、3回戦を突破しました。が、ともに僅差の試合となっています。が、昨年の2回戦、3回戦と全く同じスコアです。
その他では、新人戦チャンピオンの八幡、そして野洲、綾羽などが勝ち上がっています。しかし、名門・守山北は2回戦で敗退です。


明日の準々決勝の予定
 八幡×八幡商 11:00 @ビッグレイクB
 野洲×草津東 11:00 @水口スポーツの森
 綾羽×滋賀学園 13:00 @ビッグレイクB
 甲西×守山 13:00 @水口スポーツの森

明日の準々決勝、草津東はこれまで何度も名勝負を繰り広げてきたライバル・野洲と対戦します。昨年のこの大会の決勝以来の対戦です。そときは前半早々に上坂選手のゴールで先制した草津東が、その後驚異的な集中力で守りきり勝利。インターハイ出場を決めました。
野洲は今大会、2試合連続で大量得点を挙げていますが、草津東としては昨年の再現を目指して最高の試合を見せてほしいところです。

2010年05月10日

2010春季高校総体(インターハイ予選)開幕

昨日より2010春季高校総体(インターハイ予選)が開幕。1回戦17試合が行われました。結果は以下のようになっています。(左が勝ったチーム)

 守山北 6−0 国際情報
 瀬田工 9−0 湖南農
 米原 1(5PK4)1 北大津 
 八日市南 3−2 草津
 長浜北 2−0 甲南
 大津 18−0 愛知
 虎姫 0(4PK3)0 堅田
 彦根東 16−0 長浜農
 長浜 6−0 信楽
 伊香 6−0 日野
 膳所 8−0 八幡工
 滋賀学園 2−0 八日市
 玉川 3−0 大津商
 石山 3−1 河瀬
 伊吹 4−1 栗東
 比叡山 4−0 光泉
 近江兄弟社 4−2 彦根工


ディフェンディングチャンピオン・草津東、新人戦チャンピオンの八幡など、シード勢も登場する2回戦は22日(土)。組み合わせは以下のようになっています。

 八幡×安曇川
 守山北×瀬田工
 米原×八日市南
 能登川×八幡商
 野洲×東大津
 長浜北×大津
 虎姫×彦根東
 水口東×草津東
 綾羽×高島
 長浜×伊香
 膳所×滋賀学園
 玉川×水口
 甲西×立命館守山
 石山×伊吹
 比叡山×近江兄弟社
 近江×守山

草津東の初戦の相手は水口東です。連覇へ向けていいスタートを切ってほしいところです。

2010年05月01日

2010春季高校総体(インターハイ予選)組み合わせ

ディフェンディングチャンピオンとして臨む今年度の春季高校総体(インターハイ滋賀予選)の組み合わせが発表されています。

 【トーナメント表@滋賀県サッカー協会】

新人戦ベスト4の草津東は1回戦はシード。2回戦からの登場です。その2回戦の相手は伏兵・水口東と決まりました。
勝ち進んでいけば準々決勝で野洲との対戦となりそうですが、それはひとまずおいといて、まずは初戦に集中。そしてひとつずつ勝ち進んでいってほしいと思います。

草津東の予定
 1回戦 シード
 2回戦 5/22(土)10:00 @水口スポーツの森 vs.水口東
 3回 戦 5/23(日)14:30 @野洲高校グランド
 準々決勝 5/30(日)11:00 @水口スポーツの森
 準決勝 6/3(木)11:00 @湖南市民グランド
 決 勝 6/6(日)11:00 @湖南市民グランド


優勝チームは沖縄で開催されるインターハイと滋賀FAカップ(天皇杯滋賀代表決定戦)に出場。そして優勝チームおよび準優勝チームは近畿大会(奈良県橿原市で開催)に出場します。貴重な公式戦を数多くするためにもぜひとも優勝を果たしてほしいところです。

2010年04月30日

プリンスリーグ2010第4節 vs.ガンバ大阪

JFAプリンスリーグU-18関西2010 Div.2第4節
 (2010.4.29 Thu 11:00 @ビッグレイクC)
 草津東 1−3 ガンバ大阪
 20100429001.JPG 20100429002.JPG


