2009年08月24日

第1回ジャパンユースサッカースーパーリーグU-18 決勝の結果

「第1回ジャパンユースサッカースーパーリーグ(U-18の部)」の決勝の結果です。グランパスユースのサポーターさんのブログによると、

草津東 2−1 名古屋グランパスユース

関東、東海、北信越、関西各地の強豪高校およびクラブユースチーム、計32チームにより2月から開催されていた今大会を見事に草津東が制しました。おめでとうございます!

社会人チームを2つ倒した天皇杯滋賀代表決定戦を含めて、2ヵ月後の選手権予選に向け、とてもいい話題ですね!今後もいい調整をしてほしいと思います!
 
 
 

2009年08月23日

2009天皇杯滋賀代表決定戦(滋賀FAカップ)準決勝 vs.BIWAKO S.C HIRA

天皇杯滋賀代表決定戦(滋賀FAカップ)準決勝
 (8/23 Sun 14:15 @皇子山陸上競技場)
 草津東 0−6 BIWAKO S.C HIRA
20090823010.jpg 20090823009.jpg

本日行われた天皇杯滋賀代表決定戦(滋賀FAカップ)準決勝のBIWAKO S.C HIRA戦。1、2回戦に続き、社会人チーム相手に3連勝を狙いましたが、逆に0−6と大敗。残念ながら決勝進出を逃しました。

20090823012.jpg

20090823013.jpg


草津東のメンバーですが、Aチームは静岡遠征のためこの試合には出場できず。Aサブチームが出場しました(Aチームから何人かが帰ってきてこの試合に参戦した模様です)。

試合は終始HIRAに主導権を握られる展開。草津東は夏休みの連戦の疲れからか動きに少々精彩を欠き、前半のうちにFKからヘディングで決められ1点、そしてクリアミスを突かれてまた1点と、2点のビハインドを背負います。そして後半開始5分にはDFラインでボールを奪われ3失点目を喫しました。1、2回戦で見せた、先制されても決して諦めない粘りも、簡単のミスの前では披露できず。このあと、済ませたい用事があったので帰ったので試合は観れてませんが、さらに3点を奪われ、結局0−6で敗戦となりました。

ただ、大敗したものの大会全般を通して、チーム全体の底上げや、試合終盤になっても例え相手が社会人チームでも気持ちを切らさず同点に追い付くという粘りを見せるなど、収穫のある貴重な大会になりました。秋の選手権予選や来季に向け、この経験を是非とも活かしてほしいところです。
 
 
 

2009年08月22日

第1回ジャパンユースサッカースーパーリーグU-18 準決勝の結果

本日、静岡の時之栖で行われた「第1回ジャパンユースサッカースーパーリーグ(U-18の部)」の準決勝の結果です。

草津東 3−2 流通経済大柏

見事、強敵に勝利し決勝進出!明日の決勝の相手は奈良育英を下した名古屋グランパスに決まりました。
優勝目指して、頑張れ、草津東!
 
 
 

2009年08月21日

第11回PUMA杯 in綾 最終日の結果

「第11回PUMA杯 in綾」最終日の結果です。

草津東 4−1 神戸国際大付 

下位トーナメントへ回っている草津東。昨日、その1回戦、準決勝を勝ち抜き、今日は午前中に下位トーナメント決勝を戦いました。結果は上記の通り。予選リーグで0−6と大敗を喫した相手にやり返しました(予選および今日の試合、どんなメンバー構成だったか気になりますね…)。最後は3連勝で大会を終えました。

上位トーナメントですが、3位決定戦と決勝が行われました。
インターハイ準優勝・米子北と、ベスト4・大津の対戦となった3位決定戦は、後者が2−1で勝利です。そして決勝は地元の鵬翔が鹿児島実を同じく2−1で下し、大会2連覇を遂げました。


さて、今週末の草津東の予定ですが、まず明日、時之栖(静岡)で「第1回ジャパンユースサッカースーパーリーグ(U-18の部)」の準決勝です。対戦相手は強豪・流通経済大柏となっています。
これに勝てば翌23日に決勝。「名古屋グランパス×奈良育英」の勝者と対戦。負ければその敗者と対戦になります。
また同じ23日には天皇杯滋賀代表決定戦(滋賀FAカップ)の準決勝。相手は関西社会人リーグ1部のBIWAKO S.C HIRAです。勝てば、MIOびわこ草津か、びわこ成蹊スポーツ大と決勝(30日)を戦うことになります。どちらも是非とも公式戦で真剣勝負をしたいチームなので、準決勝は何が何でも勝ってほしいですね。

ところで、2つの大会を戦わなければならない23日は、どんなチーム構成でくるのでしょうかね…?
 
