2008年09月21日

プリンスリーグ2009出場決定戦初戦 vs.綾羽

JFAプリンスリーグU-18関西2009 滋賀代表決定戦1回戦
 (9/20Sat 10:00 @ビッグレイクB)
 草津東 1−0 綾羽
20080920 Kusatsu-Higashi.jpg 20080920 Ayaha.jpg

選手権予選まであと1ヶ月あまり。組み合わせも明らかになるなど、いよいよ秋の大舞台へ向けて調整のペースを上げていこうとする中、早くも来季のプリンスリーグへの出場を目指したトーナメント戦が始まりました。

このトーナメント戦ですが、まず、今季のプリンスリーグ2部で7位だった草津東と、県2種リーグ1部で優勝した綾羽が対戦。その勝者がプリンス2部3位の守山北と対戦します。そこで勝ったチームが来年の1〜2月に行われる新人戦の最上位チーム(野洲を除く)と対戦し、代表権を争うとのことです。草津東・綾羽・守山北からの勝ち抜きチームと新人戦最上位チームが同一だった場合は、そのチームが即プリンス出場になるのか?警告が累積した場合、出場停止は新人戦最上位チームとの試合で消化されるのか?などなど不明な点が多い大会ですが、大事な試合に違いありません。来季も絶対にプリンスリーグ出場を果たしたい草津東としては何が何でも勝ちたい大会です。

この大会については競技規定だけでなく日程についても協会HPにまったく掲載されないなど、事前にほとんど告知されていなかったため一般客はまばら。しかし両チームの保護者の方々や、この試合のあとに行われる県2種リーグ(?)のために集合していた大津高校や光泉高校の選手を含めて、ざっと数えて100人ほどの観客が見守るなか試合は始まりました。(その中には某チームの偵察部隊の姿も…。)



[草津東スターティングメンバー]

10    11

6           9
7    8

2   3   4   5

1

◆交代◆
17分: 7→13
45分: 6→18
59分:11→14
68分:13→19
82分: 8→15



公式戦ということで気合いが入る両チームイレブン。とくに綾羽のほうはガツガツと当たってくるなど、持ち前の技術に加え激しさも前面に押し出したサッカーを披露します。そんな気迫に押されたのか、綾羽にペースを握られ、GKと1対1という場面を迎えるなど不安な立ち上がりとなった草津東。しかし徐々に反撃。12分に大谷選手のミドルシュート、13分に右サイドで渡辺選手からのスルーパスを受けた上坂選手が角度のないところからの積極的なフィニッシュ。19分には綾羽を左右に揺さぶりながら、最後はスタメンに起用された石黒選手が惜しいシュートを放つなど、チャンスを作ります。また、前半途中から出場した梅景選手が“らしさ”を発揮。アウトサイドを使ったトリッキーなパスや、細かなステップのドリブルとワンツーで中央突破を仕掛けるなど、存在感を披露しました。39分には前半最大の得点機。佐薙選手のクロスがファーサイドに流れ、そこに石黒選手が詰めるも至近距離からのシュートは僅かにポストの左に逸れました。

こう書くと草津東のペースで試合が展開されたかのように思われますが、チャンスの数と同じくらいピンチの場面もありました。特にサイドをえぐられるシーンが目立ち、何度もクロスを上げられたりシュートまで持っていかれたりとヒヤヒヤ。真ん中の確実な対応と林選手の鋭い反応・セービングで事なきを得ましたが、失点してもおかしくないほどでした。一進一退、ほぼ互角の内容で前半は終わります。


20080920 #01.jpg


後半開始後は綾羽のペース。綾羽7番、10番などのドリブルに苦戦し、何度もペナルティエリア内への侵入を許すことになります。しかし、ここも最後のところで守備陣の頑張りなどもあってゴールを割らせません。この時間を何とか凌げたのは、あとになって考えればとても良かったと思います。
そして、流れを断ち切るべくスーパーサブ・吉田選手が投入されると、草津東は攻勢に出ます。吉田選手はスピードを活かした突破でチャンスを導く。彼のドリブルから生まれた渡辺選手の惜しいシュート、佐薙選手のクロスに飛び込んだ西村選手のシュートなどで相手ゴールを脅かしていきます。綾羽GKの好守もあってなかなか得点につながりませんでしたが、もう少しというところまで迫りました。

しかしなかなか生まれない先制弾。このまま延長orPK戦(同点の場合延長戦になったのか即PK戦になったのか不明)に突入かと覚悟した87分、吉田選手が左サイドで粘り、最後はゴール前で上坂選手が押し込んで待望の先制!ロスタイムを含めても残り5分というところでの得点でした。そして草津東はそのまま逃げ切り、試合は終了。草津駅西口ライバル対決に何とか勝利という結果を残せました。


20080920 #02.jpg


試合全般を通しての印象ですが・・・。中盤でためが作れないために、上坂選手の豊富な動きを活かしたディフェンスラインの裏へのロングパス・ミドルパスが中心。そうして上坂選手がサイドへ流れると中が手薄になる。フォローや第3の動きも少なく波状攻撃につながらない。怪我人の影響もあってか、攻守共にサイドを掌握できない。チームとしてはまだまだ改善の余地はありそうな気がします。

ただ個人個人を見れば、上坂選手の動きや、西村選手、吉田選手のドリブル、林慎選手、CB陣の安定したプレーなど、県内でも高いレベルにあることは間違いありません。あとはチームとしてうまく機能していければ自ずと結果は付いてくると思います。この綾羽戦の内容は完璧とはいきませんでしたが、怪我人の復帰、1、2年生の更なる成長も期待できますし、今後のチームのレベルアップは確実でしょう。


20080920 #03.jpg


次は23日(火)、水口スポーツの森で宿敵・守山北と対戦します。今年度、守山北にはプリンスリーグ、インターハイ予選と連敗を喫しています。もちろん昨年の選手権予選での苦い思い出も含め、このところ草津東の前に立ちふさがる大きな壁となっている相手です。23日は出勤なので観戦に行けませんが、きっと勝ってくれると期待しています。いい知らせを心待ちにしています。

頑張れ、草津東!


posted by T2 at 09:41| Comment(2) | TrackBack(0) | プリンスリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、私も草津東を応援する1人として何時も拝見させていただいております。
また、いつも的確な情報ありがとう御座います。大変ありがたく思っております。

まずはプリンスリーグに向けて1つクリアと言った所ですか・・・。是非、対守山北戦に勝って王手としたいですね!
Posted by おさyan at 2008年09月21日 22:47
>おさyanさん

コメントありがとうございます。レス、遅くなりすいません。

昨日は残念な結果になってしまいましたね。今度こそはといい結果を待っていましたが…。
選手権予選まであと1ヶ月。あっという間にやってきますね。全国目指して一丸となって戦ってほしいと思います!
Posted by T2(管理人) at 2008年09月24日 21:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。