[草津東スターティングメンバー]

吉川(11)  石黒(9)

酒井(10)          田辺(7)

中西(5)*   小出(8)

深尾(13) 増野(4) 木村(18) 端(2)

村上(1)


久々の更新ですいません。今シーズンのプリンスリーグが開幕して4戦目。ようやく試合を応援に行けました。というわけで簡単ではありますが、試合レポートを書きたいと思います。



草津東はここまでの3戦、2勝1敗の勝点6で3位につけていました。

 ・第1節 ○3−1 洛北(京都)
 ・第2節 ●1−2 近大附(大阪)
 ・第3節 ○6−2 郡山(奈良)

結果は以上の通り。特筆すべきは全10得点を合計7名が奪っていること。石黒選手が3ゴールとエースらしい成績を収めているのに加えて、どこからでも点を取りにいくという、全員攻撃(+全員守備)が結果に現れていることが見て取れます。

そしてこの日対戦したのはガンバ大阪。昨季成績が優れず、今シーズンは2部で戦うことになりました。第3節までは2部の優勝候補筆頭の名に違わない結果を残しています。3試合で得点8の失点0。文句なしの3連勝という成績です。メンバーにはFW原口選手やMF望月選手などの各年代の代表選手が数多く名を連ねていて、

草津東としてはこのダントツの2部優勝候補に対してどこまで自分たちらしさが通用するか?伝統(?)の粘り強い守備からボールを奪ってスピーディなサイド攻撃から得点機を伺いたいところ。公式戦では6年ぶりの対戦となったこの試合は晴天のホーム・ビッグレイクで行われました。



「晴天」とはいうものの、朝方までの降雨の影響でピッチは十分に水を吸っていてかなりスリッピー。もともとCコートのピッチコンディションは悪いこともあり、ボールのバウンドが非常に不安定でした。さらにビッグレイク名物のボールを押し戻すほどの強烈な風。サッカーをするには少々困難な状況でした。

前半は風下の草津東。間違いなく「耐える」ことが目的となりました。前半は集中力を切らさずに耐えてドローで終わらせる。そして風上に立つ後半に勝負を賭けるという戦い方が理想的となります。

予想通り、前半は劣勢の草津東。技術に優れるG大阪の中盤に何本もパスをつながれ、最後はミドルシュートなどでピンチを迎えてしまいますが、GK村上選手を中心に要所要所を押さえ込み得点は許しません。それでもさすがはG大阪。16分、右サイドからテンポ良くボールをつなぎ、最後は中央から10番・水野選手がコースを狙ったシュート。これが決まってしまい、草津東は失点を喫してしまいます。

ここで意気消沈せずに、すぐに反撃を見せる草津東。失点から2分後、カウンターを仕掛けると一気に右サイドから中央へ低いクロス。そのボールはゴール方向へFWと並走するG大阪DFにクリアされるものの、そのボールはGKの頭の上を越えてゴールの中へ。OGで草津東が同点に追いつきました。幸運といえばそれまでですが、G大阪の守備陣が整う前に、鋭い突破から滑りやすいピッチを考えた低く速いクロスを入れたその判断が勝りました。

相手のOGながらもあっという間に追いついたことで、草津東は自信をもって前半を戦っていくことができました。集中力を切らすことなくしっかりと相手に食らい付きG大阪の選手を自由にさせない。もちろんタレント集団のG大阪、フィニッシュまで持って行かれることが度々ありましたが、GK村上選手の好セーブが何度も草津東を救います。G大阪の選手の中には持ち味を発揮できずに明らかにイライラしている選手もチラホラ。草津東は狙い通りの同点という結果で前半を折り返すことができました。


風上に立った後半、序盤、草津東が攻勢に試合を進めます。前線で走り回り、しつこくボールに向かっていく吉川選手が好機を演出。47分にはカウンターから右サイドで攻撃を仕掛けると、最後はPAの外から吉川選手が左足でループ気味の綺麗なミドルシュートを放ちます。これは惜しくもバーを直撃してゴールはなりませんでしたが、後半の好調な出足に大きな希望を抱かせてくれました。

