2008年05月25日

2008春季高校総体2回戦 vs.彦根西

滋賀県春季高校総体2回戦
 (5/25Sun 11:35 @甲南高校グラウンド)
 草津東 2−0 彦根西
20080525 Kusatsu-Higashi.jpg 20080525 Hikone-Nishi.jpg

昨日開幕した滋賀県春季高校総体。6月8日(日)まで、インターハイを目指して熱い戦いが繰り広げられます。ディフェンディングチャンピオンとして今大会に臨む草津東は、新人戦ベスト4のため1回戦はシード。今日の2回戦からの登場となりました。対戦相手はエンジのユニホームが印象的な彦根西です。

[草津東スターティングメンバー]

11   15

7             8
16   20

6    4    3
*   2

 1

【交替】
35分:  5(←20)
35分: 23(← 2)
35分:
24(←15)
52分:  9(←11)
52分: 22(← 7)
61分: 13(← 6)


会場は甲南高校グラウンド。心配された雨は上がり比較的過ごしやすい天候。グラウンドは結構デコボコだったものの水溜りはほとんどなく、パスやドリブルがとまってしまうというようなことはありませんでした。

試合は大方の予想通り草津東の一方的な展開。選手が10人しか揃わない彦根西相手に、ほぼハーフコートで試合を進められる状況でした。開始3分の上坂選手のシュートを皮切りに、2分に1本以上のペースでシュートを打ち続けます。しかし、草津東はプレーのひとつひとつが少々雑だったかな。シュートにしろパスにしろトラップにしろ精度を欠きました。彦根西もGKが堅実なセービングを披露、そして全員がハードワークを惜しまず集中力も高い。草津東の選手をゴール前では完全なフリーの状態にはさせることなく守り抜きました。

草津東の前半のシュート数は手元の集計で19本。チャンスの数は物凄かったものの、たったの1本もゴールネットを揺らすことはなく、スコアレスのまま前半を終えます。


後半、3人を入れ替えた草津東。中盤には怪我から復帰した渡邊淳選手を起用します。すると渡邊選手が早速仕事をします。10分、ゴール前でドリブルを仕掛けると、PA進入直前で倒されFKのチャンスを得ます。蹴るのは渡邊選手本人。放たれたボールは壁の横を抜けゴール右隅に決まりました。[→下に動画があります。]

先制したあと、木村選手、吉田選手を投入し追加点を狙う草津東。19分にCKから林選手のヘディングシュートが決まり2−0と突き放します。その後も攻勢が続き、先述の両選手を中心に前線を掻き回す草津東。しかし得点はそのまま動かず2−0で試合は終了しました。


あれだけ攻めながらも2点止まりは、やっぱり不満かな・・・。僕が観戦しながら数えたものなので大してあてにはなりませんが、シュート数は前半19本、後半13本、ネットを揺らしながらもオフサイドで取り消されたのが前後半通じて3回。決めるべきときにしっかりと決めておかなければ、これからの戦いでは苦しむことになるかもしれません。ただ、今日については初戦ということで空回りした部分もあるかも。3回戦での戦いに期待しましょう!


★後半10分の先制点(渡邊淳選手の直接FK)

※[DOWNLOAD]すると大きな画面で観ることができます。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。