 
 
posted by T2 at 20:21| Comment(1) | TrackBack(0) | その他の試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

第11回PUMA杯 in綾 3日目の結果

「第11回PUMA杯 in綾」3日目の結果です。

草津東 3−0 徳島市立 
草津東 2−0 都城工


予選リーグの結果により下位トーナメントへ回った草津東ですが、1回戦で徳島市立(徳島)と対戦。前半はスコアレスながらも後半3点を挙げ勝利しました。
下位TM準決勝は都城工(宮崎)と。こちらも前半スコアレスでしたが後半2得点で勝利。明日の下位TM決勝へ駒を進めました。相手は予選リーグで0−6と大敗を喫した神戸国際大付(兵庫)です。リベンジしてほしいですね。

上位トーナメントの結果は以下の通り。
1回戦
 鵬翔 3−2 宮崎工
 大津 3−1 近大付
 鹿児島実 5−3 佐賀東
 米子北 3−0 松山工
敗者戦
 近大付 7−1 宮崎工
 松山工 3−2 佐賀東
準決勝
 鵬翔 1−0 大津
 鹿児島実 2−1 米子北

[明日の組み合わせ]
3位決定戦
 大津×米子北
決勝
 鵬翔×鹿児島実

決勝を戦う両チーム、ともにインターハイへは出場できませんでしたが、今大会でそれぞれインターハイ準優勝チームやベスト4のチームを倒してきましたね。
 
 
 

posted by T2 at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

第11回PUMA杯 in綾 2日目の結果

「第11回PUMA杯 in綾」2日目の結果です。

草津東 2−2 宮崎工
草津東 0−6 神戸国際大付


これにより予選リーグは最下位となり、下位トーナメントへ進むことになりました。
明日の下位1回戦は徳島市立(徳島)です。
 
 
 
posted by T2 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

第11回PUMA杯 in綾 1日目の結果

秋の選手権予選へ向けて夏休みも精力的に遠征をこなす草津東。今日から宮崎県で行われている「第11回PUMA杯 in綾」へ参加しています。
大会へは16チームが参加。4つのグループに分かれて予選リーグを戦います。上位2チームは上位トーナメントへ、下位2チームは下位トーナメントに進出とのことです。
草津東は、鹿児島実(鹿児島)、宮崎工(宮崎)、神戸国際大付(兵庫)と同じグループに入りました。

1日目の結果
 草津東 0−2 鹿児島実


残念ながら黒星スタートです。
明日は午前中に宮崎工と、午後から神戸国際大付と対戦。上位トーナメント進出を目指します。
 
 
 
posted by T2 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

2009天皇杯滋賀代表決定戦(滋賀FAカップ)2回戦 vs.滋賀FC

天皇杯滋賀代表決定戦(滋賀FAカップ)2回戦
 (8/13 Thu 15:30 @ビッグレイクB)
 草津東 2(4PK1)2 滋賀FC
20090813001.jpg 20090813002.jpg


遅くなりすいません。木曜日に行われた天皇杯滋賀代表決定戦(滋賀FAカップ)2回戦の試合レポです。


[草津東スターティングメンバー]

上坂(11)  石黒(12)

吉田(8)          藤永(9)

古谷(10)   山元(6)

橋本(7) 長(4)* 山本(3) 端(2)

村上(1)