その後も相手と互角近い内容で試合を進めた草津東でしたが、60分、隙を突かれて均衡を破られてしまいます。左サイドで展開され成すがまま自陣に侵入を許すと、最後は砦となる村上選手も抜かれ、勝ち越し点を与えてしまいました。

この得点で完全に落ち着きを取り戻したG大阪。向かい風などの影響は全く関係なしに、どんどんと攻撃を仕掛けてきました。こうなると草津東は厳しくなりました。66分にはカウンターを浴びると、G大阪のFW11番・石原選手にループシュートを打たれます。このシュートがバーに当たりはね返ったところを原口選手に押し込まれ、とどめとなる3点目を奪われました。

その後も多くのピンチを迎えた草津東。ビッグセーブを連発した守護神・村上選手の奮闘などでそれ以上点差を広げられることはありませんでしたが、逆に一矢を報いることも叶わず。結果的に1−3で試合は終了。強敵から勝点を奪うことは残念ながら出来ませんでした。


20100429003.JPG



ただ、まったく悲観するような試合ではありませんでした。実にいい試合を見せてもらったと思います。攻撃時の一瞬の鋭さなど通用した部分もありましたし、GK村上選手の1対1におけるビッグセーブの連発は、草津東に村上あり、滋賀に村上あり、というのを十分に印象付けてくれる活躍でした。もちろん、G大阪の選手のポジショニングのうまさや試合巧者ぶりなど学ぶべきことはたくさんあったと思います。実際に対戦してみて肌で感じて大きな経験を得たはずです。これを次にG大阪やその他のJクラブのユースチームと対戦したとき活かせるように、今後、この試合での「感覚」をいつも意識してトレーニングしてほしいと思います。


20100429004.JPG
▲好守を見せた村上選手。1対1での抜群の強さだけでなく、劣勢に立たされたチームに後方から檄を飛ばし盛り立てる。


20100429005.JPG

20100429006.JPG

20100429007.JPG



現在4位となった草津東は、次節の5月2日(日)、紀三井寺球技場にて名門・初芝橋本と対戦します。2位以内確保に向けて是非勝点3を獲得したい試合となります。気温も上昇してきて体力面でもだんだんときつくなってきそうですが、いい結果を出してほしいと思います。



頑張れ、草津東!
posted by T2 at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | プリンスリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

JFAプリンスリーグU-18関西2010 日程発表!

今シーズンのプリンスリーグの日程が掲載されました。

 【草津東高校サッカー部保護者会公式サイト】

草津東の日程は以下の通りです。

 ◆第1節 4/11(日) 11:30
  vs.洛北(京都) @堺NTC

 ◆第2節 4/18(日) 11:00
  vs.近大附(大阪) @ビッグレイクC

 ◆第3節 4/24(土) 11:00
  vs.郡山(奈良) @ビッグレイクC

 ◆第4節 4/29(祝) 11:00
  vs.ガンバ大阪(大阪) @ビッグレイクC

 ◆第5節 5/2(日) 11:00
  vs.初芝橋本(和歌山) @紀三井寺球技場

 ◆第6節 6/13(日) 11:00
  vs.神戸国際大附(兵庫) @三木防災陸上競技場

 ◆第7節 6/19(土) 11:00
  vs.奈良育英(奈良) @堺NTC


開幕日と最終節は堺のナショナルトレーニングセンターでDiv.1、Div.2全16チームが集まっての集中開催。
注目のガンバ大阪戦は地元ビッグレイクで第4節、4/29。大きな山場になりそうです。
その他、初芝橋本、奈良育英、近大附など強豪揃い。奈良育英には昨年のインターハイの借りを返したいところです。

開幕まで残り1ヶ月。遠征などを通して強くなってほしいと思います!
posted by T2 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | プリンスリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

