2010年01月26日

2010新人戦準決勝 vs.守山

新人戦準決勝(2010.1.24 Sun @ビッグレイクB)
 草津東 0−1 守山
20100124001.JPG 20100124002.JPG


年末から行われていた新人戦。新チームとして初めての公式戦、タイトル獲得を目指しこの日の準決勝まで勝ち進んだ草津東でしたが、志半ばでの敗退となってしまいました。

序盤は守山ペース。守山の前線にはスピードのある選手が多く草津東の守備陣をかく乱してきます。特に9番の選手はスピードだけでなくパスの出し手としても優れたセンスを発揮していました。

草津東はミスが多く見られました。パス回しが少々雑な感じ。みすみす相手にボールを与えてしまう場面が続きました。しかし、15分過ぎからようやくリズムを掴み、試合を五分の展開に持っていきました。が、得点を奪うことなく前半終了。

後半も一進一退の攻防。互いにセットプレーからチャンスを迎えますが、決め手を欠き試合は動かず。50分ごろ(35分ハーフ)には、守山最終ラインでのクリアミスのボールを拾いゴールに迫るものの先制点を挙げることは出来ませんでした。

逆に65分ごろには守山9番の突破を皮切りに11番の選手にGKと1対1のシーンを作られますが、これは守護神・村上選手が鋭い飛び出しでストップ。ピンチを乗り切りました。

このままPK戦突入かと思われた68分、中盤でボールを奪われると一気に加速していた守山のFW25番の選手にパスが渡ります。これを中央から決められて土壇場で先制を許してしまいます。

残された僅かな時間に同点弾を狙った草津東でしたが、相手の集中力の高い守備陣を前に沈黙。そのまま0−1でタイムアップとなってしまいました。


試合を観ての感想ですが・・・

サイドへの展開まではOK。問題はそこから。相手を抜き切ってからゴール前にボールを送ることばかりを考えているような印象を受けます。抜こうと何度もフェイントを入れている間に相手の守備陣は戻ってきてしまい体勢を作られる。人数が揃う前にDFラインとGKの間に低いクロスを上げるとか、中央に切れ込んでシュートに行くとか、もっと周りの選手が早くフォローして複数の選手で崩すなど、バリエーション豊富な攻撃を見せてほしいところです。

あと、ゴール前での迫力に少々物足りなさを感じます。みんなスピードがあって技術もある。でもそれだけでは得点は奪えない。良く言えば「どこからでも点が取れる」ですが、逆に言うと「こいつに任せておけば安心」という絶対的なフィニッシャーが不在ということでもあります。一瞬の隙も見逃さないハンターのようなFWも求められるのではないかと思いました。
(あくまで素人の個人的な意見です。)


来月中旬からは今年も「ジャパンユースサッカースーパーリーグ」に参戦。それを経て春にはいよいよプリンスリーグが開幕します。関西や全国の舞台で戦えるチームになるよう、この敗戦を糧に頑張ってほしいと思います。

20100124003.JPG

20100124004.JPG

20100124005.JPG

20100124006.JPG

20100124007.JPG
 
20100124008.JPG
 
20100124009.JPG




土曜に行われる決勝のカードは、「八幡×守山」となりました。
八普がいよいよ主要大会で決勝に駒を進めてきました。湖南、甲賀地域のチームが常に上位を占める滋賀県にあって、日野川より北のチームがファイナリストになるのは非常に画期的なことです。名門・守山との対決は興味深い一戦となりそうです。

2010新人戦決勝
 八幡×守山
 1/30(土)11:00 @ビッグレイクC



posted by T2 at 21:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 県民体育大会(新人戦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。