2008年06月24日

プリンスリーグ2008最終節 結果

JFAプリンスリーグU-18関西2008最終節結果
[2部]
・久御山 1−2 初芝橋本
・エストレラ姫路 2−6 守山北
・滝川二 6−0 草津東
・奈良育英 0−4 近大附
[1部]
・京都サンガ 3−1 大阪桐蔭
・神戸科学技術 2−2 ヴィッセル神戸
・近大和歌山 0−2 野洲
・ガンバ大阪 1−2 セレッソ大阪

JFAプリンスリーグU-18関西2008順位
[2部]
1位 滝川二 【勝点18】
2位 奈良育英 【勝点15】
3位 守山北 【勝点11】
4位 初芝橋本 【勝点10】
5位 近大附 【勝点9】
6位 エストレラ姫路 【勝点9】
7位 草津東 【勝点6】
8位 久御山 【勝点2】
※1位・滝川二と2位奈良育英が来季1部昇格&高円宮杯出場決定戦進出。3〜8位チームは来季府県予選へ。
[1部]
1位 セレッソ大阪 【勝点18】
2位 ガンバ大阪 【勝点16】
3位 京都サンガ 【勝点15】
4位 ヴィッセル神戸 【勝点11】
5位 野洲 【勝点9】
6位 大阪桐蔭 【勝点8】
7位 近大和歌山 【勝点3】
8位 神戸科学技術 【勝点1】
※1〜6位チームが来季1部残留。7、8位チームは来季2部に降格。1位・C大阪と2位・G大阪が高円宮杯出場。3〜6位チームが高円宮杯出場決定戦進出。

アスパ五色で行われた最終節・滝川二戦。今大会最後の意地を見せたい草津東でしたが、強豪相手に完敗となりました。順位も7位で終了。高円宮杯出場決定戦進出枠や来季の残留圏内には遠く及ばない残念な結果となってしまいました。
しかし、このプリンスリーグを通して強豪との差をいろいろ感じることが出来たと思います。この悔しさ、この経験を胸に、秋、絶対にリベンジしてください。「崖っぷち」からの生還を待っています。そしてそのまま頂上へ・・・!

※今後の予定(夏休みの遠征予定など)はどうなっているんでしょう?どなたかご存知ありませんか・・・?


posted by T2 at 21:12| Comment(6) | TrackBack(0) | プリンスリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
強豪滝川第二でしたが攻め方がはっきりしていていいサッカーをしてました。完敗でしたが草東も負けていないとこもありました。
今後に期待です。
Posted by 観戦者 at 2008年06月25日 18:47
>観戦者さん

コメントありがとうございます。
負けた試合でも草東はいい時間帯を結構作っていますね。あとは、それをどうやって得点、勝利に結びつけるか。難しい課題ですが、あと一歩です。
夏には大きく成長し、そして秋の選手権予選を迎えてほしいですね!
Posted by T2(管理人) at 2008年06月25日 23:42
草津東の試合を見て、らしさが感じられなかった。
草津東はクサヒガサッカーをするべき、野洲サッカーをしてもだめだろうな。
次の野洲の試合をみたけど、やはり強いしうまい。
いまのサッカーをしても野洲には勝てない。
高校サッカーはやはり勝たないと育成ではない。
選手の勝つ気を戦う姿勢がたりない。野洲の方がうまいにも関わらず勝つ気がゲームに表れている。
もっと選手が戦う姿勢をみせてくれないと、クサヒガサッカーは過去のものになりそう。がんばれ高校サッカーは今しかできない。
Posted by 滋賀 at 2008年06月26日 17:45
お久しぶりです。
最近はベンチサイドと普段の監督の話から
「消極的過ぎ」と言う言葉をよく聞きますね。

今 草東は土日を挟んでテスト期間中です。
もちろん練習はしてますが…
テストが終わったら気合入れなおして頑張って欲しいです!
予定などわかったらお知らせします。
Posted by haha at 2008年06月27日 09:51
>滋賀さん

コメントありがとうございます。
おっしゃるように、草津東にいま最も必要なものは「戦う気持ち」だと思います。個人個人は当然気合いを入れて試合に臨んでいるのは間違いないところですが、チームとしてのまとまりのようなものが他チームと比べると弱いように感じます。一丸となって目の前の試合に勝利する、そんなチームとしての姿勢が足りなかったのかも知れません。どこかに「打倒野洲」「最終目標は選手権」という考えがあり、めいいっぱいのプレー・気持ちが出せなかったのかも知れません。
(ただの一ファンに過ぎませんので憶測でしかありません。読まれた方、気を悪くなさらないでください。)
今後の目標は選手権出場ひとつに絞られました。このまま大きな結果を残さないで今年度を終えるわけにいかないことは、選手のみんなが一番よく理解していると思います。そこにある危機感がメンタルの面でもチームを成長させてくることを切に願います。


**************************************************

>hahaさん

お久しぶりです。
僕も監督のその言葉聞いた記憶があります。これからはとにかくアグレッシブさを前面に出していってほしいと思います。シュートを打てるときにはシュートを打つ、相手との1対1に果敢にチャレンジする、そんなところからでもチームは大きく変わっていくと思います。
では、お手数ですが遠征予定などよろしくお願いいたします。最後の大会に向け、充実した夏を過ごしてほしいですね!
Posted by T2(管理人) at 2008年06月28日 21:05
高校最後の選手権に向けて、チームが一丸となる?。草東ファンにとって、そう願いたいのですが、残念ながら、インハイ予選の終了後に、三年生の殆ど(部員40人に対して、2/3以上)が引退してしまったようです。もちろん、試合に出れなくても、チームのために・・・というのは、きれい事で、選手にとっては、進学のこととか、色々考えがあっての決断だったことは、想像に難しくありません。ただ、インハイ終了後には、まだ、高円の出場の可能性も残っており、レギュラークラスの数人も、引退した中に入っていたことは、勝ちを望むファンにとっては、残念でなりません。
もちろん、残った3年十数人と、2年、1年もあわせて、新チームに早く切り替えて、選手権に臨む方が、可能性が高まる場合もあるのですが、前出の勝ちたい気持ちの部分で、この辺が少しは影響していると思うのは、考えすぎでしょうか。
願わくば、選手権を目指して、1〜3年の全員が、一つになる。そんな時に初めて、他チームよりは気持ちの部分で、勝ることが出来るとおもうのは、今の高校サッカーには望めないのでしょうか。
Posted by 暇人 at 2008年06月29日 10:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。