第2回ジャパンユースサッカースーパーリーグ 2/20(土)、21(日)の結果

この土日に行われた「第2回ジャパンユースサッカースーパーリーグ」、草津東の結果です。
保護者会様HPによると以下の通りです。

U-17の部
 [2/20(土) @時之栖]
 草津東 5−1 松商学園
 【得点】石黒、中西、小出、田辺、酒井

 [2/21(日) @時之栖]
 草津東 0−5 富山一


U-18の部
 [2/20(土) @時之栖]
 草津東 1−3 富山一
 【得点】小出

 [2/21(日) @時之栖]
 草津東 4−2 習志野
 【得点】堀内、山田、奥村、田内

2010年02月14日

第2回ジャパンユースサッカースーパーリーグ開幕

関東から中国地方までの高校、ユースチームが集まって行われる「第2回ジャパンユースサッカースーパーリーグ」が開幕しました。

前身の中日本スーパーリーグ時代からこの大会の常連である草津東は、この土日にU-17の部、U-18の部ともに1試合を消化しています。

保護者会様のHPによると結果は以下の通りです。

U-17の部 2/13(土) @ジュビロ磐田上大之郷G
 草津東 2−1 ジュビロ磐田U-17
 【得点】吉川、酒井

U-18の部 2/14(日) @ジュビロ磐田上大之郷G
 草津東 1−3 松商学園
 【得点】不明

U-17は磐田に勝利、2連覇を狙うU-18は残念ながら黒星スタートとなりました。

今大会の組み合わせ、日程等は保護者会様のサイトおよびジャパンユースサッカースーパーリーグ公式サイトをご覧ください。

プリンスリーグやインターハイ予選に向けて、とても豪華な顔ぶれの中でもまれてほしいところです。

 

2010年01月26日

2010新人戦準決勝 vs.守山

新人戦準決勝(2010.1.24 Sun @ビッグレイクB)
 草津東 0−1 守山
20100124001.JPG 20100124002.JPG


年末から行われていた新人戦。新チームとして初めての公式戦、タイトル獲得を目指しこの日の準決勝まで勝ち進んだ草津東でしたが、志半ばでの敗退となってしまいました。

序盤は守山ペース。守山の前線にはスピードのある選手が多く草津東の守備陣をかく乱してきます。特に9番の選手はスピードだけでなくパスの出し手としても優れたセンスを発揮していました。

草津東はミスが多く見られました。パス回しが少々雑な感じ。みすみす相手にボールを与えてしまう場面が続きました。しかし、15分過ぎからようやくリズムを掴み、試合を五分の展開に持っていきました。が、得点を奪うことなく前半終了。

後半も一進一退の攻防。互いにセットプレーからチャンスを迎えますが、決め手を欠き試合は動かず。50分ごろ(35分ハーフ)には、守山最終ラインでのクリアミスのボールを拾いゴールに迫るものの先制点を挙げることは出来ませんでした。

逆に65分ごろには守山9番の突破を皮切りに11番の選手にGKと1対1のシーンを作られますが、これは守護神・村上選手が鋭い飛び出しでストップ。ピンチを乗り切りました。

このままPK戦突入かと思われた68分、中盤でボールを奪われると一気に加速していた守山のFW25番の選手にパスが渡ります。これを中央から決められて土壇場で先制を許してしまいます。

残された僅かな時間に同点弾を狙った草津東でしたが、相手の集中力の高い守備陣を前に沈黙。そのまま0−1でタイムアップとなってしまいました。


試合を観ての感想ですが・・・

サイドへの展開まではOK。問題はそこから。相手を抜き切ってからゴール前にボールを送ることばかりを考えているような印象を受けます。抜こうと何度もフェイントを入れている間に相手の守備陣は戻ってきてしまい体勢を作られる。人数が揃う前にDFラインとGKの間に低いクロスを上げるとか、中央に切れ込んでシュートに行くとか、もっと周りの選手が早くフォローして複数の選手で崩すなど、バリエーション豊富な攻撃を見せてほしいところです。