1回戦でルネス甲賀を下し2回戦に駒を進めた草津東は、石川遠征から帰ってきたばかりのAチームが出場。ベストメンバーで滋賀FCに挑みました。


20090813003.jpg


前半から滋賀FCにペースを握られる展開。前からプレスを受けなかなか落ち着いて試合を進められません。フィジカル的にも少し劣勢でした。しかし徐々に慣れてくると少しずつ持ち味を発揮していきます。中頃には吉田選手のスピード溢れるドリブルから右サイドにスルーパス。最後は藤永選手(?)のシュートがGKを強襲するなど惜しいチャンスもありました。

前半の終盤には遠征の疲れからか少し動きが落ちた感じになり滋賀FCの攻撃を受けますが、GK村上選手を中心にしっかりと守りゴールを許さず。スコアレスで後半を迎えます。


20090813004.jpg


後半、立ち上がりに気をつけたいところでしたが、開始5分、滋賀FCのエース岩田選手に決められ失点。一瞬の隙も見逃さないそのセンスにやられてしまいます。しかし次々に選手を交代させチームをリフレッシュさせ、さらにその選手がチームを助けるべく走り回る。動きの質が落ちてきた滋賀FCのサイドのスペースを丹念に突いて、チャンスを伺いました。それが実ったのが75分、サイドからのボールを途中出場の八木選手が決め同点に追いつく。試合は延長にもつれ込みました。


20090813005.jpg


雨が強く降り出した延長前半。左サイドで突破を許し、そこからのクロスを中央でまたもや岩田選手に決められて失点してしまいます。意気消沈してしまいかねないところでしたが、ここからの粘りが草津東の最大の持ち味。後半、八木選手のゴールで同点に追いつき、再び試合を振り出しに戻します。

その後両チームともに譲らず、試合の行方はPK戦に委ねられました。


PK戦では、2度のビハインドを追いつき勢いに乗っていたこと、そしてGK村上選手が試合中好セーブを連発していたこともあって、始まる前に勝負はすでに決まっていたと言っていいかもしれません。
GK村上選手はPK戦でも活躍。2人目、3人目を鋭い読みで失敗に追い込むと、草津東のキッカーは4人すべてがしっかりとゴールに沈めました。PK戦の合計は4−1。2試合連続で社会人を破るという快挙で準決勝進出を決めました。


 
▲勝利の瞬間


20090813006.jpg


高校年代では120分間試合をすることはほとんどないに等しいなか(しかも延長以降は雨が強く降り続くという悪条件)、決して走り負けず、決して諦めず、最後まで戦い抜いたことは非常に素晴らしかったと思います。中長距離遠征の合間の試合でもあり、疲れは相当のものと思いますが、チーム一丸となって互いを補い合いました。この試合を通して自信をつけた部分もたくさんあると思います。ルネス戦も含め、草津東にとってとても価値ある大会になっています。


20090813007.jpg


準決勝では再び関西リーグ1部のBIWAKO S.C HIRAと対戦します。HIRAはびわこ成蹊スポーツ大のセカンドチームに該当するチーム。チーム力としては滋賀FCやルネス甲賀と接近した実力を持つチームだと思います。また、このチームにも草津東のOBが数人いますし、楽しみな対戦です。

ここまで来たら是非とも勝って決勝進出を遂げてほしいと思います。

頑張れ、草津東!
 
 
 

2009年08月14日

第7回小松ユース(U-18)サッカー大会 最終日の結果

12日(水)まで石川県で行われていた小松ユース最終日の結果です。

 【第22回石川県ユースサッカーフェスティバル2009公式HP】


草津東 1(1PK4)1 旭川実(北海道)

最終戦となった旭川実戦は惜しくもPK負け。最終的に11位(でいいのかな?)で大会を終えました。
優勝はFC東京。この大会にはBチームが来ていたようですが、やっぱり強いですね。


※8/15 7:15追記
 たくさんのアクセスありがとうございます。
 FAカップ2回戦の試合レポですが急に用事が立て込んでしまいまして、なかなか書く暇がありません。
 もうしばらくお待ち下さい。
 
 
 
posted by T2 at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

天皇杯滋賀代表決定戦2回戦の結果

草津東高校 2(4PK1)2 滋賀FC

後半先制されるも追いつき試合は延長戦へ。その前半再びリードを許すも後半にまやもや追いつき試合はPK戦に。2人外した滋賀FCに対し全員が決めた草津東が準決勝進出を決めました。2試合連続で社会人チームを破る快挙です。準決勝は23日(日)、同じく関西リーグ1部のBIWAKO S.C HIRAと対戦します。※試合詳細はまた明日にでも。
 
