2008年02月02日

各府県のプリンスリーグ2008出場権争い《1》

4月開幕予定の「JFAプリンスリーグU-18関西2008」
出場チームがだいぶん出揃ってきました。
今のところ以下のチームが出場確定です。

 ◆Aリーグ
 ・ガンバ大阪 (2007年・A1位/大阪)
 ・セレッソ大阪 (同2位/大阪)
 ・ヴィッセル神戸 (同3位/兵庫)
 ・京都サンガ (同4位/京都)
 ・神戸科学技術 (同5位/兵庫)
 野洲 (2007年・B1位/滋賀)
 ・大阪桐蔭 (同2位/大阪)
 ・近大和歌山 (同3位/和歌山)

 ◆Bリーグ
 ・草津東 (滋賀代表)
 守山北 (滋賀代表)
 ・滝川二 (兵庫代表)
 ・初芝橋本 (和歌山代表)
 ・エストレラ姫路 (クラブユース代表)
 ・
 ・
 ・

2008年度から再び各リーグ8チームずつの編成に戻りました。

Aリーグは昨年度の順位(Aリーグの1〜5位とBリーグの1〜3位のチームが残留)により決定しています。

Bリーグは上記のように8チーム中5チームが決まりました。
昨年度野洲がBリーグで1位となった恩恵を受け、滋賀からはBリーグに2チーム出場。2007滋賀県ユースリーグU-17を制した草津東と、先日の新人戦で準優勝(優勝は野洲)に輝いた守山北です。
兵庫は「兵庫県ユースサッカーU-17トップリーグ」で決勝に進んだ滝川二。決勝の相手がAリーグ参加チームの科学技術なので、例え負けてもプリンスリーグ出場となります(23日に決勝開催)。
和歌山は昨年度の「2種強化リーグ」を圧倒的な強さで優勝した初芝橋本で決定しました。
そしてクラブユースは2年連続でエストレラ姫路が出場権獲得です。

決まっていないのは、大阪代表・京都代表・奈良代表の3チームです。
大阪は現在新人戦の真っ只中。この新人戦で大阪桐蔭を除く最上位チームが出場権を獲得します。まだ1次予選が終わったばかりで状況が掴みづらいですが、選手権出場の近大附、「大阪U-17サッカーリーグ2007」を制した大阪産大附、同準優勝の履正社、強豪の大阪朝鮮、清風、古豪・北陽、東海大仰星など順当に勝ち上がっている模様です。明日3日に2次予選1回戦が行われ、23日、24日の準決勝・決勝で代表が決定します。
次に京都。京都も新人戦の結果により代表が決定します。先週までに各ブロックの予選リーグが終わり、今日から決勝トーナメントが始まります。選手権出場の久御山、「京都FAユース(U-17)リーグ2007」を制した京都橘、昨年度のプリンス出場チーム・伏見工、強豪の城陽、向陽、古豪・山城などが有力でしょうか?決勝は17日(日)に行われます。
最後に奈良。おそらく現在開催中の「U-18奈良県サッカーリーグ2007」の成績によって決まるものと思われます。1部リーグは8チームによって行われていますが、現在第3節まで終了しているはず。協会HPが更新されていないため状況は分かりませんが、奈良の2強・奈良育英と一条による優勝争いが予想されます。リーグ戦が終了するのは17日(日)。最終節は両雄の一騎打ちとなります。そこで代表が決定するという大一番になる予感。

参照
 ・関西クラブユースサッカー連盟
 ・大阪府サッカー協会
 ・兵庫県サッカー協会
 ・京都府サッカー協会
 ・奈良県サッカー協会
 ・和歌山県サッカー協会
 ・滋賀県サッカー協会


posted by T2 at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | プリンスリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。