あと、ゴール前での迫力に少々物足りなさを感じます。みんなスピードがあって技術もある。でもそれだけでは得点は奪えない。良く言えば「どこからでも点が取れる」ですが、逆に言うと「こいつに任せておけば安心」という絶対的なフィニッシャーが不在ということでもあります。一瞬の隙も見逃さないハンターのようなFWも求められるのではないかと思いました。
(あくまで素人の個人的な意見です。)


来月中旬からは今年も「ジャパンユースサッカースーパーリーグ」に参戦。それを経て春にはいよいよプリンスリーグが開幕します。関西や全国の舞台で戦えるチームになるよう、この敗戦を糧に頑張ってほしいと思います。

20100124003.JPG

20100124004.JPG

20100124005.JPG

20100124006.JPG

20100124007.JPG
 
20100124008.JPG
 
20100124009.JPG




土曜に行われる決勝のカードは、「八幡×守山」となりました。
八普がいよいよ主要大会で決勝に駒を進めてきました。湖南、甲賀地域のチームが常に上位を占める滋賀県にあって、日野川より北のチームがファイナリストになるのは非常に画期的なことです。名門・守山との対決は興味深い一戦となりそうです。

2010新人戦決勝
 八幡×守山
 1/30(土)11:00 @ビッグレイクC

posted by T2 at 21:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 県民体育大会(新人戦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

新人戦準々決勝の結果

本日行われた2010新人戦準々決勝の結果です。

草津東 4−0(前半1−0) 八幡商
 【得点】OG、酒井×2、田辺


強豪・八幡商を寄せ付けず、見事に明日の準決勝に駒を進めました。
今日は体調不良で観戦できませんでしたのでレポートはなしです。すいません。


その他の結果
 八幡 4−3 野洲
 綾羽 6−0 甲西
 守山 3−1 水口 

ここ数年、県内ではほとんど無敵といっていい状態だった野洲が敗れました。選手権に出場したため新チーム立ち上げからまだ3週間ほどと、他チームに比べハンデはあったものの、県内随一のタレント軍団なだけに、この敗戦には驚いたというのが正直なところです。
逆に言えば、勝った八幡が素晴らしいということだと思います。昨秋の選手権予選では野洲に対して屈辱の2桁失点で敗れましたが、今回、見事なリベンジを果たしました。近年、各大会で常に上位に進出してきたチームで、2010年は「チーム完成の年」と位置づけられているようです。今年の八幡には大きな注目が集まりそうです。


準決勝の組み合わせ
 11:00 ビッグレイクB 八幡×綾羽
 13:00 ビッグレイクB 草津東×守山

明日の準決勝では守山と対戦。いい試合を期待しています。

posted by T2 at 21:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 県民体育大会(新人戦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日は2010新人戦準々決勝

新人戦も今日はいよいよ準々決勝です。

先週の決勝トーナメント2回戦の東大津戦では、相手の堅守もあってなかなか得点を奪うことができず、残り数分というところでとようやく決まった吉川選手のゴールで1−0と辛くも勝利した草津東。今日の準々決勝では八幡商と対戦。明日の準決勝進出を目指します。

東大津戦は終始攻勢だったものの、攻撃のリズムが単調になるきらいがあり、相手としても守りやすかったと思います。今日はもう少し緩急をつけたサッカーができるといいのですが…。レギュラー陣に怪我人もいるようでベストの状態ではないかもしれませんが、内容の伴った勝利を期待したいと思います。

準々決勝組み合わせ
 10:30 ビッグレイクB 野洲×八幡
 12:30 ビッグレイクB 甲西×綾羽
 14:30 ビッグレイクB 八幡商×草津東
 14:30 ビッグレイクA 水口×守山

posted by T2 at 08:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 県民体育大会(新人戦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

今日から新人戦決勝トーナメント

本日16日から県民体育大会「新人戦」の決勝トーナメントが開始されます。

先週の日曜に予選リーグの最終節が行われ、選手権出場のため予選リーグ免除されていた野洲を含めて、合計23チームの決勝TM進出チームが決まりました。膳所や比叡山など県内各大会で常に上位に食い込んでくる強豪が破れ去る波乱もありましたが、その他の有力チームはほぼ順当に勝ちあがってきています。

草津東も予選リーグ無傷の3連勝で決勝TMに駒を進めています。その決勝TMの初戦は明日の2回戦、「東大津×米原」の勝者と対戦します(予選1位のため1回戦はシード)。

新年度の県内初タイトル獲得に向け、頑張れ、草津東!