 
 

2009年08月12日

明日は天皇杯滋賀代表決定戦(滋賀FAカップ)2回戦 滋賀FC戦

20090813SHIGAFACUP.jpg



明日は天皇杯滋賀代表決定戦(滋賀FAカップ)2回戦。1回戦、終了間際の大逆転で格上・ルネス学園甲賀を下した草津東は、関西リーグ1部の滋賀FCと対戦します。

滋賀FCについて簡単に説明しますと、滋賀FCは湖国から初のJリーグクラブを誕生させようと2005年に設立されました。2005年から2007年は滋賀県社会人リーグ1部に所属。県内では圧倒的な強さを誇ったものの、関西リーグ昇格には3年かかってしまいました。しかし、昇格した2008年は関西2部で爆発的な攻撃力を見せつけ優勝。1年で関西1部への昇格を決めました。そうして迎えた今シーズンは苦戦中。昨季限りで主力が相次いで退団したこともあって、残念ながら残留争いをしているという状況です。

そんな滋賀FCにはクラブ創設以来、多くの草津東OBがプレーしています。2005年や2006年には現在JFL・TDK SCに所属するMF藤原昭選手などの選手権準V戦士がチームの中心として活躍してきました。

そして現在は岡谷良選手、中川英之選手、西崎圭祐選手の3名がプレーしています。

OKATANI20090502.jpg
G大阪の高木和道選手と同期の岡谷選手は、草津東卒業後、大学でのプレーを経てアルゼンチンへ渡ると同国1部のクラブにも所属しました。帰国後はびわこ成蹊スポーツ大学を経由し今季から滋賀FCに加入。もともとは攻撃の選手ですが、チーム事情もあり高い身体能力を活かしてDFを務めるなどプレーの幅を広げています。

HIDE20090502.jpg
中川選手は伝説の選手権準V戦士の一人。卒業後、佛教大や京都の社会人チームを経て2006年にファジアーノ岡山に加入。主力として活躍を見せサポーターからも非常に人気の高い選手となりました。そして今年、地元滋賀に帰還。高い技術に裏打ちされた的確なプレーでチームを引っ張っています。そんなヒデ、現在草津東高校に勤務しているということもあり一番複雑な立場に追い込まれている!?(笑)

NISHIZAKI20090627.jpg
西崎選手は2007年に滋賀FCに加入。高校時代から定評のあった抜群のドリブルセンスと途切れることのない豊富な運動量に磨きをかけ、昨年は関西リーグ全体に名前を轟かすほどの大活躍を見せました。チーム状態が万全とは言えない今季も中盤で縦横無尽に動き回り、攻守にフル稼働しています。



彼らに挑む形となる草津東イレブン。ルネス甲賀に勝ったA´チームがそのままくるのか、もしくは石川遠征の終了したAチームがいよいよ登場してくるのか分かりませんが、拮抗した熱い試合になるのではないでしょうか。今季の滋賀FCは万全ではないといっても、特に攻撃に関してはFW岩田選手を中心に非常に破壊力があります。草津東としては思い切りチャレンジすることと、最後まで集中力を切らさず粘り通すことを実践してほしいと思います。
両チームともにベストを出し切って最高のゲームになることを期待しています!
 
 
 

2009年08月11日

第7回小松ユース(U-18)サッカー大会 3日目の結果

3日目を迎え決勝トーナメント、順位トーナメントへ突入した第7回小松ユース(U-18)サッカー大会の結果です。

 【第22回石川県ユースサッカーフェスティバル2009公式HP】


予選Fグループで2位となり決勝トーナメントへ進出した草津東。今日も2試合戦いました。

草津東 1−3 桐蔭学園(神奈川)
草津東 1−0 境(鳥取)


