2009年11月16日

選手権予選終了 

ご無沙汰しています。
パソコンが故障してどうしようかと考えた結果、ようやく新しいのを購入しました。ということで、またブログを再開しますのでよろしくお願いします。

さて、そうこうしている間に選手権予選も終了。今年も野洲が圧倒的な強さを見せつけ優勝を飾りました。全国でも滋賀の代表として活躍を期待したいと思います。

草津東は非常に残念な結果に終わりました。初戦となった2回戦、そして3回戦こそともに大勝しこのまま波に乗っていくかと期待されましたが、準々決勝で古豪・守山に対し延長を終えても得点を奪えず試合はPK戦に。このPK戦も非常にもつれた展開となりましたが、相手GKの好守もあり7−8で敗戦。結局、今大会無失点のまま準決勝への道を阻まれました。

この試合は用事があったため会場の水口スポーツの森へ駆けつけることができず、僕自身は3回戦の伊吹戦が今年度チームのラストマッチとなってしまいました。選手権予選の組み合わせが決まって以来、今年こそ野洲の牙城を崩し選手権に返り咲くことを念頭に置いていましたが、あまりにも早すぎる敗退に非常に残念な想いです。実際のところ、春季総体では野洲を下しインターハイへの出場を決めただけに、タレントの揃う今年に期待は大きいものでした。しかし、準々決勝までくると絶対に勝てる相手なんかは1つもなく、どんなに有利と思っていてもそう簡単にことは進んでいかないもの。やっぱりサッカーは怖いと改めて思いました。守山戦の詳しい内容は分かりませんが、完全に相手のプランどおりにやられてしまったのかなと想像します。

今大会こそ結果としては不本意なものに終わってしまいましたが、この1年間、いい試合をいくつも見せていただいて本当にありがとうございました。特に先述の春季総体決勝・野洲戦のパフォーマンスは感動ものでした。鬼気迫るプレーの数々はしっかりと脳裏に焼きついています。新チームにはこの試合を越え、再び全国への扉を開いてほしいと思います。

頑張れ、草津東!
 
 
 
この記事へのコメント
本日の新人戦の結果です。

前半 1−1
後半 2−0
合計 3−1○

石山高相手に、立ち上がりの攻め込みの逆襲からまさかの失点。その後はボールは支配するものの、初の公式戦のためか、動きの硬い選手達は、ゴール前を固める相手に、中々ネットを揺らすことが出来ず、時間だけが過ぎていきました。このまま0点で前半終了かと思われた残りわずかな時間帯、ペナルティーエリア外から新キャプテン中西選手のミドルが突き刺さり、同点。流れを一機に手繰り寄せる見事なシュートでした。
後半に入ると直ぐに、またしても中西選手のコーナーキックが、ニアからファーに流れたところを酒井選手が落ち着いて決めて勝ち越し。更に同じくコーナーキックから田辺選手が押し込みここで勝負あり。
その後6人の交替枠をフルに使い、試合の雰囲気に慣れさせたこと、苦戦の末に勝利したことが、今日の収穫でしょうか。
石山高のシュートは失点した場面の1本のみでしたが、草東も流れの中からの得点がなしと、課題の多い試合でした。
明日も引き続き新人戦です。今日の悪いところを修正して、年末年始の強化試合、新人戦の続きに向けて、スッキリと勝利して欲しいものです。

頑張れ! 草津東
Posted by 暇人 at 2009年12月19日 16:45
>暇人さん

レポートありがとうございます。事後報告になりますが、本文にて全文使用させていただきました。すいません。。。

まずは公式戦初勝利ですね。体調管理が難しい季節ですが、新チームスタートということで選手も意識が高いと予想します。明日は応援に駆けつけますので、よろしくお願いします。
Posted by T2(管理人) at 2009年12月19日 17:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。