2009年01月18日

2009新人戦決勝トーナメント2回戦 vs.甲西

2009新人戦決勝トーナメント2回戦
 (2009.1.18 Sun @ビッグレイクB)
 草津東 4−2 甲西

20090118 Kusatsu-Higashi.jpg 20090118 Kosei.jpg

昨日から始まった新人戦決勝トーナメント。本日、草津東はビッグレイクで甲西と対戦しました。甲西は昨秋の選手権予選でも対戦し勝利していますが、FW徳永選手を中心とした攻撃力の高いチーム。少しでも集中力を切らすと一気にゴール前に迫られる怖さがあります。

で、試合詳細ですが、すいません、明日にでも。。。


《追記》
遅くなりました。試合を振り返ります。

[草津東スターティングメンバー]

9   10
11           5
23   7

18   3   4   2

1


前半開始10分ほどは一進一退といった感じ。草津東、甲西ともにFW陣がチャンスを迎えるものの、得点には至らず。それでも先制は草津東。12分、吉田選手がPA内でスルーパスを受けると、迫ってきた相手守備陣のプレッシャーを受けながらも強引に突破しそのままシュート。ボールはGK正面に飛びキャッチされるかと思われましたが、その手をかすめるようにネットを揺らしました。主導権を握った草津東は19分に追加点。今度はエース・上坂選手。ゴール正面で山元選手(?)からのパスを受け、そのまま左足を振り抜く。豪快な一撃で甲西を突き放します。

しかし23分、甲西のエース・徳永選手にやられます。ロングボールに守備陣が競り合ったものの、一瞬の隙を突かれ徳永選手にボールを奪われると、そのまま前を向かれGKと1対1に。それをきっちり決められ失点を喫しました。
いやなムードになりかけましたが、その5分後には再び草津東に追加点。中盤でボール奪い一気に速攻を仕掛けます。そして最後は右サイドからのクロスを中央で石黒選手(?)が押し込みました。これで3−1。甲西の反撃の気持ちを挫く貴重な追加点となりました。

後半、選手を次々と交代させながら試合を進める草津東。攻めてはいるもののなかなかシュートまでいけずに苦しみましたが、15分ごろの中西選手のポストを叩いた強烈なミドルシュートなど惜しい場面もいくつかありました。ただ、ゴールの機会は訪れず、そのまま3−1で試合は終盤に進みます。
このまま終わるかと思われましたが、終了3分ほど前にPA内でハンドを犯したとの判定で甲西にPKを与えてしまいます。これを徳永選手に決められ、土壇場でまたもや1点差に詰められます。しかしここで強さを見せる草津東。ロスタイムにCKから止めの1点をもぎ取り4点目。みたび甲西を突き放すことに成功。合計4−2。点の取り合いを制し、草津東は準々決勝進出を決めました。

決勝トーナメント2回戦の結果
 野洲 10−0 栗東・甲南
 膳所 1−0 比叡山
 守山北 2−0 守山
 滋賀学園 2−1 石山
 草津東 4−2 甲西
 八幡 5−1 水口
 八幡商 1(4PK3)1 八幡工
 綾羽 4−2 玉川

決勝TM初戦突破おめでとうございます!
準々決勝では、昨年のインハイ予選、選手権予選に引き続き、またもや八幡とぶつかります。年々スケールアップする実力派のチームです。残念ながら観に行けないのですが、撃破してくれるのを期待しています!

20090118 #01.jpg20090118 #02.jpg
20090118 #03.jpg20090118 #04.jpg
20090118 #05.jpg20090118 #06.jpg
20090118 #07.jpg20090118 #08.jpg
posted by T2 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 県民体育大会(新人戦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。