※全組み合わせ等は滋賀県サッカー協会へ。

posted by T2 at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 県民体育大会(新人戦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

第14回時之栖カップ 組み合わせ

新年1月3日から静岡県で行われる時之栖カップ(通称:裏選手権)の組み合わせが決まったようです。詳細は草津東高校サッカー部保護者会様のHPをご覧ください。

鹿児島実(鹿児島)、流通経済大柏(千葉)、静岡学園(静岡)など、全国の名だたる強豪チームが参加する中、草津東は予選リーグで藤枝東(静岡)、大津(熊本)、高崎経済大附(群馬)と対戦します。

試合日程は、

 1月3日 15:00 vs.大津
 1月4日 10:00 vs.高崎経済大附
 1月4日 14:30 vs.藤枝東
 1月5日 順位戦
 1月6日 順位戦

とのことです。会場はこちらです。



posted by T2 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

2010新人戦1次リーグ第2節 vs.瀬田工

2010新人戦1次リーグ第2節
 (2009.12.20 Sun 11:30 @北大津高校G)
 草津東 4−1 瀬田工
20091220001.JPG 20091220002.JPG


新チームになり最初の公式戦である県民体育大会(新人戦)。昨年度の大会から大会方式が変わり、まず野洲を除く参加41チームが予選リーグを戦い、その上位2チームが決勝トーナメント進出。決勝トーナメントは野洲を加えた23チームが県内の新年度の最初のタイトル獲得を目指し戦いを繰り広げます。

1次リーグ第2節を迎えた昨日、草津東は瀬田工と対戦しました。前日の第1節では石山を3−1で下し新チーム初勝利を挙げていますが、当然連勝を狙いたいところです。

詳しいスターティングメンバーは保護者会様のHPをご覧ください。旧チームでもレギュラーを獲得していた新10番・石黒選手など、Aチーム公式戦に出場経験のある選手が多く揃います。吉川選手の1TOPではあるものの石黒選手や田辺選手らが次々に前線に飛び込んでいく形。新キャプテン5番の中西選手がタクトを振るいゲームをつくり、サイド攻撃を仕掛けていきます。

前半風上に立った草津東。ほぼ主導権を握り試合を優位に進めます。しかし、序盤は攻めてはいるもののシュートらしいシュートが打てない状態。瀬田工はがっちりとした体格の選手が多く、球際にきっちりと食らい付いてくるため、全体的に微妙にずれてしまった、という印象を持ちました。

それでもそれに慣れてくると、いい形でフィニッシュに持っていきます。瀬田工のGK中井選手(?)が好セーブ連発でなかなか先制点を挙げることができませんでしたが、20分過ぎついにゴールを奪います。左サイドで縦パスを受けた選手(誰か確認できず)がそのままドリブルで持ち込みシュート。一旦はGKにストップされますが、そのこぼれ玉を中西選手が詰めました。

その3分後にはゴール正面でFKを得ます。直接狙うには少し遠い気はしましたが、風上ということもあり思い切ってシュートを選択することも十分考えられました。瀬田工守備陣もシュートを警戒していたと思います。しかし、その裏を突いたキッカーの中西選手。ゴール前のスペースへチップキックでボールを出すと、そこに走りこんだのは酒井選手。素晴らしい連携で難なくゴールを陥れました。

後半サイドが変わり風下になったこともあり、前半より少し押し込まれる展開が多くなりましたが、10分ごろに追加点を挙げます。右サイドのスローインをFW吉川選手が受け、そのまま角度のないところから思い切り打ちました。それがネットに突き刺さり3点目。試合を決めました。