決勝トーナメント1回戦では神奈川の名門・桐蔭学園と対戦。しかし1−3と敗れました。
その結果を受けて午後は順位トーナメントへ回りました。相手は鳥取の境。1−0と勝利し、明日は9〜12位決定戦へ進みます。
明日の1試合目はインターハイにも出場した旭川実(北海道)。勝てば9、10位決定戦、負ければ11、12位決定戦へ。
 
 
 
posted by T2 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

第7回小松ユース(U-18)サッカー大会 2日目の結果

石川県で行われている第7回小松ユース(U-18)サッカー大会2日目の結果です。

 【第22回石川県ユースサッカーフェスティバル2009公式HP】


予選リーグの2戦目、3戦目を戦った草津東の結果は以下の通りです。

草津東 9−0 小松(石川)
草津東 0−1 横浜FCユース(神奈川)


午前中、地元の小松と戦い9−0の大勝。しかし午後からの横浜FCとの試合では惜しくも敗れました。
これにより予選リーグは終了。2勝1敗となり、予選Fグループで横浜FCに次ぎ2位となった草津東は明日からの決勝トーナメントに駒を進めました。
その1回戦では予選Bグループ2位の桐蔭学園(神奈川)との対戦が決まっています。勝てば2回戦進出、負ければ9〜16位を決める順位決定トーナメントへ回ることになります。
 
 
 
posted by T2 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009天皇杯滋賀代表決定戦(滋賀FAカップ)1回戦 vs.ルネス学園甲賀SC

天皇杯滋賀代表決定戦(滋賀FAカップ)1回戦
 (8/9 Sun 15:30 @ビッグレイクB)
 草津東 2−1 ルネス学園甲賀SC

20090809001.jpg 20090809002.jpg


いよいよ始まった天皇杯滋賀代表決定戦(滋賀FAカップ)。この大会はその名の通り元日に決勝の行われる天皇杯サッカー選手権へとつながる(もっといえばACLやクラブW杯にもつながっている)滋賀サッカーの夏の祭典。高校勢にとっては唯一公式戦で社会人のチームと対戦できる貴重な大会です。

過去には草津東も3度この大会を勝ち抜き滋賀代表として天皇杯本戦へ出場(97年、99年、00年)。FC東京、コンサドーレ札幌といったJリーグのクラブと対戦したこともあります。しかし、近年、滋賀のサッカーを取り巻く状況が大きく激変。びわこ成蹊スポーツ大学、SAGAWA SHIGA FC、MIOびわこ草津など、大学やJFLに有力なチームが次々と誕生したことにより、草津東を含めて高校のチームがこの大会を勝ち抜くのは非常に難しくなってきました。

かと言って、この大会をただの経験の場とするだけではもったいない。社会人チームのフィジカルの強さや洗練された戦術、試合運びの上手さなどを直接肌で感じ取ったり、大事な秋の選手権予選へ向けてチーム全体の底上げを図るのはもちろんですが、あくまでも勝利にこだわり試合を進めることが重要です。勝ち上がっていき、格上の社会人チームと真剣勝負を多くこなせばこなすほど、力が蓄えられていきます。


[草津東スターティングメンバー]

堀内(9)   原田(11)

深尾(8)                福田(7)

酒井(10)   門田(5)

中岡(6)  笠谷(4)  木村(3)  長野(2)

林(1)


【選手交代】
山川(12)←長野(2)
小島(16)←堀内(9)
奥村(15)←福田(7)


2年前にこの大会に出場したときと同じく、Aチームは小松ユース大会に出場するため石川に遠征中ということで、この試合に出場したのはA´チーム。ほとんどの選手が公式戦で90分ゲームを戦うのが初めてというなか、涼しくなった天候も味方に付け、草津東は見事に逆転勝利!2回戦へ駒を進めました。


20090809003.jpg


試合は前半から大方の予想通りルネス甲賀に主導権を握られる展開。ルネスは所属する関西リーグ2部で1試合平均4得点以上をたたき出すという強烈な攻撃力を持ったチームです。その中心に君臨する18番・濱田選手のドリブルやパスワークに草津東守備陣は翻弄されピンチを招きます。しかしただやられているだけではない草津東。ボールを奪うとカウンター気味に攻撃を仕掛ける。15分ごろにはバー直撃のミドルシュートなどでルネスゴールを何度か脅かすなど健闘を見せます。

