2010年11月03日

2010選手権予選準々決勝 vs.比叡山

第89回全国高校サッカー選手権滋賀予選準々決勝
 (2010.11.3 Wed 11:00 @ビッグレイクB)
 草津東 2−0 比叡山

20101103001.JPG 20101103002.JPG


大変長らくご無沙汰しております。5ヶ月もの間、まったく更新できなかったのにも関わらず、連日たくさんのアクセス、本当にありがとうございます。本日より当ブログを再開したいと思いますので今後ともよろしくお願いいたします。


さて、先月より始まった秋季高校総体(高校選手権滋賀予選)。第83回大会以来、6年ぶりの選手権出場を目指す草津東はインターハイ滋賀予選の覇者として今大会に臨んでいます。2回戦から登場した草津東は、米原を9−0、次の3回戦では立命館守山を7−0と大差で下し順調に今日の準々決勝へ駒を進めてきました。結果を見ると幸先の良いスタートを切っているようです。

今日の準々決勝の相手は県内各大会上位の常連である比叡山。この辺りからはミスひとつが命取りになるような厳しい戦いが続くことになります。といえども、まだ、ある程度の力の差はあるはず。楽に勝てる試合になるとは思いませんが、今後、自信を持って更なる強豪に挑めるように内容のあるゲームを期待したいところです。

試合は序盤から草津東が攻勢。得意のサイド攻撃を繰り出し比叡山ゴールに迫ります。何度かチャンスを作り得点を予感させた7分、右サイドで鮮やかなワンツーで田邊選手(?)がPA内に侵入すると相手DFに倒されてPKを獲得します。これをエース石黒選手が確実に決めて先制しました。

20101103003.JPG

比叡山の攻撃はボールを奪ったら草津東ディフェンスラインの裏に蹴り出し、それを前線の選手が追いかけるというものがほとんど。それほど怖さは感じませんでした。しかし徐々にボールをつなげるようになると、草津東にもピンチが訪れます。25分頃には、守護神・村上選手が枠の外へ掻き出し難を逃れた逃れたものの、ゴール正面で完璧に頭で合わされる危ないシーンもありました。

1−0で迎えた後半も草津東のペースで試合は進みますが、守備の意識が高くしっかりと中央を固めた相手に、ゴールを匂わすほどのフィニッシュに持ち込めない展開が多くなります。密集したゴール前にラストパスを送るも、かなりの精度の高さがないと決定機には至らない。ミドルシュートも大きく枠を外すものが何本もありました。また、強風の影響があったかもしれませんが、もう少しセットプレーにも工夫がほしいところ(次戦以降を考え隠しているのかもしれませんが)。チャンスは個人技での打開によるものが多くを占め、組織で崩すという点では少々物足りないところがありました。(久々に試合を観て、それなのに偉そうに書いて申し訳ありません。)

そうこうしていると後半中頃にはサイドの選手を完全にフリーにしてしまい、最終的にシュートがバーを叩くというヒヤヒヤした場面も。1点差ということを考えると、あまり余裕のない展開となります。それでも、最後は試合巧者というか経験の差というか、草津東がしっかりと2点目を挙げ勝負を決めます。74分、相手のFKを防いでカウンター。ハーフウェイライン付近でボールを受けた石黒選手がそのままドリブルでPAの少し外まで持ち込むと、最後は左足を振りぬきゴール右隅に突き刺しました。

20101103004.JPG

結果は2−0。まだまだ本領発揮とは言えない試合になりましたが、今後、準決勝、決勝と、一戦ごとに力強さを発揮していってほしいところです。



その他の試合結果
 綾羽 3(延長)2 八幡商
 八幡 3−2 滋賀学園
 野洲 4−1 水口

これにより準決勝の相手は綾羽と決まりました。過去公式戦で毎年のように対戦し勝利を収めているものの、どの試合も内容は僅差。今回もほんの小さな差が最終的に結果を左右するような緊迫した試合になりそうです。ただ、そういった試合を経験し乗り越えてこそチーム力は上がるはず。今季の草津東にとって最も大事な試合です。期待したいと思います。

頑張れ、草津東!


