2007年12月31日

高校選手権1回戦結果と2回戦組み合わせ

1回戦の結果(12/30、31)
三鷹(東京) 
3−1
高知中央(高知)
矢板中央(栃木) 
3−1
大分鶴崎(大分)
近大和歌山(和歌山)
3−1
羽黒(山形)
前橋育英(群馬) 
5−4
奈良育英(奈良) 
高川学園(山口) 
3−0
岐阜工(岐阜) 
近大附(大阪)
1−1
(4PK3)
星稜(石川) 
藤枝東(静岡)
1−1
(5PK4)
香川西(香川) 
室蘭大谷(北海道) 
0−0
(4PK2)
境(鳥取) 
北越(新潟) 
2−1
島原商(長崎)
日章学園(宮崎)
1−1
(4PK2)
水戸短大附(茨城)
東福岡(福岡)
4−1
松商学園(長野) 
野洲(滋賀)
1−0
韮崎(山梨)
那覇(沖縄) 
1−0
福井商(福井)
神戸科学技術(兵庫)
1−1
(5PK3)
秋田商(秋田)
帝京(東京)
3−0
済美(愛媛)
広島皆実(広島)
3−0
尚志(福島) 

2回戦の組み合わせ(1/2)
遠野(岩手)- 江の川(島根)
近大和歌山(和歌山)-前橋育英(群馬)
高川学園(山口)-近大附(大阪)
埼玉栄(埼玉)-ルーテル学院(熊本)
日大藤沢(神奈川)-徳島商(徳島)
藤枝東(静岡)-室蘭大谷(北海道)
三鷹(東京)-矢板中央(栃木)
宮城工(宮城)-鹿児島実(鹿児島)
流通経済大柏(千葉) -久御山(京都)
北越(新潟)-日章学園(宮崎)
東福岡(福岡)-野洲(滋賀)
中京大中京(愛知)-佐賀北(佐賀)
富山一(富山)-津工(三重)
那覇(沖縄)-神戸科学技術(兵庫)
帝京(東京)-広島皆実(広島)
青森山田(青森)-作陽(岡山)


posted by T2 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校選手権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校選手権1回戦 野洲×韮崎

第86回全国高校サッカー選手権1回戦
野洲 1−0 韮崎
 
(12/31 Mon 12:10 市原臨海競技場)

いよいよ高校選手権が始まりました。今日初戦を迎えた滋賀代表・野洲は山梨の古豪・韮崎と対戦しました。(今年も僕はTV観戦です。びわ湖放送の解説は中西永輔氏、実況はお馴染み牧田もりかつアナです。)

野洲のスタメン
GK:横江
DF:青木亮、西口、福本
MF:内久保、上田、藤野、潮入、木村
FW:坂本、卯田

坂本選手と卯田選手の2トップに潮入選手がトップ下、そして公式戦では珍しい木村選手のボランチ起用でした。

強烈な風吹く市原臨海。前半風上に立った野洲が主導権を握り有利にゲームを進めます。立ち上がりから何度かチャンスを掴み、ファーストシュートは7分、木村選手の遠目からのFK。押さえの利いた鋭いシュートは残念ながらGK正面。

また野洲は右サイド・スピードある上田選手を使って攻め立てる展開が多く観られます。12分、中盤でのつなぎから潮入選手が相手DFの小さな隙間を狙ってのスルーパスが上田選手につながります。しかしダイレクトでのシュートはGKセーブ。さらに17分にはボランチの内久保選手が中盤でボールを拾うと約30mの距離から思い切ってロングシュートも、ボールは枠の上へ。

野洲は押してはいましたが、風下ながらも出足が良くプレッシャーが早い韮崎の前になかなかスペースを与えてもらえず、決定的チャンスをあまり作らせてもらえませんでした。司令塔・潮入選手へのマークもきつく、卯田選手も動きに迷いがあるのか、もう一つ周りと噛み合わず。そのため坂本選手が少々孤立気味で決定機は少なめでした。

