2008年06月01日

2008春季高校総体準々決勝 結果

今日は観に行けませんでしたが、現地より結果を教えていただきました。

 草津東×八幡

 前半0−0
 後半1−0
 ―――――
 合計1−0 【得点】西村

 見事、準決勝進出です!

その他の結果
・野洲 3−0 水口
・綾羽 1−0 八幡商
・守山北 3−2 高島


これにより6/5(木)に行われる準決勝の組み合わせが決まりました。
(会場はいずれも湖南市民グラウンド)
 11:00 野洲×綾羽
 13:00 草津東×守山北

リベンジしよう!!

2008年05月31日

2008春季高校総体3回戦 vs.長浜

滋賀県春季高校総体3回戦
 (5/31Sat 13:15 @野洲高校グラウンド)
 草津東 7−0 長浜
20080531 Kusatsu-Higashi.jpg 20080531 Nagahama.jpg

今日は3回戦。草津東は少々肌寒い中、野洲高校グラウンドで長浜と対戦しました。長浜とは新チーム初の公式戦となった1月の新人戦2回戦で対戦し、4−0で勝利しています。

[草津東スターティングメンバー]

上坂(11)  木村(9)

西村(7)          渡邊宏(8)

寺嶋(16)  山田(20)

西崎(13)  林直(4)
*  吉上(2)  井上(23)

林慎(1)

【交替】
35分: 竹内24(←11)
35分: 吉田22(← 7)
44分: 古谷14(←16)
46分: 小島18(← 9)
50分:
 渡邊淳5(← 2)
53分: 佐薙25(← 4)


草津東はこの試合、メンバーを少し入れ替えてきました。キャプテン・CBの北川選手、左サイドの大谷選手に代えて、右に井上選手、左に西崎選手を据えました。それにともない前の試合まで右SBを務めていた吉上選手を中央にスライドさせました。

その草津東ですが、先週の2回戦では勝ったものの、40回近く掴んだチャンスをなかなか決めることができず、結局はセットプレーからの2点止まり。初戦ということもあり、思うような展開には持っていけませんでした。今日の試合ではしっかり立て直してこれるか注目でしたが、草津東らしい攻撃サッカーを見事に復活させてくれました。


開始2分、いきなりの先制点。取ったのはこの試合でも高い技術を武器に圧倒的な存在感を見せた渡邊宏選手。右サイド45度から豪快な一撃を決めました。さらに5分、今度は寺嶋選手。ペナルティエリア外から右斜め前にドリブルで進入し、そこから思い切りよく決めました。

あっという間に2点を取り余裕の出来た草津東。この後もテンポ良いパス回しとドリブルで相手を揺さぶると、セットプレーなども含め数々のチャンスを作ります。途中、GKとの1対1を惜しくも外す、ミドルシュートがバーを直撃するなどあと一歩のシーンも作りながら迎えた31分、追加点。長いスルーパスに走りこんだ左サイドの西村選手が、そのままダイレクトで豪快に蹴りこみました。


3−0で折り返した後半も草津東ペース。36分、39分と右の渡邊宏選手がドリブルやスルーパスでチャンスを生み出します。これらは得点に至りませんでしたが、40分、再び渡邊宏選手。右サイドの深い位置でボールキープすると中央へ折り返す。受けたのは後半から投入された吉田選手。スルスルと相手DFを数人かわして最後は強烈なシュートをゴールに叩き込みました。

さらにその1分後、左サイドを駆け上がった寺嶋選手にオフサドラインぎりぎりでスルーパスが通ります。寺嶋選手は難なく相手サイドをえぐると、中央へラストパス。少しパスが弱いかな、と感じましたが、うまくファーサイドにつながり渡邊宏選手が押し込みました。

5点を取ったあとメンバーを入れ替えながらもまだまだ攻めていきます。55分には直前にピッチに入った佐薙選手。スルーパスにタイミングよく飛び出し、最後はGKとの1対1を決めました。締めの7点目は65分。こちらも途中出場の小島選手が縦パスに抜け出しきっちり決めました(下に動画あり)。相手の攻撃に対しても最後までチャンスらしいチャンスを与えることなく試合を終わらせました。

試合全般を通して、これまでよりも複数人で崩していく意識が高く、その中に個人技をアクセントに加え、攻撃的なサッカーを展開できました。今後の試合に向けて期待を抱かせてくれる内容でした。