その後、スピードのある瀬田工の10番・田村選手(?)に1点を返され2試合連続の失点となったのは残念ですが、終盤に4点目。右サイド、ゴールラインギリギリのところからクロスを上げると、相手DFの足をかすめたことによりGKにとっては難しい回転がかかってしまったのか(そう見えました)、パンチングミスを誘いボールはゴールに吸い込まれました。試合はそのまま4−1で終了。決定力不足なところなども見えましたが、無難に2連勝を飾りました。これで決勝トーナメント進出が確定です。

正直なところ、ベスト8の常連チームなどと戦ってみないと現在の実力などは分かりません。ということで、決勝トーナメントでの戦いは内容と結果ともにかなり期待して観ていきたいと思います。そして是非、優勝を勝ち取ってほしいと思います。

頑張れ、草津東!




posted by T2 at 22:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 県民体育大会(新人戦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

新チーム始動 今日から新人戦1次リーグ

毎度のことながら、なかなか更新できずに申し訳ありません。

選手権予選での早期敗退から、はや1ヵ月半。本日から新チームの初の公式戦となる県民体育大会(新人戦)が始まりました。大会は11組に分かれた1次リーグを行い、その上位チームと選手権代表校の野洲の計23チームが来年1月16日からの決勝トーナメントに進みます。

※例年通りなら新人戦の優勝チームがプリンスリーグ出場決定戦へ進むことになるのですが、今季は(今季からは?)その権利はありません。2009年のプリンスリーグで残留を果たせなかった草津東と、春から行われていた2種県リーグ1部の優勝チームである守山北が、この9月にすでに2010年シーズンの出場決定戦を行っていて、草津東が2−1で勝利。プリンスリーグ2部への出場を決めています。

新人戦の方に話を戻しますと、草津東も本日が1次リーグの初戦。対戦相手は小林茂樹監督率いる石山でした。立ち上がりに先制されましたが、見事に逆転勝ちを収めています。詳しい試合展開は こちらのコメント欄に暇人さまがレポートを書いていただいております。以下、全文転用いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の新人戦の結果です。

前半 1−1
後半 2−0
合計 3−1○

石山高相手に、立ち上がりの攻め込みの逆襲からまさかの失点。その後はボールは支配するものの、初の公式戦のためか、動きの硬い選手達は、ゴール前を固める相手に、中々ネットを揺らすことが出来ず、時間だけが過ぎていきました。このまま0点で前半終了かと思われた残りわずかな時間帯、ペナルティーエリア外から新キャプテン中西選手のミドルが突き刺さり、同点。流れを一機に手繰り寄せる見事なシュートでした。
後半に入ると直ぐに、またしても中西選手のコーナーキックが、ニアからファーに流れたところを酒井選手が落ち着いて決めて勝ち越し。更に同じくコーナーキックから田辺選手が押し込みここで勝負あり。
その後6人の交替枠をフルに使い、試合の雰囲気に慣れさせたこと、苦戦の末に勝利したことが、今日の収穫でしょうか。
石山高のシュートは失点した場面の1本のみでしたが、草東も流れの中からの得点がなしと、課題の多い試合でした。
明日も引き続き新人戦です。今日の悪いところを修正して、年末年始の強化試合、新人戦の続きに向けて、スッキリと勝利して欲しいものです。

頑張れ! 草津東


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

とのことです。まずは新チーム公式戦初勝利おめでとうございます。明日の瀬田工戦は会場に駆けつける予定ですので、いい試合を見せてほしいと思います!新チームはには2009年チームでレギュラーを獲得した選手、出場経験のある選手が多く、非常に期待しております。今大会でのタイトル獲得、春からのプリンスリーグでの活躍に向けて頑張ってほしいと思います。

さて、年末年始の予定ですが、保護者会様のサイトによると、今月25日から29日までA´チームが茨城県で開催される波崎ユースカップに出場。流通経済大柏(千葉)や東邦(愛知)と対戦します。そして新年1月3〜6日にはAチームが時之栖カップ(通称:裏選手権)に参加するようです。インフルエンザ等、体調にはくれぐれも気をつけて、チーム強化を図ってほしいと思います。

posted by T2 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 県民体育大会(新人戦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

