2009年08月08日

インターハイ奈良大会は本日決勝

先週開幕したインターハイ奈良大会。1週間に渡り、熱戦が繰り広げられていましたが、今日いよいよ決勝を迎えます。

決勝に駒を進めたのは、前橋育英(群馬)と米子北(鳥取)。

前橋育英は昨年度からのレギュラーも多く、各年代の代表候補を揃えるタレント軍団。優勝候補との前評判も高く、ここまで清水商(静岡)、神村学園(鹿児島)、神戸科学技術(兵庫)、大津(熊本)などの有力チームを下してきています。

反対に米子北は失礼ながらまったくのノーマーク。総体ベスト8自体が鳥取県勢としては初めてで、選手権も含めても92年度の米子東以来のことだという快挙です。1回戦では水戸商(茨城)、2回戦では丸岡(福井)という名門チームに快勝。そして3回戦では流通経済大柏(千葉)を5−0と粉砕した久御山(京都)にPK勝ち。完全に波に乗りました。昨日の準決勝ではU-18代表の赤崎選手を擁する佐賀東(佐賀)に2−1で勝利し、ついに決勝までたどりつきました。

両チームともに1週間で6試合目というきつい状態ですが、最後の1試合です。全力を出し切って最高のゲームをしてほしいですね♪
 
 
 
posted by T2 at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | インターハイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。