2010年06月07日

2010春季高校総体決勝 vs.守山

20100606001.png




2010滋賀県春季高校総体決勝(6/6Sun 11:00 @湖南市民グラウンド)
 草津東 3−1 守山
20100606002.JPG 20100606003.JPG

本日、湖南市民グラウンドで行われた春季高校総体(インターハイ予選)決勝。草津東は守山を3−1で下し、2年連続10回目のインターハイ出場を決めました。途中、リズムが悪くなる時間帯もありましたが、終始試合を有利に進め、見事に観客席の期待に応えた選手たちに拍手を送りたいと思います。本当におめでとうございます。


では、試合を振り返りたいと思いますが、今日対戦した守山とは正直なところ相性が良くありませんでした。昨秋の選手権予選のPK負け、U-17県リーグでの敗戦、そして今年になってからは新人戦でも対戦しましたが、0−1で決勝進出を阻まれるなど、このところの公式戦で守山に対して連敗続きでした。実際に苦手意識というのが選手の中に存在していたのかは分かりませんが、そんな不安要素もあり、試合は厳しいものになると予想されました。

しかし試合が始まってみれば、草津東が序盤からリズムを掴みゲームをコントロールしていきました。切れのよさを見せたのが右サイドの田辺選手。何度も相手陣内深くまでドリブルで侵入しチャンスを導き出しました。その他にも中盤での競り合い等でも優位に立つなど全体的に動きの良さを見せる草津東。得意のサイド攻撃を主体に守山守備陣を何度も脅かしました。先制点は前半20分ごろに獲得した右CK。ゴール前に上がったボールはドンピシャでゴール前の選手に合います。このボールを田辺選手が頭で完璧に捉えてネットを揺らしました。

対して守山は左サイドの10番の選手や、ガツガツとドリブルで突進してくる9番の選手を中心に攻撃を仕掛けてきますが、これは草津東が常に複数の選手が対応することでピンチを未然に防ぎます。ゴール前になだれ込んでくる守山の選手が少なかったことも草津東にとっては守りやすかったと思います。また、前半終わりごろに何度か守山にCKを与えますが、これも難なく凌いで無失点。いい形で前半を終わらせます。


後半も立ち上がりから集中し、自分たちのやるべきプレーをしっかりとやっていく草津東。ほぼ完璧にゲームを進めていったように思いました。ところが10分、突如、乱れが生じます。草津東ゴール前にフラフラと高く上がったボール。これを草津東DF、守山FWが並走して追うとともに、GK村上選手も飛び出してきます。しかしボールはこの3人のど真ん中に落ちると、かなり高くバウンド。村上選手の頭の上を越えてゴールに向かっていきました。これを走りこんだ守山FWに押し込まれ同点に追いつかれてしまいました。

この思いがけない歓喜をきっかけに攻勢を強める守山。逆に動揺が走る草津東。一気に展開は逆転しました。草津東はパスが微妙にずれたり、ルーズボールが拾えなくなったり、失点までとは全然違うチームになってしまいました。対する守山はここぞとばかりに逆転を狙って前へ前へと攻め込んできます。草津東としてはやばいムードも漂いかけました。

それでもこのままズルズルといってしまう草津東ではありませんでした。もう一度落ち着きを取り戻し、自らしっかりとゲームを組み立て直していきます。そして復活のための最良の薬は、やっぱりゴールでした。後半28分、左サイドに流れた小出選手にボールが渡ると、ラインギリギリのところで相手DFを振り切り、ゴール前へ折り返します。そこに飛び込んだのはまたもや田辺選手。しっかりとゴールに流し込み守山を突き放します。

さらにその1分後、今度は守山ゴール前に高く上がったボール。守山守備陣がクリアするも、ミスとなってゴール方向へ飛んでいきます。それを拾った酒井選手。GKもかわしてダメ押しの3点目を入れました。そして迎えたタイムアップの笛。草津東は守山に対してリベンジを果たすとともに、2年連続のインターハイ出場を決めました。




20100606004.JPG




改めまして、選手、スタッフをはじめ、関係者の皆様、本当におめでとうございます。草津東らしいスピーディな攻撃、集中力を高く保ったプレー、苦境に陥りそうな時間帯も自らで再び主導権を手繰り寄せるなど、連覇に相応しい素晴らしい試合でした。昨年のインターハイでは2回戦で敗れていますが、もちろん今年はさらに上を目指して戦ってほしいと思います。再び全国の舞台での活躍を期待しております。