20101103005.JPG
20101103006.JPG
20101103007.JPG
20101103008.JPG
20101103009.JPG
20101103010.JPG

2009年11月16日

選手権予選終了 

ご無沙汰しています。
パソコンが故障してどうしようかと考えた結果、ようやく新しいのを購入しました。ということで、またブログを再開しますのでよろしくお願いします。

さて、そうこうしている間に選手権予選も終了。今年も野洲が圧倒的な強さを見せつけ優勝を飾りました。全国でも滋賀の代表として活躍を期待したいと思います。

草津東は非常に残念な結果に終わりました。初戦となった2回戦、そして3回戦こそともに大勝しこのまま波に乗っていくかと期待されましたが、準々決勝で古豪・守山に対し延長を終えても得点を奪えず試合はPK戦に。このPK戦も非常にもつれた展開となりましたが、相手GKの好守もあり7−8で敗戦。結局、今大会無失点のまま準決勝への道を阻まれました。

この試合は用事があったため会場の水口スポーツの森へ駆けつけることができず、僕自身は3回戦の伊吹戦が今年度チームのラストマッチとなってしまいました。選手権予選の組み合わせが決まって以来、今年こそ野洲の牙城を崩し選手権に返り咲くことを念頭に置いていましたが、あまりにも早すぎる敗退に非常に残念な想いです。実際のところ、春季総体では野洲を下しインターハイへの出場を決めただけに、タレントの揃う今年に期待は大きいものでした。しかし、準々決勝までくると絶対に勝てる相手なんかは1つもなく、どんなに有利と思っていてもそう簡単にことは進んでいかないもの。やっぱりサッカーは怖いと改めて思いました。守山戦の詳しい内容は分かりませんが、完全に相手のプランどおりにやられてしまったのかなと想像します。

今大会こそ結果としては不本意なものに終わってしまいましたが、この1年間、いい試合をいくつも見せていただいて本当にありがとうございました。特に先述の春季総体決勝・野洲戦のパフォーマンスは感動ものでした。鬼気迫るプレーの数々はしっかりと脳裏に焼きついています。新チームにはこの試合を越え、再び全国への扉を開いてほしいと思います。

頑張れ、草津東!
 
 
 

2009年10月31日

2009選手権予選3回戦 vs.伊吹

第88回全国高校サッカー選手権滋賀予選3回戦
 (2009.10.31 Sat @ビッグレイクA)
 草津東 5−0 伊吹


25日から始まった高校選手権滋賀予選。今日は3回戦8試合がビッグレイクと野洲高校で行われました。

初戦の2回戦で河瀬から8点を奪い大勝した草津東は、こちらも1回戦、2回戦と大差で勝ち上がってきた伊吹と大戦しました。

試合は地力に勝る草津東が序盤から主導権を握る展開。吉田選手、田辺選手の突破力を活かしてサイド攻撃を繰り出します。また、ミドルシュートで相手ゴールに襲いかかるなど積極的な姿勢を見せました。しかし、しっかりと守備を固めた伊吹を前にチャンスを決めきれないシーンが続き、流れを断ち切られました。このままスコアレスで前半終了かと覚悟した32分、ようやく先制ゴールが決まります。相手GKからDFラインへのパスが緩いと見ると、そこを見逃さない。すかさず上坂選手と吉田選手が詰め寄りボールを奪います。最後は上坂選手からパスを受けた吉田選手が左足で決めました。さらに38分、再び相手守備陣の隙を突いた上坂選手がPA内で倒されPKを得ます。それを自らがゴールに沈め、20で前半を折り返します。

後半も草津東ペース。10分、後方からのパスをPAに入った付近で相手GKに競り勝ったエース・上坂選手が無人のゴールに流し込み3点目とします。これで勝負あり。意気消沈する伊吹を尻目に、17分には、石黒選手がPA内でファールを受け草津東にとってこの試合2つ目のPKを獲得。これを石黒選手自らが決めて40としました。さらに21分、ディフェンスラインから長めのスルーパスが出ると、反応したのは再び石黒選手。きっちりとゴール右隅に突き刺しました。このあと、次戦以降を見据え選手を次々と入れ替える草津東。カウンターや自らのミスにより何度かピンチを招きましたが、失点することもなく合計50の快勝で3日の準々決勝に駒を進めました。
 
 
 

2009年10月24日

いよいよ明日、選手権予選開幕!

ご無沙汰しております。

今シーズンも終盤戦に入りました。明日からいよいよ高校選手権滋賀予選が開幕。今年最後の大舞台を目指して熱戦が繰り広げられていきます。

インターハイ滋賀チャンピオンとして今大会に臨む草津東は1回戦はシード。29日(木)の2回戦から登場し、河瀬高校と対戦します。2004年度の第83回大会以来となる5年ぶり8度目の出場なるよう、今年こそ県を突破してほしいと思います。

明日は1回戦15試合が各会場で行われます。組み合わせは以下の通りです。

 高島×伊吹
 水口
×栗東
 光泉
×国際情報
 長浜北
×八日市南
 近江
×信楽
 近江兄弟社
×伊香
 瀬田工
×比叡山
 玉川
×日野
 彦根工
×北大津
 草津
×甲南
 湖南農
×安曇川
 石山
×堅田
 長浜
×立命館守山
 八幡
×彦根東
 米原
×大津商