後半、卯田選手に代えて本来のレギュラー福原選手を投入。大きく試合が動きます。
最初にチャンスを迎えたのは野洲。4分、左サイドをスピーディなドリブルで上がった藤野選手のシュート。これは力なくGKがキャッチ。今度は5分、韮崎のチャンス。左サイドタッチライン際からゴール前へふわりとクロスが上がる。そこに飛び込んだのが韮崎9番・前村選手。力強いシュートを放つもこれはオフサイド。さらに7分、9分にもシュートまで行かないものの野洲のゴール前まで攻め込みます。

そして11分、野洲にこの試合最大のピンチ。自CKからのこぼれ玉を拾った13番・福本選手がワントラップして前線へ大きく蹴りこもうと試みたものの、これに詰めてきた韮崎10番・仲田選手に当たりボールは野洲ゴールに向かっていきます。仲田選手は詰めた勢いのままそのボールを追いGK横江選手と1対1に。そして横江選手も抜いてゴールへ流し込みます。が、そこに戻ったのが自らのミスでピンチを作ってしまった福本選手。辛うじてクリアし、この危機を脱しました。

このピンチ以降、野洲は左サイド・藤野選手を使った攻撃が多くなり、18分に待望の先制点。その藤野選手から福原選手(たぶん)が受けダイレクトでクロス。そこに飛び込んだのはエース・坂本選手。タイミング・位置取り・高さ、すべて完璧なヘディングシュートを決めました。

今度はまたピンチ。22分、縦へのロングボールに抜け出されPA内に進入。すると飛び出したGK横江選手と交錯。そのこぼれをゴール前へラストパス。しかし何とか青木選手がブロック。さらに35分、中盤でのFKを軽く横に流したところを狙われカットされる。さらにそのこぼれ玉の処理にも手間取りカットされる。そしてシュートまで持っていかれました。そこはGK横江選手のビッグセーブで事なきを得ますが、再びの危機に肝を冷やします。

しかし残り5分も凌いで勝利。苦しみながらも2回戦に駒を進めました。ミスが多いなどまだまだかなと思うところもありましたが、まずは結果ということを考えると良かったのではないかと思います。内久保選手を中心とした中盤のがんばりも見応えありましたし、エースもきっちり仕事をしました。

これで出場4大会の初戦全てを勝利で飾った野洲。2回戦の相手は優勝候補の一角・東福岡です。
posted by T2 at 21:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校選手権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

近況・予定など

なかなか更新できなくてすいません。
草津東高校は来月中旬から始まる新人戦に向けて精力的に練習試合をこなしているようです。相手は大阪桐蔭や京都橘や阪南大学などなど。残念ながら結果・内容はよく判りません(^^;

この冬休みの予定などを少し教えていただきましたので紹介します。

本日25日から29日まで茨城に遠征。「第12回波崎ユースカップ」に参加しています。対戦相手などは不明です。また、時之栖カップ(通称:裏選手権)には参加しないとのこと。滋賀からは守山北が唯一参加されます。

そして今年も例年通り中日本ユースサッカースーパーリーグに参戦します。
参加チームは以下の通りです。

U-18
松商学園(長野)
大垣工(岐阜)
草津東(滋賀)
中京大中京(愛知)
富山第一(富山)
岐阜工(岐阜)
星稜(石川)
愛知FC(愛知)
四日市中央工(三重)
名古屋グランパス(愛知)
近大付(大阪)
藤枝東(静岡)
清水東(静岡)
丸岡(福井)
東邦(愛知)
東京学館新潟(新潟)
履正社(大阪)
浜名(静岡)

U-17
松商学園(長野)
大垣工(岐阜)
草津東(滋賀)
中京大中京(愛知)
富山第一(富山)
岐阜工(岐阜)
星稜(石川)
愛知FC(愛知)
四日市中央工(三重)
名古屋グランパス(愛知)
近大付(大阪)
藤枝東(静岡)
清水東(静岡)
丸岡(福井)
東邦(愛知)
東京学館新潟(新潟)
履正社(大阪)
浜名(静岡)
ジュビロ磐田(静岡)
京都サンガ(京都)
ヴィッセル神戸(兵庫)
清水エスパルス(静岡)
奈良育英(奈良)
滝川二(兵庫)

