2009年02月16日

第1回ジャパンユースサッカースーパーリーグ日程

「ジャパンユースサッカースーパーリーグ(旧:中日本ユースサッカースーパーリーグ)」の日程です。

U-17 (Dグループ)
月 日
時間
会 場
対戦相手
2/7(土)13:45時之栖丸岡
2/15(日)10:45時之栖四日市中央工
3/14(土)12:00時之栖東邦
3/15(日)11:30時之栖清水エスパルス
3/22(日)11:00時之栖前橋育英
4/11(土)14:00時之栖東京学館新潟
5/17(日)11:00サンガタウン京都サンガ

U-18 (Dグループ)
月 日
時間
会 場
対戦相手
2/7(土)15:30時之栖丸岡
2/15(日) 9:00時之栖四日市中央工
3/14(土)13:45時之栖東邦
3/20(金)12:00水口スポーツの森磐田東
3/22(日)12:30時之栖前橋育英
5/3(日)14:30時之栖東京学館新潟

詳細はジャパンユースサッカースーパーリーグ公式サイトへ!
(※音が鳴ります♪お気をつけください。)

以上のようになっています。なお、試合日時、会場等は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。

ご覧のように、すでに大会は開幕していて、草津東は、U-18のほうで丸岡相手に上坂選手のゴールで1−0と勝利した模様。2戦目の四中工戦も2−0で勝ったという噂です。
残念ながら近場での試合が少ないため、なかなか観に行くことはできませんね…。
ただ、プリンスリーグへ向けて大切な調整の場。強豪との試合を通して大きく成長していってほしいと思います。
 
 

2009年02月14日

プリンスリーグ2009 滋賀代表決定戦 vs.守山北

JFAプリンスリーグU-18関西2009 滋賀代表決定戦
 (2009.2.14 Sat 11:00 @ビッグレイクC)
 草津東 4−0 守山北
20090214 Kusatsu-Higashi.jpg 20090214 Moriyama-Kita.jpg


今シーズンのプリンスリーグ出場を賭けた大一番、守山北との決定戦が本日ビッグレイクにて行われました。
草津東は先の新人戦で野洲(プリンス出場決定済み)を除いた最上位チームとしてこの決定戦に進出。守山北は昨季プリンスに出場した守山北、草津東、2種県リーグ優勝の綾羽によるトーナメント戦を制しての進出です。

全国各地で4月下旬〜6月中旬の暖かさ(暑さ)を記録した今日ですが、やっぱりビッグレイクは肌寒くなりました。雨こそ上がっていたもののピッチは十分に水を吸っていて、中央部には水溜り。そしてビッグレイクお馴染みの強風というバッドコンディションでした。

20090214 #01.jpg

[草津東スターティングメンバー]

10   9
11       16
5    8

2  14  4
*  3

1

前半、風下の草津東。序盤はその猛烈な風の影響を受けなかなか前を向けない展開となります。逆に守山北は風を活かしてどんどん前から激しくプレスを掛けてきます。ただ守山北も強風と滑りやすいピッチに苦しみ縦パスが思うようにつながらず満足なチャンスは作れませんでした。
15分過ぎ、ペナルティエリアの外でボールを持った10番・上坂選手が枠内に飛ぶミドルシュートを放ったあたりから草津東はペースを掴んでいきます。序盤沈黙気味だった11番・吉田選手のドリブルが相手守備陣をかく乱し幾度もファールをもらったり、右の16番・田辺選手の効果的な突破でサイドを破りクロスを供給。惜しい場面を作りました。
ロスタイムに与えたFKから危うくOGになりかけ一瞬ヒヤッとしましたが、事なきを得て前半終了。風下ながらも後半に向けてポジティブな内容を披露しました。

後半風上の草津東は、1分、いきなりビッグチャンスを掴みます。DFラインの裏に抜け出た9番・石黒選手にパスが出るとGKと1対1に。しかしシュートは力なくGKにキャッチされました。その後も武器のサイド攻撃から攻勢を強める草津東。20分過ぎには再び石黒選手がチャンスを掴むも、またもやゴールを阻まれます。
しかし、だんだんと得点の匂いが漂ってきた草津東。ここで中盤のコンダクター・古谷選手(8番)に代え、ジョーカー・八木選手(7番)を投入すると、直後の左サイドからのFK。キッカー八木選手の蹴ったボールはゴール前にピンポイントのパスとなります。そこに飛び込んだのは石黒選手。(長選手だったようです。大変失礼いたしました。) 頭で押し込み待望の先制点をゲットします。何度かのチャンスに決め切れなっただけに嬉しい得点となりました。
30分過ぎには、中央で石黒選手がボールを持つと左の上坂選手へ。上坂選手は粘り最後は右から詰めてきた田辺選手へラストパス。これをきっちり決めて2点目。
さらに40分ごろには、吉田選手が左サイドを強引に突破しえぐっていくと、ゴール前にグランダーの強いパス。そこに再び田辺選手が飛び込んで駄目押しの3点目を挙げました(もしかすると競り合っていた守山北DFのOGだったかも)。そして最後の締めは上坂選手。八木選手からのスルーパスに反応。GKもかわしてゴールに流し込みました。
4−0。守ってはキャプテン4番・長選手を中心にピンチを未然に防ぎ完封。僕の記憶ではシュートらしいシュートは1本も打たれていないほどの完勝劇で、昨年3度対戦して一度も勝てなかった守山北相手に見事リベンジ成功です。そして2年連続のプリンスリーグ出場を勝ち取りました。


20090214 #02.jpg



おめでとうございます!
まずは今季一つ目の目標であるプリンスリーグ出場が決まりました。プリンスでは各府県を勝ち抜いてきた強豪との対戦が待っています(各府県の代表権争いについては後日記事にします)。おそらく4月中旬に開幕すると思いますが、それまでの間に更に強くなって、再び草津東旋風を巻き起こしてほしいと思います。期待度がとても高いです!