選手権予選終了 

ご無沙汰しています。
パソコンが故障してどうしようかと考えた結果、ようやく新しいのを購入しました。ということで、またブログを再開しますのでよろしくお願いします。

さて、そうこうしている間に選手権予選も終了。今年も野洲が圧倒的な強さを見せつけ優勝を飾りました。全国でも滋賀の代表として活躍を期待したいと思います。

草津東は非常に残念な結果に終わりました。初戦となった2回戦、そして3回戦こそともに大勝しこのまま波に乗っていくかと期待されましたが、準々決勝で古豪・守山に対し延長を終えても得点を奪えず試合はPK戦に。このPK戦も非常にもつれた展開となりましたが、相手GKの好守もあり7−8で敗戦。結局、今大会無失点のまま準決勝への道を阻まれました。

この試合は用事があったため会場の水口スポーツの森へ駆けつけることができず、僕自身は3回戦の伊吹戦が今年度チームのラストマッチとなってしまいました。選手権予選の組み合わせが決まって以来、今年こそ野洲の牙城を崩し選手権に返り咲くことを念頭に置いていましたが、あまりにも早すぎる敗退に非常に残念な想いです。実際のところ、春季総体では野洲を下しインターハイへの出場を決めただけに、タレントの揃う今年に期待は大きいものでした。しかし、準々決勝までくると絶対に勝てる相手なんかは1つもなく、どんなに有利と思っていてもそう簡単にことは進んでいかないもの。やっぱりサッカーは怖いと改めて思いました。守山戦の詳しい内容は分かりませんが、完全に相手のプランどおりにやられてしまったのかなと想像します。

今大会こそ結果としては不本意なものに終わってしまいましたが、この1年間、いい試合をいくつも見せていただいて本当にありがとうございました。特に先述の春季総体決勝・野洲戦のパフォーマンスは感動ものでした。鬼気迫るプレーの数々はしっかりと脳裏に焼きついています。新チームにはこの試合を越え、再び全国への扉を開いてほしいと思います。

頑張れ、草津東!
 
 
 

2009年10月31日

2009選手権予選3回戦 vs.伊吹

第88回全国高校サッカー選手権滋賀予選3回戦
 (2009.10.31 Sat @ビッグレイクA)
 草津東 5−0 伊吹


25日から始まった高校選手権滋賀予選。今日は3回戦8試合がビッグレイクと野洲高校で行われました。

初戦の2回戦で河瀬から8点を奪い大勝した草津東は、こちらも1回戦、2回戦と大差で勝ち上がってきた伊吹と大戦しました。

試合は地力に勝る草津東が序盤から主導権を握る展開。吉田選手、田辺選手の突破力を活かしてサイド攻撃を繰り出します。また、ミドルシュートで相手ゴールに襲いかかるなど積極的な姿勢を見せました。しかし、しっかりと守備を固めた伊吹を前にチャンスを決めきれないシーンが続き、流れを断ち切られました。このままスコアレスで前半終了かと覚悟した32分、ようやく先制ゴールが決まります。相手GKからDFラインへのパスが緩いと見ると、そこを見逃さない。すかさず上坂選手と吉田選手が詰め寄りボールを奪います。最後は上坂選手からパスを受けた吉田選手が左足で決めました。さらに38分、再び相手守備陣の隙を突いた上坂選手がPA内で倒されPKを得ます。それを自らがゴールに沈め、20で前半を折り返します。

後半も草津東ペース。10分、後方からのパスをPAに入った付近で相手GKに競り勝ったエース・上坂選手が無人のゴールに流し込み3点目とします。これで勝負あり。意気消沈する伊吹を尻目に、17分には、石黒選手がPA内でファールを受け草津東にとってこの試合2つ目のPKを獲得。これを石黒選手自らが決めて40としました。さらに21分、ディフェンスラインから長めのスルーパスが出ると、反応したのは再び石黒選手。きっちりとゴール右隅に突き刺しました。このあと、次戦以降を見据え選手を次々と入れ替える草津東。カウンターや自らのミスにより何度かピンチを招きましたが、失点することもなく合計50の快勝で3日の準々決勝に駒を進めました。
 
 
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。