2008年05月02日

2008春季高校総体(インターハイ滋賀予選) 組合せ・日程発表

ディフェンディングチャンピオンとして迎える「滋賀県春季高校総体(インターハイ滋賀予選)」。協会HPにその詳細が掲載されました。

 【大会規定@滋賀県サッカー協会】
 【トーナメント表@滋賀県サッカー協会】

※今年も例年通り優勝チームにはインターハイ(埼玉開催:決勝はさいスタ!)のほかに滋賀FAカップ(天皇杯滋賀代表決定戦)、優勝&準優勝チームには近畿高校サッカー選手権への出場権が与えられる模様。

以下、草津東高校が勝ち上がっていった場合の組合せ・試合時間・会場等です。

 試合日開始時間対戦相手試合会場
1回戦5.24(土) シード 
2回戦5.25(日)11:30彦根西甲南高校G
3回戦5.31(土)13:00大津商 or八幡工
or長浜 or堅田
野洲高校G
準々決勝6.1(日)13:00未定野洲高校G
準決勝6.5(木)13:00未定湖南市民G
決勝6.8(日)11:00未定湖南市民G

草津東は1回戦はシードのため、25日の2回戦から登場。相手は彦根西となります。彦根西は1月の新人戦では水口東に0−5で敗れ、初戦で姿を消しています。それが最新(?)の情報です。
3回戦は大津商など4チームの中からの勝ち上がりチームと対戦。そこに勝つと、準々決勝からが厳しい試合が続きそう。
準々決勝で対戦が予想されるのは八幡もしくは甲西。八幡は2006年の国体選抜・森下選手(3年)を中心とした攻撃サッカーが持ち味。近年めきめきと力を付けているだけに侮れない相手です。甲西は大型FW徳永選手(2年)が注目。昨年の選手権予選・野洲戦では当時のDFリーダー・青木選手を振り切ってゴールを決めていることを考えてみても、かなりのケアが必要になりそうです。
湖南市民Gに会場を移す準決勝にはおそらく守山北が勝ち進んでくるはず。先日のプリンスリーグ第2節では0−3と完敗しただけに何が何でもリベンジを果たしたいところ。
そして準決勝に勝てばいよいよ決勝です。目指すは連覇!再び全国に草津東の名を轟かせてほしいものです。
が、まずは初戦。最高のスタートを切りたいですね!

他のブロックを見ていくと、水口が入ったブロックが一番厳しそう。そのブロックのシード校・近江に、注目の上岡選手擁する滋賀学園、そして水口東と伏兵が揃っています。新鋭校・立命館守山も1、2度ビッグレイクで練習試合をしてるのを見たことがありますが、サッカーに力を入れてきてる様子が伺え、どんなチームに成長しているのか楽しみです。このブロックを勝ち上がった場合、準々決勝ではおそらく野洲が待ち構えますが、野洲にとってもこの準々決勝が大きな山。今大会の本命ながら、近年夏にいい思い出がないことも踏まえると、この準々決勝はかなりの注目です。



今年は準決勝が平日開催になってしまうことからも分かるように、昨年より大会期間が1週間短くなっています。そして、ただでさえピッチコンディションが良くない湖南市民Gでは決勝戦の前日にJFLの試合もあるということで、その状態はかなりの懸念事項。最後まで勝ち残ってくるチームにとってはなかなかハードな環境での戦いが余儀なくされそうです。暑くなる時期ですが、どのチームの選手も最高のパフォーマンスを見せられるように、コンディション作りには充分に注意を払っていただければと思います。また、今大会を最後にサッカーから離れてしまう選手も大勢いるはず。気持ちの入った熱いプレーをたくさんたくさん観たいですね!



******************************************************************


明日はプリンスリーグ第5節・初芝橋本戦がサンガタウン城陽で行われます。
1部昇格権の2位に入るためには、この試合は絶対に勝って6月の第6節、第7節につなぎたいところ。
頑張れ、クサヒガ!!



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。