しかし30分、ルネスにボールを奪われるとPA侵入を許しそのまま先制点を奪われました。この失点のあと少しあたふたして落ち着きのない草津東。大きくクリアし一度体勢を整えるべきところでも無理やり味方につなごうとして相手にボールを奪われる。ルネスが前からどんどんプレスを掛けてきているのに、DFラインとGK間でリスキーなボール回しを敢行しピンチを招くなど、試合は完全にルネスに傾きました。


20090809004.jpg


後半もルネスにペースを握られる展開が続きます。サイドを破られるなどして再三再四草津東ゴール前に攻め込まれました。しかし草津東は技術、フィジカルともに苦戦しながらも全選手が集中し粘りに粘ったプレーを披露。相手に追加点を許しませんでした。特に印象的だったのはGK林選手。抜群の反応で至近距離からのシュートをことごとくブロック。ゴールに鍵を掛けました。これが最後の最後で活きました。

迎えた89分、ルネスの一瞬の隙を突き、サイドから展開。最後はゴール正面で途中出場の山川選手のハーフボレーが決まり同点に追いつく!さらにロスタイム、最後の1プレーで奇跡が起こる。同点に追いつかれて動揺や落胆の見えるルネスを尻目に、こちらも途中出場の小島選手がゴール前で押し込み草津東が大逆転!!そしてそのあとすぐにタイムアップ。最後の最後まで諦めなかった草津東が、10年前のマンチェスター・ユナイテッドを思い起こさせてくれるような奇跡的な勝利を収めました。本当に素晴らしく価値ある試合を見せてくれてありがとうございます!

20090809005.jpg

20090809006.jpg



次は2回戦。13日(木)15:30から同じくビッグレイクBコートで関西リーグ1部の滋賀FCと対戦します。

個人的な話で申し訳ありません。ご存知の方もたくさんいらっしゃると思いますが、2006年より滋賀FCを応援させていただいており普段サポーターとして各地試合会場に出向いております(こちらがもう1つのブログ)。そんなこともあって草津東と滋賀FCの試合は、草津東の応援を始めてからずっと待ちに待っていたとても楽しみな一戦なのです。当日は滋賀FCサポーターとしての活動を優先する予定で申し訳ないのですが、片意地張らずに両チームのプレーを楽しみたいと思っています。最高のパフォーマンスを発揮してもらって、いつまでも記憶に残るような熱い試合になることを期待しています。(その試合に関しては、こちらには草津東目線の記事を、もうひとつの方には滋賀FC目線の記事を書くという、ちょっと労力の要ることをしようかな…と考えてます。)


20090813SHIGAFACUP.jpg

 
 
 

2009年08月09日

第7回小松ユース(U-18)サッカー大会 1日目の結果

今日行われた天皇杯滋賀代表決定戦の試合を振り返る前に、現在Aチームが参加している「第7回小松ユース(U-18)サッカー大会」の結果です。

 【第22回石川県ユースサッカーフェスティバル2009公式HP】


これによると、

草津東 4−0 真岡(栃木)

栃木の強豪相手にまずは快勝です。
明日は予選リーグの残り2試合、午前中に小松(石川)、そして午後から横浜FCユース(神奈川)との対戦が組まれています。雨にも負けず、頑張れ、草津東!
 
 
 
posted by T2 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

明日は天皇杯滋賀代表決定戦 ルネス学園甲賀戦

明日9日、天皇杯滋賀代表決定戦(滋賀FAカップ)が開幕。
春季高校総体を制しこの大会に挑む草津東は1回戦で関西リーグ2部のルネス学園甲賀SCと対戦します。

 【組み合わせ@滋賀県サッカー協会】

Aチームは石川遠征ということでどのようなメンバーになるかは分かりませんが、選手権予選へ向けてチーム全体の底上げも必要な時期。出場した選手にはこのチャンスを活かしてほしいと思います。
この大会は公式戦では唯一社会人のチームと対戦できる貴重な機会です。明日の対戦相手・ルネス甲賀は関西リーグで1試合平均4得点以上の爆発的な攻撃力を誇るチーム。特にMF濱田選手は圧倒的な得点力に加え、味方を活かすことも出来る非常にクオリティの高い選手です。彼をどこまで自由にさせないようにするかが大切になってきそうです。

格上相手ですが、思い切りチャレンジしてほしいところ。
頑張れ、草津東!
 