名門・水口、伏兵・八幡はそれぞれ栗東、彦根東と初戦を迎えます。草津東の前監督・小林茂樹氏率いる石山は堅田と対戦。上位進出を目指し、初戦を内容の伴った勝利がほしいところです。ここ数年の県内の大会で何度も上位進出の経験のある高島と伊吹の試合は1回戦屈指の好カード。順当にいけば、この勝者が3回戦の草津東の対戦相手となりそうです。


全国各地ではすでに予選がかなり進んでおり、福井と山形では代表校が決定しました。福井は名門。丸岡が、山形は山形中央がそれぞれ県予選を制し選手権出場を決めています。その他の都道府県でも準決勝、準々決勝まで進んでいるところも多く、青森山田、佐賀東など強豪が順調な勝ち上がりを見せているようです。
 
 
 

2009年09月20日

2009高校選手権滋賀予選組み合わせ決定!

今年度のハイライト、高校選手権滋賀予選の組み合わせが決定しました。

 【トーナメント表@滋賀県サッカー協会】

インハイ予選優勝の草津東は第一シードとして2回戦から登場。その相手は河瀬に決まりました。
初戦は10月29日(木)。あと1ヶ月ちょっとです。今年こそ選手権へ返り咲けるよう、しっかり調整してほしいと思います。


【追記】

詳細が発表されました。

 
試合日・時間
対戦相手
会 場
備考
1回戦10.25(日)  シード
2回戦10.29(木) 9:30河瀬ビッグレイクA 
3回戦10.31(土) 10:00能登川or高島or伊吹ビッグレイクA 
準々決勝11.3(火) 11:00 水口スポーツの森 
準決勝11.7(土) 12:05 皇子山競技場 
決勝11.14(土) 12:10 皇子山競技場 


 
 
 

2008年11月10日

2008年11月09日

2008高校選手権滋賀大会準決勝 vs.野洲

全国高校サッカー選手権滋賀大会準決勝
 (11/8 Sat 12:05 @皇子山陸上競技場)
 草津東 0−3 野洲
20081108 Kusatsu-Higashi.jpg 20081108 Yasu.jpg

選手権予選準決勝。会場は、ここ数年、草津東にとってはつらい思い出の舞台となっている大津市・皇子山陸上競技場。今年こそはリベンジを果たそうと優勝候補No.1の野洲に挑みましたが、残念ながら0−3の敗戦。再び皇子山で夢はついえました。


[草津東スターティングメンバー]

上坂(11)   木村(9)

西村(7)       渡邊宏(8)

大谷(6)   渡邊淳(5)

西ア(12) 林直(4) 北川(3)* 佐薙(2)

林慎(1)


野洲は今大会ダントツの優勝候補。そして初戦から大量得点かついまだ無失点で勝ち上がってきていることもあり、草津東としても厳しい展開が予想される中でのスタートとなりました。

開始数十秒、いきなりピンチが訪れる草津東。まずは左サイドを破られる。これは右に流れていきますが、そこからクロスを許す。最終的にはGK林選手がキャッチするものの、野洲の攻勢に肝を冷やします。その後も流れは野洲。10分過ぎには、オフサイドの判定で無効となったもののゴールネットを揺らされてしまうなど野洲の強さに劣勢を強いられる状況です。時おり草津東にもチャンスが訪れるものの、その多くは単発に終わります。

すると22分、ついに失点。左サイドに走りこまれた野洲のエース・坂本選手にロングボールが渡ると、そのままPA内侵入を許します。北川選手が対応しGK林選手も飛び出ますが、鋭い切り替えしとそこを見計らったループシュートという坂本選手の巧みな技にやられました。

意気消沈しかねない草津東でしたが、30分過ぎからペースを掴みます。多くの選手を経由したパス回しから最後は佐薙選手がシュート。さらにはゴール前で大谷選手から上坂選手へ決定的なパスが渡りそうになるなど、リズム良く攻撃を展開していきました。しかしなかなか野洲のゴールを割ることができず、そのまま0−1で前半を折り返します。


後半から草津東はFW木村選手に代えスーパーサブ・吉田選手を投入。いち早く同点に追いつこうと積極的な姿勢を見せます。その吉田選手のドリブルを中心に果敢な攻めを見せる草津東でしたが、10分、坂本選手に追加点を許してしまい0−2。そのあと草津東の攻撃。右からのクロスを、ゴール前、フリーで待ち構えた西村選手がヘディングシュートを放つもバーを越えてしまいます。逆に14分、再び坂本選手に得点を許し0−3となると、もう後がなくなります。