このあと草津東は来週、再来週とプリンスリーグの残り2戦を戦います。そしてその次は今月下旬、奈良で開催される近畿大会。プリンス2部で2位以内に入れば、7月中旬には全日本ユース出場を懸けたトーナメント戦があります。それらを経て7月31日からのインターハイに臨みます(さらにそのあと8月には天皇杯予選もあります)。スケジュールは目白押しですが、とにかく一戦一戦を大事にし、レベルアップを図っていってほしいと思います。
 
 
 続きを読む

2010年06月03日

八幡を下し決勝進出!

本日、湖南市民グラウンドで行われた2010春季高校総体(インターハイ予選)準決勝。草津東は新人戦チャンピオンの八幡を下し、6日(日)の決勝進出を決めました。試合は前半攻めあぐねたものの、後半ゴールラッシュで快勝。八幡の自慢の攻撃力は厳しいプレスで封じ込めたようです。

いよいよ2年連続のインターハイ出場まであと1つとなりました。決勝の相手は、綾羽を3−2で下した守山です。

守山といえば、ここ最近、草津東が苦手にしているチーム。この冬に行われた新人戦準決勝でも0−1と敗れています。

決勝はいわばリベンジマッチでもあります。チャレンジ精神をもって守山に向かっていってほしいと思います。

頑張れ、草津東!

 

2010年06月01日

2010春季高校総体準々決勝 vs.野洲

2010滋賀県春季高校総体準々決勝
 (5/30Sun 11:00 @水口スポーツの森)
 草津東 2−1 野洲
20100530001.JPG 20100530002.JPG


日曜に水口スポーツの森で行われた春季高校総体(インターハイ予選)準々決勝。草津東は延長の末、見事に野洲を下し、準決勝進出を決めました。

試合はお互いに負けたくないという気持ちが強く、中盤での緊迫した攻防が続きます。ポゼッションではやはり野洲が上回りました。ただ、野洲らしいショートパスとドリブル主体の攻撃は鳴りを潜め、最終ラインから一気にサイド奥深くに展開するという印象。草津東としてはそれほど揺さぶられるわけではなく、きっちりとプレスをかけてボールを奪うと、カウンターを仕掛けていくという感じでした。

互いに何度かゴール前まで攻め込むものの、守備意識も集中力も高い相手チームを前に決め手を欠くままスコアレスで前後半70分が終了。試合は延長戦に突入しました。

延長戦に入ると、いきなり試合が動きます。先制したのは草津東。右サイドでのパス交換からチャンスを作りクロスを挙げると、ファーサイドで詰めたのは途中出場の柿迫選手。しっかりと野洲ゴールに押し込みました。しかしそれから2分も経たない延長前半5分、野洲にCKを与えると、このセットプレーから決められ、待望のリードもあっという間に追いつかれてしまいました。

意気消沈しかねないなかで迎えた延長後半でしたが、草津東はやってくれました。決めたのはエース・石黒選手。ゴール正面から左足を振り抜くと、見事に野洲のゴールネットを揺らしました。

残り数分、野洲の攻撃を浴びた草津東でしたが、この日も何度もファインセーブを見せたGK村上選手を中心に守り抜きました。結果は2−1。トータル90分間の非常に緊迫した試合は、昨年に引き続き草津東がものにしました。


20100530003.JPG
▲チームを救うビッグセーブで勝利を導いた村上選手



これでベスト4進出。連覇へ向けて一歩前進しました。

明後日3日(木)に行われる準決勝の相手は、新人戦チャンピオンの八幡。八幡は準々決勝では八幡商を4−2と下し勝ち上がってくるなど、攻撃的なサッカーが魅力的なチームです。

ライバル・野洲戦の勝利直後は歓喜を爆発させていた草津東イレブンでしたが、おそらくすぐに頭を切り替え準決勝に勝利することに集中していると思います。この試合も非常に白熱した好ゲームが期待されます。しっかりと自分たちの力を発揮し、6日(日)の決勝へ駒を進めてほしいと思います。




20100530004.JPG

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。