2009年12月21日

2010新人戦1次リーグ第2節 vs.瀬田工

2010新人戦1次リーグ第2節
 (2009.12.20 Sun 11:30 @北大津高校G)
 草津東 4−1 瀬田工
20091220001.JPG 20091220002.JPG


新チームになり最初の公式戦である県民体育大会(新人戦)。昨年度の大会から大会方式が変わり、まず野洲を除く参加41チームが予選リーグを戦い、その上位2チームが決勝トーナメント進出。決勝トーナメントは野洲を加えた23チームが県内の新年度の最初のタイトル獲得を目指し戦いを繰り広げます。

1次リーグ第2節を迎えた昨日、草津東は瀬田工と対戦しました。前日の第1節では石山を3−1で下し新チーム初勝利を挙げていますが、当然連勝を狙いたいところです。

詳しいスターティングメンバーは保護者会様のHPをご覧ください。旧チームでもレギュラーを獲得していた新10番・石黒選手など、Aチーム公式戦に出場経験のある選手が多く揃います。吉川選手の1TOPではあるものの石黒選手や田辺選手らが次々に前線に飛び込んでいく形。新キャプテン5番の中西選手がタクトを振るいゲームをつくり、サイド攻撃を仕掛けていきます。

前半風上に立った草津東。ほぼ主導権を握り試合を優位に進めます。しかし、序盤は攻めてはいるもののシュートらしいシュートが打てない状態。瀬田工はがっちりとした体格の選手が多く、球際にきっちりと食らい付いてくるため、全体的に微妙にずれてしまった、という印象を持ちました。

それでもそれに慣れてくると、いい形でフィニッシュに持っていきます。瀬田工のGK中井選手(?)が好セーブ連発でなかなか先制点を挙げることができませんでしたが、20分過ぎついにゴールを奪います。左サイドで縦パスを受けた選手(誰か確認できず)がそのままドリブルで持ち込みシュート。一旦はGKにストップされますが、そのこぼれ玉を中西選手が詰めました。

その3分後にはゴール正面でFKを得ます。直接狙うには少し遠い気はしましたが、風上ということもあり思い切ってシュートを選択することも十分考えられました。瀬田工守備陣もシュートを警戒していたと思います。しかし、その裏を突いたキッカーの中西選手。ゴール前のスペースへチップキックでボールを出すと、そこに走りこんだのは酒井選手。素晴らしい連携で難なくゴールを陥れました。

後半サイドが変わり風下になったこともあり、前半より少し押し込まれる展開が多くなりましたが、10分ごろに追加点を挙げます。右サイドのスローインをFW吉川選手が受け、そのまま角度のないところから思い切り打ちました。それがネットに突き刺さり3点目。試合を決めました。

その後、スピードのある瀬田工の10番・田村選手(?)に1点を返され2試合連続の失点となったのは残念ですが、終盤に4点目。右サイド、ゴールラインギリギリのところからクロスを上げると、相手DFの足をかすめたことによりGKにとっては難しい回転がかかってしまったのか(そう見えました)、パンチングミスを誘いボールはゴールに吸い込まれました。試合はそのまま4−1で終了。決定力不足なところなども見えましたが、無難に2連勝を飾りました。これで決勝トーナメント進出が確定です。

正直なところ、ベスト8の常連チームなどと戦ってみないと現在の実力などは分かりません。ということで、決勝トーナメントでの戦いは内容と結果ともにかなり期待して観ていきたいと思います。そして是非、優勝を勝ち取ってほしいと思います。

頑張れ、草津東!




posted by T2 at 22:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 県民体育大会(新人戦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しい解説を有難うございます。

今年の草東は、例年と違い、守備陣(とういか全体的に)小柄な選手が多く、今までの印象とは少し違うようにもみえますが、選手個々の個性と長所を生かし、システムも4−4−2から4−3−3(4−5−1?)へ変化し、サイド攻撃中心というよりも、センターラインからも崩せるという印象です。
これはいつもの草東と同じですが、決定力不足というよりも、泥臭い得点が少ないのは選手達の気持なのか、伝統なのか?。ファンとしては、もう少し、気持ちを前面に出した戦いをして欲しいと思うのですが・・・?。

1点目のシュートを打ったのは、確か吉川選手だったと思います。
また、4点目のクロスを上げたのは、途中出場の1年生の田内選手です。
1年生は、他にCBでスタメンを張る中田選手と1試合目にもスーパーサブで登場の榎選手が出場してます。全国的にプラチナ世代と呼ばれる高2世代ですが、他チームもこの学年には素晴らしい選手が多く、その中で頂点に立つのは簡単なことではありません。1試合、一試合、成長して、私達サポーターに感動を与えて欲しいものです。

頑張れ草津東!。
Posted by 暇人 at 2009年12月22日 08:25
>暇人さん

ありがとうございます。
確かに小柄な選手が多いみたいですね。でも、前線には技術が高くスピードのある選手がたくさんいて、新しいシステム挑戦はとても魅力的です。
新年度ももいろんな大会があるなか成長していって、面白い試合をどんどん見せてほしいと思います。
Posted by T2(管理人) at 2009年12月24日 00:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136226880
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。