2009年10月31日

2009選手権予選3回戦 vs.伊吹

第88回全国高校サッカー選手権滋賀予選3回戦
 (2009.10.31 Sat @ビッグレイクA)
 草津東 5−0 伊吹


25日から始まった高校選手権滋賀予選。今日は3回戦8試合がビッグレイクと野洲高校で行われました。

初戦の2回戦で河瀬から8点を奪い大勝した草津東は、こちらも1回戦、2回戦と大差で勝ち上がってきた伊吹と大戦しました。

試合は地力に勝る草津東が序盤から主導権を握る展開。吉田選手、田辺選手の突破力を活かしてサイド攻撃を繰り出します。また、ミドルシュートで相手ゴールに襲いかかるなど積極的な姿勢を見せました。しかし、しっかりと守備を固めた伊吹を前にチャンスを決めきれないシーンが続き、流れを断ち切られました。このままスコアレスで前半終了かと覚悟した32分、ようやく先制ゴールが決まります。相手GKからDFラインへのパスが緩いと見ると、そこを見逃さない。すかさず上坂選手と吉田選手が詰め寄りボールを奪います。最後は上坂選手からパスを受けた吉田選手が左足で決めました。さらに38分、再び相手守備陣の隙を突いた上坂選手がPA内で倒されPKを得ます。それを自らがゴールに沈め、20で前半を折り返します。

後半も草津東ペース。10分、後方からのパスをPAに入った付近で相手GKに競り勝ったエース・上坂選手が無人のゴールに流し込み3点目とします。これで勝負あり。意気消沈する伊吹を尻目に、17分には、石黒選手がPA内でファールを受け草津東にとってこの試合2つ目のPKを獲得。これを石黒選手自らが決めて40としました。さらに21分、ディフェンスラインから長めのスルーパスが出ると、反応したのは再び石黒選手。きっちりとゴール右隅に突き刺しました。このあと、次戦以降を見据え選手を次々と入れ替える草津東。カウンターや自らのミスにより何度かピンチを招きましたが、失点することもなく合計50の快勝で3日の準々決勝に駒を進めました。
 
 
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133060182
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。