頑張れ、草津東!





20090214 #03.jpg20090214 #04.jpg
20090214 #05.jpg20090214 #06.jpg
20090214 #07.jpg20090214 #08.jpg
20090214 #09.jpg20090214 #10.jpg
20090214 #11.jpg20090214 #12.jpg
20090214 #13.jpg20090214 #14.jpg
20090214 #15.jpg
posted by T2 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | プリンスリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【速報】プリンスリーグ滋賀代表決定戦

草津東×守山北

前半0−0
後半4−0

合計4−0

【得点】石黒(長選手だったようです。大変失礼いたしました。)、田辺、田辺(オウンゴールかも)、上坂

草津東快勝!
プリンスリーグ出場決定!
posted by T2 at 12:58| Comment(5) | TrackBack(0) | プリンスリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

2009新人戦決勝 vs.野洲

2009新人戦決勝(2009.1.31 Sat @ビッグレイクC)
 草津東 0−1 野洲

20090131 KUSATSU-HIGASHI.jpg 20090131 YASU.jpg

更新を滞ってしまっていて申し訳ありません。準決勝の八幡商戦(25日)のリポートを書けないまま1週間が経ってしまい、あっという間に決勝の野洲戦。なんとか週明けには八商戦を書ければと思いますのでしばらくのお待ちを(たぶん写真中心)。
【書きました。こちら。】


さて、昨日の決勝・野洲戦。野洲との試合は滋賀の黄金カードとして常に注目を浴びることになります。しかしここ数年、草津東は野洲の牙城を崩すことができず、後塵を拝す結果となっています。今度こそは野洲を倒しタイトルを獲得すべくこの一戦に臨みます。準決勝までの内容を見ると草津東もかなり野洲に肉薄していたため大きな期待感も沸いてきます。ただ、この試合、草津東は1年生数人がスキー合宿(?)で抜けていて、エースである上坂選手も控えに回るというスタート。難しい状況の試合開始ではありました。

この日は雨こそ上がっていたものの、ピッチはかなり水を吸っており、また水溜りもかなりひどいという状況。それに加えて琵琶湖側から吹き付けるビッグレイク名物の強風もあり、サッカーをするには酷なコンディションとなりました。そのため、パスがしっかりとつながらず両チームともなかなか持ち味を出せません。

そんな中、試合はいきなり動きます。開始5分、PA内に進入した野洲のFWをGK川村選手が倒してしまうとPKの判定。しかしPKは左ポストに当たり草津東は命拾いします。その後は草津東がペースを握ります。前線からのチェックが厳しく野洲にディフェンスラインからの得意のパスワークを発揮させません。そして高い位置でボールを奪うと、司令塔・古谷選手を中心に攻撃を仕掛けます。FWに入った吉田選手や、左サイドの中西選手がたびたびチャンスを掴み野洲ゴールに迫りました。強風の影響で正確性を欠いたもののゴールまであと少しというスルーパスや惜しいミドルシュートも何度かありました。逆に、30分にクロスボールを押し込まれ失点かと思いましたがオフサイドの判定で事なきを得るなど、一進一退の前半の様相を呈します。


後半もメンバー変更なくスタート。しかし4分にCKから頭で押し込まれて失点。いきなり出鼻をくじかれた感じになります。その後、早く追いつきたい草津東は前掛りになりつつ試合を進めます。その裏を突かれたびたび危ないシーンを迎えるものの、GK川村選手らの活躍で追加点は許さず反撃につなげます。そうして左サイドの吉田選手、橋本選手らが野洲守備陣の隙を突こうと好機を伺います。15分にはベンチスタートだった上坂選手を投入。勝負に出ます。

23分、中盤での流れるようなパスワークからゴール正面で上坂選手がボールを受けると、すっとゴール前に飛び出した橋本選手(?)にラストパス。しかしシュートは相手GKに止められてしまい得点ならず。その後も攻撃の手を緩めない草津東でしたが、野洲の粘りの前に好機を潰されてます。試合終了直前のビッグチャンスでは8番・八木選手(?)のシュートがポストを叩しまい万事休す。そのまま試合は0−1で終了し、久々の県内タイトル獲得はなりませんでした。


またもや野洲の前に沈黙してしまったこの試合。どうしても越えられない壁が存在しているようです。ただ内容は決して劣っているわけではありませんでした。押し込んでいくシーンもかなりあり、今後に向けて大きな望みが出てきました。野洲の県内主要3大会の連続優勝を止めるのは草津東しかいないと確信します。昨日の敗戦による悔しさは今年1年しっかりと胸に刻まれるのではないでしょうか。必ずリベンジを果たしてほしいと思います。

そして14日(土)には大事な大事な大一番。今季のプリンスリーグ2部出場を目指して決定戦が行われます。相手は昨年草津東の前に立ちふさがった守山北です。プリンスリーグ出場なるかは今季のチーム強化に大きな影響を及ぼす事柄だと思います。必ず勝利しプリンスへの出場を勝ち取りましょう。

頑張れ、草津東!

20090131 #01.jpg20090131 #02.jpg
20090131 #03.jpg20090131 #04.jpg
20090131 #05.jpg20090131 #06.jpg
20090131 #07.jpg20090131 #08.jpg
20090131 #09.jpg20090131 #10.jpg
20090131 #11.jpg20090131 #12.jpg
posted by T2 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 県民体育大会(新人戦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。