20分ごろに吉田選手のミドルシュートがポストを叩くなど惜しいシュートがあったものの、その後はゴール前に迫るのが精一杯という状況。10番・梅景選手、1年生のFW吉川選手を投入し何とか打開しようとするも大きな効果を得られるまではいきません。そのままの状態で刻一刻と終了時間が近づいていく試合。敗戦が濃厚になりますが、キャプテン北川選手を中心に最後まであきらめずに互いに鼓舞し続け、1点でも返そうと意地を見せます。しかし、3分のロスタイムを終えると無情のタイムアップ。今大会に終わりを告げる笛が吹かれました。


20081108 #01.jpg


3年生としてはこの試合がラストゲームとなってしまいました。彼らには本当にお疲れ様と言いたいです。今年は県内主要3大会にて、ついにベスト4の壁を越えることができませんでした。名門であるがゆえ、その結果に対して風当たりの強さもあったことと思います。そんな中でも最後の大会に賭ける意気込みは初戦の彦根東戦からこの野洲戦に至るまでひしひしと伝わってきました。結果は準決勝敗退という残念なものになりましたが、気持ちの入ったプレーひとつひとつに感動し楽しませてもらいました。本当にありがとうございました。

これからそれぞれが異なる道を進んでいくと思いますが、草津東での経験を活かして大きく羽ばたいていってほしいと思います。草津東の誇りを忘れずに頑張ってください!


そして、1、2年生は来シーズンこそ全国出場という目標を達成できるよう、より一層強くなってくれることを期待しています。もうスタートは切られています。草津東の名をまた大きくとどろかせられること、願っています。頑張れ、草津東!



(なんか、上手く言葉が見つからなくてすいません。。。試合のことも含めて書きたいことはもっとあったはずなんですが、なかなか筆が進まない…というかキーボードが打てない。また日を改めて書ければと思います。)

2008年11月08日

【速報】選手権予選準決勝

草津東×野洲

前半0−1
後半0−2

合計0−3

残念ながら今年も皇子山で敗退。雪辱果たせず。

2008年11月07日

いよいよ明日!選手権予選準決勝

2008 semi-final.png



いよいよ明日に迫った全国高校サッカー選手権滋賀県大会準決勝。県内最大のライバル・野洲との大一番です。


思えば、今年の草津東は思うような結果は出せませんでした。新人戦もインターハイ予選もベスト4止まり。関西に再び草津東の名をとどろかせるチャンスだったプリンスリーグも8チーム中7位。なかなか形にならず結果を出せない草津東のサッカーに不安が募りました。

しかし、選手権予選を前にチームは変化を遂げ、練習試合等で好調な仕上がりを見せます。今大会まで残った3年生、チームに大きなアクセントを与える2年生、そして新鮮な力を発揮する1年生。みんながひとつになりチーム力は格段に向上しました。そして今大会に入ると2回戦、3回戦と続けて完勝。準々決勝は苦戦したものの打ち合いを制し、今年も皇子山に駒を進めてきました。

明日の相手・野洲は選手権優勝時のチームよりも高い評価を受ける強烈なチームです。今大会、ここまでまったく敵なしの状態で勝ち上がってきました。死角なし、とは言い過ぎかもしれませんが、県内のチーム相手ならそれに近い強さを誇るはずです。

ここ数年、滋賀のサッカーを引っ張ってきた「ライバル」とは言え、草津東も苦戦するでしょう。しかし、勝つチャンスはいくらでもあるはず。そのためにここまで頑張ってきたのだから。

絶対に気持ちで負けないこと。メンバーに入れなかった選手、引退した選手等々、皇子山のピッチに立てなかった仲間のためにも、すべてを出し切ってほしいと思います。そして、この試合を心から楽しんでください。素晴らしい熱戦を期待しています。


頑張れ、草津東!
全国に行くために、明日も絶対勝とう!

2008年11月03日

2008高校選手権滋賀大会準々決勝の結果

本日行われました高校選手権滋賀大会準々決勝の結果は以下の通りとなりました。

 草津東4−3(前半1−1)八幡

試合は開始早々に失点するという苦しい試合。前半のうちに追いつき、後半に逆転。しかし八幡に追撃を許し、最終的には4−3と慌ただしい展開となった模様です。残念ながら今日は応援に行けませんでしたので、試合詳細等は書けません。ご了承ください。後日(土日ぐらいに)、写真のみ追加させていただきます。

とにかく、準決勝進出おめでとう!