 
 

インターハイ奈良大会は本日決勝

先週開幕したインターハイ奈良大会。1週間に渡り、熱戦が繰り広げられていましたが、今日いよいよ決勝を迎えます。

決勝に駒を進めたのは、前橋育英(群馬)と米子北(鳥取)。

前橋育英は昨年度からのレギュラーも多く、各年代の代表候補を揃えるタレント軍団。優勝候補との前評判も高く、ここまで清水商(静岡)、神村学園(鹿児島)、神戸科学技術(兵庫)、大津(熊本)などの有力チームを下してきています。

反対に米子北は失礼ながらまったくのノーマーク。総体ベスト8自体が鳥取県勢としては初めてで、選手権も含めても92年度の米子東以来のことだという快挙です。1回戦では水戸商(茨城)、2回戦では丸岡(福井)という名門チームに快勝。そして3回戦では流通経済大柏(千葉)を5−0と粉砕した久御山(京都)にPK勝ち。完全に波に乗りました。昨日の準決勝ではU-18代表の赤崎選手を擁する佐賀東(佐賀)に2−1で勝利し、ついに決勝までたどりつきました。

両チームともに1週間で6試合目というきつい状態ですが、最後の1試合です。全力を出し切って最高のゲームをしてほしいですね♪
 
 
 
posted by T2 at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | インターハイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

国体滋賀選抜メンバーに2人選出

14(金)〜16日(日)に高槻市総合スポーツセンター陸上競技場で行われる「国体近畿ブロック大会」のメンバーが発表されました。

 【選手名簿@滋賀県サッカー協会】

草津東高校からは以下の2名が選出されました。

 GK @望主唯久馬選手 1年
 MF L小出健太郎選手 1年

試合に出場して活躍してくれることを期待しましょう!

近畿からの国体出場枠は「3」。滋賀選抜は14日に奈良選抜と対戦し、勝てば翌日兵庫選抜と対戦。それに勝つと国体出場が決まります。兵庫に負けた場合は16日の3位決定戦に回ります。

 【組み合わせ@滋賀県サッカー協会】
 
 
 
 
posted by T2 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

インターハイ奈良大会2回戦の結果

今日の2回戦、強豪・奈良育英に挑んだ草津東でしたが、1−4で敗戦となりました。

残念な結果となりましたが、これをばねに秋の選手権予選突破へ向けて頑張ってほしいと思います。
 
 
 
posted by T2 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | インターハイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

インターハイ奈良大会1回戦 vs.浦和南

インターハイ奈良大会1回戦
 (8/2 Sun 12:00 @奈良県立橿原公苑陸上競技場)
 草津東 3−1 浦和南


20090802002.jpg
 20090802003.jpg

土曜の開会式を経て、いよいよ今日から競技開始となったサッカー。奈良県内各地で1回戦が行われ、熱戦が繰り広げられました。
滋賀代表の草津東は橿原公苑陸上競技場で埼玉の名門・浦和南と対戦。心配された天気も回復して日差しが降り注ぎ、気温が上昇した中での厳しい試合でしたが、3−1と快勝しまずは幸先の良いスタートを切ることができました。

[草津東スターティングメンバー]

上坂(10)  石黒(11)

吉田(7)          藤永(8)

古谷(9)   山元(5)

橋本(6) 長(4) 山本(3) 端(2)

川村(1)



20090802005.jpg

20090802004.jpg
▲お披露目となった新ユニフォームで今大会に挑む草津東。初戦のスターティングイレブン。



まずチャンスを掴んだのは草津東。開始2分、右サイドでFKを得ると蹴るのは古谷選手。しかし、ファーに飛んだボールには誰も反応できずシュートには至りません。
すると、10分ごろまでは草津東は少々押し込まれた感じとなり、浦和南がペースを握ります。浦和南は攻撃時には両サイドにウイング的に選手を配置。そこからの突破で草津東守備陣をこじ開けようとしてきます。特に右サイドに位置する11番・土屋選手はスピードがあり、草津東DFも手を焼きました。彼の突破力には試合終了まで常に注意が必要な状態だったほど。草津東としては相手のクロスのミスやミートしきれないシュートに助けられた部分もところどころあり大事には至りませんでしたが、一歩間違えば失点という危ない場面もありました。

