2008年01月27日

【試合リポート】2008新人戦準決勝 草津東×野洲

2008新人戦準決勝
 (1/26 Sat 11:30 @ビッグレイクBコート)
 草津東 2−4 野洲
20080126-kusatsu-higashi.jpg 20080126-yasu.jpg

遅くなり申し訳ありません。土曜の準決勝の試合リポートです。
この日は前日に引き続きかなりの雪に見舞われた滋賀県内。ビッグレイクも辺り一面雪化粧。除雪作業などの関係で時間を30分遅らせての試合開始となりました。

県内最大のライバルである野洲との一戦に挑む草津東の先発メンバーは以下の通りです。

上坂(25)     西村(11)

古屋(14)   梅景(10)   佐薙(16)

大谷(6)    渡辺淳(7)

吉上(12)   *北川(4)   林直(3)

林慎(1)

【交代】
35分:佐薙(16)→吉田(20)
55分:大谷(6)→若吉(5)
55分:梅景(10)→渡辺宏(8)
62分:古屋(14)→西山(19)

おそらく現時点でのベストメンバーではないかと思われます。対する野洲はここまでと同じくAサブチームでした。

試合は開始3〜4分ほどは様子見というかこう着状態。互いに中盤での潰し合いが続きます。しかし5分、草津東が最初のチャンスを掴みます。左サイドからのクロスを西村選手が合わせる。しかしシュートはポストの右へ。さらに10分、右サイドで佐薙選手→西村選手とつなぎ、ボールは再度佐薙選手へ渡るとPA内で野洲GKとほぼ1対1に。しかしこのシュートもブロックされて得点はなりません。それでも攻撃的な姿勢が十分にみられ、野洲を苦しめました。

しかし10分過ぎから徐々に野洲にペースを掴まれます。野洲のボランチ・中川選手、司令塔の卯田選手を中心としたパスサッカー、そして野洲の前線からのプレスに草津東は揺さぶられ、立ち上がりのリズムを失いました。すると21分、CKから失点。ゴール前への精度の高いボールに競り勝てず野洲に先制点を与えてしまいます。その後、上坂選手のシュート性のクロスがゴール前を横切るという得点機を迎えたり、逆に野洲のサイド攻撃にヒヤッとしたりと、互いに見せ場を作りましたが、野洲優勢まま0−1で前半を終えます。

後半、草津東は右サイド16番の佐薙選手に代えドリブルが得意な吉田選手を投入。その吉田選手を左サイドに据え、前半その左にいた古屋選手を右に移動。攻撃を活性化させていきます。すると13分、中盤からポンと前線に出された縦パスにタイミング良く西村選手が飛び出しGKと1対1に。これを冷静に決めて同点に追いつきます。

この勢いのまま一気に畳み掛けたい草津東でしたが、その4分後にあっさりビハインドとなる失点を喫してしまいます。原因はDFラインのパス回しでのミス。相手にボールを渡してしまい、そこから正確なミドルシュートを決められました。この試合を通じてバックラインから中盤でのつなぎがスムーズではなかったため、ちょっとしたミスが致命傷にならなければいいなと思っていましたが、それが現実となってしまいました。

これで草津東は完全に劣勢の状況になりました。1分後には3失点目を与えてしまいます。右サイドにスルーパスを通され、野洲のドリブラー・松永選手に守備陣をズタズタに切り裂かれました。そして最後は角度のないところから強烈なシュートが草津東ゴールに突き刺さりました。さらにその2分後の20分には、中央を崩されて4点目を献上。集中力が切れてしまい万事休すとなってしまいました。その後25分に途中出場の吉田選手の見事な切り替えしが光る綺麗なゴールが決まったものの、時すでに遅し。上坂選手の俊足を活かし前線へパスを出し反撃の糸口を見出そうとしていましたが、それも単発で攻撃としてはアイデア不足。結局2−4で敗戦。因縁の野洲との試合にまた敗れることとなってしまいました。



野洲と比べると完成度はまだまだだと感じました。野洲のプレスに苦しんだ草津東はマイボールになっても全くと言っていいほど余裕を与えられませんでした。そのため失点につながった場面に象徴されるように、DFラインや中盤での苦し紛れの危険なパス回しをせざるを得ない状況になりました。チーム全体として意思統一が図られていれば、中盤の選手ももっといい形でボールをもらえたはず。そしてもっとスムーズに前線へボールを供給できていたのでないかと思います。

ただ今シーズンはまだ始まったばかり。この試合を通じて多くの課題が露呈したと思いますが、今後それをしっかりと改善して、次の公式戦となるプリンスリーグにつなげていってほしいと思います。個々の能力に関してはかなり高いものを持っています。この悔しい思いをばねに春には成長した草津東イレブンを見せてくれると期待しています。

頑張れ、草津東サッカー部!



20080126-01.jpg

20080126-02.jpg

20080126-03.jpg

20080126-04.jpg

20080126-05.jpg

20080126-06.jpg


2008新人戦準決勝
 (1/26 Sat 13:30 @ビッグレイクBコート)
 守山北 1−0 北大津
準決勝のもう1試合。この試合の勝者がプリンスリーグ出場となるため非常に厳しい戦いとなることが予想されました。僕もこの試合は何とか観ようと思っていたのですが、あまりの寒さと若干の体調不良もあって断念しました。
試合は期待通り激しいものとなったようですが、守山北が貫録勝ち。2001年の前身のプーマカップ以来7年ぶり2度目のプリンスリーグ出場を決めました。おめでとうございます!
posted by T2 at 22:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 県民体育大会(新人戦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雪のおかげで試合開始に間に合いよかったです。ホッ…
草津東は何人か体調の悪い子も出ていたようですが…
それにしても…野洲の貫禄を見せ付けられてしまいましたね。
あれでÅサブですからね…汗
草津東は新チームで起動したばかり!
これからの成長を楽しみにします♪
Posted by haha at 2008年01月29日 10:23
>hahaさん

寒い中、お疲れ様でした。
内容はまだまだでしたけど、これから期待させてくれそうな部分もたくさんあって、とても楽しみです。
2月、3月は中日本スーパーリーグ、春休みもどこかに遠征するのかな?プリンスで活躍できるように頑張ってほしいですね!!
Posted by T2(管理人) at 2008年01月29日 20:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。