準々決勝その他の結果
 野洲 6−0 八幡商
 綾羽 1−0 膳所
 水口 1(5PK4)1 守山北

野洲は貫録勝ち。綾羽はもしかすると初のベスト4進出?
そして注目の古豪対決は水口が制す。守山北は今年は皇子山への道は閉ざされました。

これにより、11/8(土)に皇子山陸上競技場で行われる準決勝の組み合わせが決まりました。
 12:05〜 野洲×草津東
 14:00〜 綾羽×水口  

ついに来ました。草津東にとって全国出場のためには絶対避けては通れない相手・野洲との対戦です。
今年の野洲は県内はもとより全国での優勝も狙えるだけの実力を誇るビッグチーム。苦戦は必至の状況ですが、ここ数年の借りを返すためにも、すべてをぶつけるつもりでこの試合に挑んでほしいと思います。

頑張れ、草津東!


2008 semi-final.png

2008年11月01日

2008高校選手権滋賀大会3回戦 vs.甲西

全国高校サッカー選手権滋賀大会3回戦
 (11/1Sat 10:00 @ビッグレイクBコート)
 草津東 4−0 甲西
20081101 Kusatsu-Higashi.jpg 20081101 Kosei.jpg

今日はビッグレイクと野洲高校で3回戦計8試合が行われました。ビッグレイクBコートの第1試合に登場した草津東は、1回戦、2回戦と伏兵対決を制し勝ち上がってきた甲西と対戦。見事に4−0と快勝し、準々決勝に駒を進めました。



20081101 #01.jpg


序盤2〜3分ほどは甲西が押し込んできます。注目のFW徳永選手が立て続けに草津東ゴールに接近してきました。しかしそれを凌ぐと反撃。4分、大谷選手が中盤でボールを拾うとワンツーで抜け出しミドルシュート。ミートしきれずGKにキャッチされましたが、このシュートを皮切りに草津東はペースを掴んでいきます。

攻撃で輝いたのは右サイド。渡邊宏選手のキープ力を発揮。そして佐薙選手が積極果敢にオーバーラップを仕掛け相手陣内深くまでドリブルを仕掛けていきます。さらにこの試合スタメンに起用された吉田選手が右に左に縦横無尽に動き回りチャンスを導き出していきました。すると14分、その吉田選手が倒され右コーナー付近でFKを得ます。渡邊宏選手の蹴ったボールはゴール前の絶妙な位置に上がります。それを頭で叩きつけた林直選手?北川選手?渡邊淳選手?(確認できませんでした)。ゴールかと思われましたが、甲西GKが横っ飛びで間一髪ビッグセーブ。草津東待望の先制弾は奪えませんでした。

と悔しがっていると、こぼれたところから一気にカウンターを受けます。草津東の左サイドへ走りこんだ徳永選手にボールが渡ると、中央でフリーだった10番・宮崎選手へすかさずラストパスが入ります。GKと1対1という絶体絶命の状況。しかし守護神・林慎選手がタイミングよく飛び出しコースを切ると、宮崎選手の浮かし気味のシュートは枠を逸れていきました。

危うく先制を許してしまうところしたが、その後再び攻勢を強める草津東。パスをしっかり回してリズムを作っていきます。そして22分、ついに先制。ゴール前に出たボールに西村選手が突っ込んでいきます。相手GKも出てきたため止められてしまいますが、こぼれたボールは浮き玉となって甲西DFの前へ。それを甲西DFがクリアしますが、キックミスとなり高くふらふらと上がってそのままゴールイン。幾分ラッキーとも言える形で草津東に先制点が転がり込んできました。

これで意気上がる草津東。34分には渡邊宏選手が高い位置で相手のパスをインターセプト。そして左前方のスペースへ走り込んだ木村選手へスルーパスを送ります。受けた木村選手はこれをしっかり決めました。草津東はリードを2点に広げ前半を終えます。


20081101 #02.jpg


後半開始早々に左サイドを甲西9番・林選手にえぐらるピンチ。その折り返しを徳永選手にゴール前で詰められるという、またまた相手に超決定機を与えますが、シュートミスに助けられた形となりました。このことで集中しなおした草津東は落ち着いて試合を展開していきます。再び吉田選手や渡邊宏選手のドリブルや両サイドのオーバーラップ、セットプレーでチャンスを迎えていきました。

そして61分に追加点が入りました。決めたのは吉田選手。ハーフウェイライン付近でボールを受けると1人で持ち込んでいきます。DF2枚を引きずりながらのドリブルでPA内に侵入。そして最後は左足で角度のないところから逆サイドのゴールネットに突き刺しました。甲西の息の根を止めるスーパーゴールです。さらに63分、途中出場の1年生・石黒選手がPA内で倒されてPKもらいます。これを自らが決めて4点目。駄目押しとなりました。試合はそのまま4−0で終了。ダークホース的な存在・甲西に快勝です。