それでも10分頃に石黒選手が草津東のファーストシュートを放つと、そこからチームは落ち着いていきます。それまでほとんどボールに絡めなかった左サイドの吉田選手にもボールが渡りだすと草津東のチャンスが増えます。左サイドバックの橋本選手とのコンビで何度か浦和南DFを破りかけゴールにだんだんと近づいていきました。

そして迎えた32分、FW石黒選手が左サイドを抜け出しゴールライン際まで1人で持ち込みます。そこから相手GKとDFの間に強いグランダーのクロスを送る。そこに飛び込んだのはエース・上坂選手。DFと競り合いながらも、うまく相手の前に体を入れゴールに押し込みました。
ロスタイムを含めても残り5分もないところで待望の先制点が入り、いい形で前半を終えました。


20090802006.jpg
▲司令塔・古谷選手から好パスが配給され徐々にゴールに近づく。

20090802007.jpg
▲怪我から復帰したキャプテン・長選手を中心に粘り強く守った草津東。

20090802008.jpg
▲常に複数の選手に取り囲まれ苦しいシーンが多かった吉田選手。しかしここぞというときのドリブルは全国レベルだと実感。

20090802009.jpg
▲右サイドの藤永選手。鋭く豊富な動きでチームを活性化。


さて後半。まずは立ち上がりに気を付けたいところでしたが、6分に失点。中盤でのチェックが少しルーズになってしまいパスをつながれると、最後は浦和南9番・藤泉選手にPAの外から豪快なミドルシュートを決められ、あっという間に同点に追いつかれます。シュート自体は打った藤泉選手を褒めるしかない素晴らしいものでしたが、そこまでの展開が少し緩かったように感じました。

その同点弾で勢いを増す浦和南。しかし、それに対し草津東の選手は焦ることもなくしっかりとゲームを進めていきます。ベンチもここから動き出す。10分に古谷選手に替え13番・中西選手を、14分には石黒選手に替え16番・吉川選手をそれぞれ投入します。

すると17分、相手CKを防いだ後、鮮やかなカウンターが決まります。クリアボールを拾った吉川選手がドリブルでどんどんと上がっていくと、その前方を2人のDFを引き連れ上坂選手がドリブルの進行方向と逆側にクロスします。それによって出来た右サイドのスペースに走り込んだのは左SBの橋本選手。吉川選手は丁寧にスルーパスを出すと橋本選手はそれを冷静に流し込み、草津東は再びリードを奪いました。投入されたばかりでまだ体力が充分な吉川選手のドリブル、上坂選手のおとりの動き、そしてここが勝負どころと判断して果敢にオーバーラップした橋本選手。それぞれが上手く噛み合った素晴らしいゴールでした。

この後、浦和南は意識が当然前へと向いたため、草津東はその守備陣の裏のスペースへのパスが有効になります。22分には、右サイドでのパス交換からDFラインの裏へ抜け出した藤永選手へ縦パスが入ると、スピードを活かして突破しゴール前へクロス。そこに飛び込んだのは上坂選手。GKの動きをよく見ながらきっちりとゴールに沈めました。

これで3−1。その後、明日以降の試合のことも考えてか、残りの選手交代枠を使い切りながら余力を持って試合を終わらせた(ように見えました)草津東。見事に初戦突破です。

20090802010.jpg

さて、明日の2回戦では開催地奈良の強豪・奈良育英との対戦です。早くも、「手の内を知り尽くした」と言ってもいい関西勢同士の対決となります。熱く激しい戦いが予想されますが、是非とも3回戦へ駒を進めてほしいと思います。
頑張れ、草津東!

※この試合のレポートはこちらも是非ご覧ください♪
 【脚と角】
 
 
posted by T2 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | インターハイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。