グループ分けと日程・会場は判り次第、公開します。
posted by T2 at 18:46| Comment(5) | TrackBack(0) | その他の試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

2008新人戦の組み合わせ発表

草津東高校の新チーム初の公式戦となる第60回滋賀県民体育大会高校の部(通称:新人戦)の組み合わせ・日程が発表されました。

 【組み合わせ:滋賀県サッカー協会】

草津東の予定

1回戦  1.12(土)  シード
2回戦  1.13(日) 13:00 水口スポーツの森 vs.長浜
3回戦  1.19(土) 11:30 ビッグレイクA
準々決勝 1.20(日) 11:00 ビッグレイクA
準決勝  1.26(土) 11:00 ビッグレイクB
   1.27(日) 13:00 ビッグレイクB

草津東の初戦・2回戦の相手は長浜に決まりました。先の選手権予選では3回戦に進出しているチームです。そこに勝つと、2007国体選抜の上岡選手(ジュビロ磐田出身)を擁する滋賀学園や、伏兵・比叡山あたりと対戦することになりそう。そして準決勝は野洲が有力。新年早々厳しい戦いが続きそうですね。

すでにプリンスリーグ出場を決めていますが、目標はやはり優勝。自信を持ってプリンスに挑めるように、最高の結果がほしいところです。(ところで新キャプテンは決まったのでしょうか…?)

***************************************************************

トーナメント表全体を見渡してみると、守山から綾羽のゾーンは結構強豪が揃いましたね。守山はいきなり膳所と対戦。高島と伊吹の渋い対決も面白そう。2回戦で石山と北大津がぶつかりそうですし、その勝者が綾羽と対戦。目が離せないですね。

優勝候補筆頭はやはり選手権滋賀代表の野洲。現チームのレギュラーの大半が2年生ということもあり、コンビネーションも全く問題なし。GKからFWまでタレントが揃い、文句なしの本命ですね。

その野洲の対抗馬一番手は草津東でしょう。草津東もGK・DFに旧チームのレギュラーが4人残っているためバックラインの安定度は県内屈指。さらにスーパーサブとして活躍していた西村(2年)、上坂(1年)の両選手が中心となり攻撃を司るはず。野洲との対戦はぜひ実現させて今度こそはリベンジしてほしいですね!

他にも綾羽や守山北といった強豪も優勝する力はあるはず。野洲・草津東以外のチームにはプリンスリーグ出場権獲得という大目標もあるため、とても激しい戦いが予想されます。



※一応、以下が僕の新人戦観戦予定です。実はあまり観戦できそうにないんですよね。
・12日、13日の1回戦、2回戦は用事で全く観れず。
・19日の3回戦は微妙。
・20日準々決勝は滋賀FC次第。
・26日の準決勝、27日の決勝は大丈夫。

2007年12月07日

上坂選手の記事

草津東高校新チームの得点源として期待される上坂崇紘選手(1年)が、11.14付の読売新聞別紙「わくわくスポーツ滋賀・京都」に"HOPE"として紹介されていました。

uesaka.jpg

上坂選手は小学2年にサッカーを始めたときからFW一筋。2005年に田口泰士選手(現:流通経済大柏1年)や風間八宏氏の長男・風間宏希選手(現:清水商1年)らとともにJFAエリートプログラムU-14の代表に選ばれ韓国遠征などを経験。さらに2006年には駅伝で全国大会に出場し一躍注目の存在となりました。

雨森監督の上坂選手評は「がむしゃらにボールに向かっていく泥臭いタイプの選手」。スピードに加え身長180pと体躯にも恵まれていて、前線で激しくガツガツと動き回るプレースタイルはとても好感が持てます。今年度の選手権予選では思うような活躍ができず悔しい思いをしたはずです。まずは草津東のレギュラーをがっちり確保し、1ヵ月後に迫った新人戦でそのリベンジを果たしてほしいと思います。
posted by T2 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。