20081101 #03.jpg


2度の被決定機を決められていたらと思うとゾッとしますが、その他の場面は余裕を持って観ていられました。甲西自慢の攻撃陣に対してはしっかりとプレスを掛け好き勝手にさせないなど(確かに徳永選手に前を向かれると脅威を感じましたが)、自分たちの持ち味を発揮しつつ相手の長所も消していき勝利を掴みました。安定感の高いサッカーを見せられたと思います。

次の準々決勝の相手は八幡に決まりました。八幡はエース・森下選手を中心に高い攻撃力を誇るチーム。中学年代の強豪クラブ・FC湖東出身の1年生が大量にメンバー入りしたこともあり注目を集めています。インターハイ予選準々決勝でも対戦し、西村選手のゴールで1−0と勝っていますが、そのときとはまた別のチームになっているでしょう。もちろん草津東もそのときと比べてスケールアップしていますので、とても楽しみな一戦になりそうです。

残念ながらこの試合は観戦に行けませんが、勝利の報告楽しみにしています!



3回戦の全結果はこちら
ここまで終わってみれば、インターハイ予選の8強のうち高島が膳所に変わっただけで、他はすべて同じ顔ぶれとなりました。強豪が順当に勝ち進む波乱の少ない大会となっています。勝負はここからですね。

準々決勝の組み合わせ(11/3)
 ・野洲×八幡商 @水口スポーツの森 11:00
 ・八幡×草津東 @ビッグレイクB 11:00
 ・綾羽×膳所  @水口スポーツの森 13:00
 ・水口×守山北 @ビッグレイクB 13:00


 
写真はこちら。

【速報】選手権予選3回戦

草津東×甲西

前半2−0
後半2−0

合計4−0

草津東快勝!
準々決勝は立命館守山を下した八幡と。

2008年10月31日

2008高校選手権滋賀大会2回戦 vs.彦根東

全国高校サッカー選手権滋賀大会2回戦
 (10/30Thu 14:50 @ビッグレイクAコート)
 草津東 11−0 彦根東
20081030 Kusatsu-Higashi.jpg 20081030 Hikone-Higashi.jpg

シード校の登場した昨日の2回戦。4年ぶりの選手権出場を狙う草津東は、ビッグレイクで彦根東と対戦しました。遅くなりましたが、簡単に試合リポートです。

彦根東は1〜2年生のみのメンバー編成のため実力は未知数ながらも、2007年初頭の新人戦でベスト4に入った実績もある侮り難い相手。もちろんそのときのメンバーは残っていませんが、今回草津東に一泡吹かせようとモチベーションは高いと予想されます。

迎え撃つ草津東は怪我人も復帰しこの大会にベストの状態で臨む。先月のプリンスリーグ出場決定戦まではチームとしての完成度はまだまだでしたが、今月に入り練習試合で関西の強豪チーム相手になかなかの仕上がり具合を見せていたようで、今大会に期待が膨らみます。

20081030 #01.jpg

試合は序盤から草津東が主導権を握ります。開始早々から相手陣内に攻め込んでいきチャンスを量産しました。先制点は5分、ゴール前でボールを受けた上坂選手が決め幸先よくスタートします。その後も思い描いたとおりに試合を展開させていった草津東。17分に大谷選手からのスルーパスを受けた渡辺宏選手のシュートが決まり2点目。19分には佐薙選手、23分には木村選手が決めて早くも試合を決定付けました。

草津東は個人の突破に頼るだけではなく、グループで相手を崩す形がたくさん見られました。中盤でのボールの回しからサイドへの展開。そして相手陣内を深くえぐって中央に折り返す。非常にスムーズな流れが披露できていました。あえて注文を付けるならフィニッシュの精度ぐらいか。ほぼ文句なしの前半は終了間際に西村選手がさらに1点を追加。合計5−0とし終了します。

20081030 #02.jpg

何人かメンバーを入れ替えて臨んだ後半。前半同様に彦根東を圧倒していきます。49分、左サイドからの西村選手が強烈な一撃を見舞うと、その後も加点。ドリブルからの攻撃あり、セットプレーからの得点あり、八木選手の豪快な直接FKありと、存分に草津東の良さが発揮されました。

こういう大差のつく一方的な試合では緩みかけたプレーが出てしまいがちですが、キャプテン・北川選手を中心にすかさず叱咤の声が飛ぶ。もちろんそれだけではなく、いいプレーが出たときには互いに称えあうなど、今まで以上にチームとしてまとまったように感じました。この選手権に賭ける選手の意気込みが十分に伝わってくる内容でした。

終わってみれば11−0。(僕個人としては)ちょっと不気味だった彦根東相手に見事な完勝。素晴らしいスタートを切ることができました。

20081030 #03.jpg

20081030 #04.jpg


早くも明日には3回戦です。相手はPK戦で伊吹を下した甲西と対戦します。甲西は前線の技術とスピードを活かした攻撃力が自慢のチーム。1回戦の滋賀学園戦でもその片鱗を見せてくれました。

草津東としても初戦のような余裕を持った戦いにはならないと思いますが、しっかりとした準備とモチベーションで戦えば、結果は付いてくると思います。優勝へ向かって一歩ずつ進んでいっていってほしいと思います。

頑張れ、草津東!


20081030 #05.jpg
▲試合終了後の選手挨拶

20081030 #06.jpg
▲草津東ベンチの後方から虹が

翔.png
▲今年は「翔」

2008年10月30日

【速報】選手権予選2回戦

草津東×彦根東

前半5−0
後半6−0

合計11−0

草津東完勝!
3回戦は伊吹をPK戦で下した甲西と。

2008年10月27日

2008高校選手権滋賀大会1回戦 甲西×滋賀学園

全国高校サッカー選手権滋賀大会1回戦
 (10/25Sat 11:10 @能登川高校グラウンド)
 甲西 3−2 滋賀学園
KOSEI 20081025.jpg SHIGA GAKUEN 20081025.jpg

いよいよ高校選手権滋賀予選が開幕。全国を目指して、今年度最後の戦いが幕を切って落とされました。そこで、1回戦屈指の好カードとして注目の「甲西×滋賀学園」の一戦を能登川高校に観に行ってきましたので、遅ればせながら簡単にリポートしたと思います。

20081025 #03.jpg

上位進出を狙う両チームの対戦となり、たくさんの観客で膨れ上がったこの試合。序盤は互いの出方を探るような膠着した感じ。しかし10分を過ぎると、ともに徐々に持ち味を発揮してきます。すると15分、甲西が自陣ペナルティエリア内で痛恨のクリアミス。それを拾った滋賀学園10番・上岡選手(だったと思います)が左45度からシュートを決め先制します。しかし19分、甲西は10番・宮崎選手が左サイドから中央に切れ味鋭いドリブルで突破し右サイドへラストパス。最後は9番・林選手が落ち着いて決めて同点とします。

20081025 #01.jpg

甲西は注目の大型FW18番・徳永選手を1TOPに、その後ろから10番・宮崎選手や9番・林選手がどんどんドリブルで仕掛けていく形。時にはヒールパスや足の裏を使ったトリッキーなボールキープで相手を翻弄していきます。31分には徳永選手がスローインを受けて中に切れ込みシュート。GKの好セーブにより得点はなりませんでしたが、シュートまでもっていくのが非常に上手く感じます。

互いに攻め合いながらも、なかなか決めきれずこのまま同点で終わるかと思われたロスタイム。甲西が最後の攻撃のチャンスをものにします。右サイドから徳永選手が突破。シュートはまたしてもGKに止められますが、こぼれたところを宮崎選手が詰めました。残り少しというところで見事な逆転弾となりました。

20081025 #02.jpg

後半も攻撃的な両チーム。45分には甲西・徳永選手のシュートがポスト直撃。逆に15分、滋賀学園16番・渡辺選手がGKと1対1になりながらもブロックされ得点ならず。それでもまた徳永選手が見せる。57分、カウンターから巧みに相手守備陣をかわしシュート。62分にはCKからトラップ→反転してボレーシュート。得点ならずもチャンスを作り出しました。

一時は滋賀学園に流れをつかまれながらも、再び自分たちに引き寄せた甲西。このまま逃げ切りたいところでしたが、68分、CKから滋賀学園11番・中村選手のヘッドで同点に追いつかれます。さらに攻める滋賀学園。33分、FKの流れから上岡選手がシュートもGKセーブ。さらに再び上岡選手がペナルティエリア内で数人をドリブルで抜き去るも得点に結びつかず。そのまま試合時間はなくなっていきPK戦突入が濃厚になります。

しかし78分、甲西の攻撃。右サイドで完全にフリーになっていた7番・大和田選手へパスが渡ると、大和田選手は狙い済ましてゴール左のサイドネットに突き刺しました。これで勝負あり。その後、滋賀学園の攻撃をしっかりとおさえた甲西が激戦を制し、2回戦へ駒を進めました。

20081025 #04.jpg

まずは初戦の彦根東戦に集中してほしいところでこんなことを書くのもなんですが、草津東が勝ち上がると、3回戦でこの甲西と戦う可能性が強くなります。非常に攻撃的なチームで、特に前の3〜4人は非常に厄介な存在です。FW・徳永選手のシュートセンスに、その後方に構えるアタッカーたちのスピードあるドリブル。注意が必要になりそうです。



1回戦の全結果はこちら
1回戦から登場したチームの中では抜きん出た実力を持つ守山と北大津は20点前後の得点を挙げ完勝。その他の試合も大きな波乱はなく今大会は始まりました。
2回戦は30日(木)。いよいよシード校の登場となります。草津東は前述のように彦根東との対戦です。まずは幸先の良いスタートを切ってほしいと思います。

2008年10月24日

明日、高校選手権滋賀予選開幕!

いよいよ明日、今年度の高校サッカー界の集大成・高校選手権滋賀予選が開幕します。

 【トーナメント表@滋賀県サッカー協会】

◆草津東の日程
  開始時間
試合会場
対戦相手
1回戦10/25(土)  シード
2回戦10/30(木)14:30ビッグレイクA彦根東
3回戦11/1(土)10:00ビッグレイクB 
準々決勝11/3(月)11:00ビッグレイクB 
準決勝11/8(土)12:05皇子山競技場 
決勝11/15(土)12:10皇子山競技場 


草津東はシードのため30日(木)の2回戦から登場。彦根東と対戦します。彦根東についてはまったく情報らしいものがないので何とも言えませんが、昨年の新人戦ではベスト4に入るなど侮れないチームでしょう。おそらく3年生は夏で引退しているはずなので、1、2年生中心のチームだと思われます。83回大会以来の選手権出場を目指す草津東にとって大事な初戦。幸先の良いスタートを切りたいところです。

草津東の今年度は苦戦続き。新人戦、プリンスリーグ、インハイ予選・・・いいところまではいくけども、最後に勝ちきれず、悔しい思いをしてきました。その雪辱を晴らすときがついにやって来ました。客観的に見て、草津東は本命・野洲、対抗・守山北に次ぐ3番手というところ。ただ最近の練習試合では関西内の強豪チームと対戦しまずまずの成績を収めていると聞きます。予選に向けて調整はうまくいっているようです。

全国に草津東の名を再び・・・
チーム一丸となってこのトーナメントを勝ち抜いていってほしいと思います。
今年度の集大成を思い切り見せてもらいましょう!

頑張れ、草津東!

2008年09月22日

2008高校選手権滋賀予選詳細 早くも決定!

20日(土)に組み合わせが明らかになった高校選手権滋賀予選。読売新聞には25日(木)に会場・時間等の詳細が決まると書いてありましたが、何と本日、3日も前倒しで協会HP上にて発表されました。仕事が速いぞ!

 【トーナメント表@滋賀県サッカー協会】

草津東が勝ち進んだ場合の日程は以下の通りです。

  開始時間
試合会場
対戦相手
1回戦10/25(土)  シード
2回戦10/30(木)14:30ビッグレイクA彦根東
3回戦11/1(土)10:00ビッグレイクB 
準々決勝11/3(月)11:00ビッグレイクB 
準決勝11/8(土)12:05皇子山競技場 
決勝11/15(土)12:10皇子山競技場 


準々決勝までビッグレイクで戦えるのは観戦するほうにとって非常にありがたいですね。
しかも3回戦と準々決勝はBコート。観戦には最適です。

さて、初戦の相手・彦根東。情報は全くありません。おそらく3年生はインターハイ予選を最後に引退しているはずで、1、2年生のみの新チームで挑んでいくるのではないでしょうか…。あくまでも予想でしかありませんが。。。
3回戦は伊吹・長浜・甲西・滋賀学園のどこか。注目のFW・徳永選手を擁する甲西と、上岡選手率いる滋賀学園の勝者が有力かな?
準々決勝以降は状況を見ながらおいおいと。

予選まで1ヶ月ちょっと。いよいよですね。今年こそ・・・!



その前に、明日は来季のプリンスリーグ出場権を賭けたトーナメント戦の第2戦です。相手は宿敵・守山北。今季のプリンスリーグやインターハイ予選の借りを返そう!

2008年09月20日

2008高校選手権滋賀予選の組み合わせ決定!

本日の読売新聞朝刊に組み合わせが掲載されました。
シードのため2回戦からの登場となる草津東の相手は彦根東に決定しました。
勝ち抜くと3回戦は、伊吹・長浜・甲西・滋賀学園のどこか。伏兵揃いの楽しみなブロックに入りましたね。
今大会の優勝候補筆頭である野洲とは、順調に行けば準決勝での対戦となります。手ごわすぎる相手ですが、リベンジを果たせるよう頑張ってほしいと思います!そして、今年こそ選手権に返り咲こう!

高校選手権組み合わせ

【日程】
1回戦・・・10/25(土)
2回戦・・・10/30(木)
3回戦・・・11/1(土)
準々決勝・・・11/3(月)
準決勝・・・11/8(土)@皇子山
決勝・・・11/15(土)@皇子山 

会場や試合開始時間等は来週の25日(木)に決まるとのことです。



頑張れ、草津東!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。