そして、思い切りの良さもかなり前面に表れていました。これまではシュートが打てる場面でもパスを選択したり、タイミングが遅かったりと、どうしも消極的に見える部分がありました。しかし、今日の試合では積極的な姿勢が存分に披露されていたし、シュート自体も自信を持って思い切りよく打ったものが多く、観ていて本当にスカッとした見事な勝利でした。


さて、明日は早くも準々決勝。八幡と対戦します。八幡は今日の光泉戦では開始2分までに2点を取られるという状況から、1年生の活躍もあって7−2と鮮やかに逆転勝ちした模様。10番・森下選手を中心とした攻撃サッカーを展開する強敵です。

明日は用事があるので残念ながら観戦できません。期待して結果を待っています♪


本日の動画

▼61分、スルーパスに抜け出た吉田選手がゴールを狙うも、ボールは惜しくも右に流れていく。


▼65分の小島選手の得点。(パスを受けてからしか映ってません。)


▼68分、佐薙選手が右サイドを突破しクロスを送るも、誰にも合わず。


※[DOWNLOAD]すると大きな画面で観ることができます。(観にくいのばっかですいません。。。)

【速報】春季高校総体3回戦

草津東×長浜

前半3−0
後半4−0

合計7−0

2008年05月30日

Road to SAITAMA 明日は春季高校総体3回戦

3回戦の組み合わせ(5/31)

 @野洲高校グラウンド
 10:00 野洲×膳所   ・・・@
 11:30 八幡商×比叡山 ・・・A
 13:00 草津東×長浜  ・・・B
 14:30 高島×守山   ・・・C

 @ビッグレイクAコート
 10:00 水口×滋賀学園 ・・・D
 11:30 綾羽×北大津  ・・・E
 13:00 光泉×八幡   ・・・F
 14:30 石山×守山北  ・・・G


準々決勝の組み合わせ(6/1)

 @野洲高校グラウンド
 11:00 @の勝者×Dの勝者
 13:00 Bの勝者×Fの勝者

 @ビッグレイクCコート
 11:00 Aの勝者×Eの勝者
 13:00 Cの勝者×Gの勝者

2008年05月26日

彦根西戦 写真編

滋賀県春季高校総体2回戦
 (5/25Sun 11:35 @甲南高校グラウンド)
 草津東 2−0 彦根西
20080525 #01.jpg 20080525 #02.jpg

今日は写真編。こちらからどうぞ。

2008年05月25日

2008春季高校総体2回戦 vs.彦根西

滋賀県春季高校総体2回戦
 (5/25Sun 11:35 @甲南高校グラウンド)
 草津東 2−0 彦根西
20080525 Kusatsu-Higashi.jpg 20080525 Hikone-Nishi.jpg

昨日開幕した滋賀県春季高校総体。6月8日(日)まで、インターハイを目指して熱い戦いが繰り広げられます。ディフェンディングチャンピオンとして今大会に臨む草津東は、新人戦ベスト4のため1回戦はシード。今日の2回戦からの登場となりました。対戦相手はエンジのユニホームが印象的な彦根西です。

[草津東スターティングメンバー]

11   15

7             8
16   20

6    4    3
*   2

 1

【交替】
35分:  5(←20)
35分: 23(← 2)
35分:
24(←15)
52分:  9(←11)
52分: 22(← 7)
61分: 13(← 6)


会場は甲南高校グラウンド。心配された雨は上がり比較的過ごしやすい天候。グラウンドは結構デコボコだったものの水溜りはほとんどなく、パスやドリブルがとまってしまうというようなことはありませんでした。

試合は大方の予想通り草津東の一方的な展開。選手が10人しか揃わない彦根西相手に、ほぼハーフコートで試合を進められる状況でした。開始3分の上坂選手のシュートを皮切りに、2分に1本以上のペースでシュートを打ち続けます。しかし、草津東はプレーのひとつひとつが少々雑だったかな。シュートにしろパスにしろトラップにしろ精度を欠きました。彦根西もGKが堅実なセービングを披露、そして全員がハードワークを惜しまず集中力も高い。草津東の選手をゴール前では完全なフリーの状態にはさせることなく守り抜きました。

草津東の前半のシュート数は手元の集計で19本。チャンスの数は物凄かったものの、たったの1本もゴールネットを揺らすことはなく、スコアレスのまま前半を終えます。


後半、3人を入れ替えた草津東。中盤には怪我から復帰した渡邊淳選手を起用します。すると渡邊選手が早速仕事をします。10分、ゴール前でドリブルを仕掛けると、PA進入直前で倒されFKのチャンスを得ます。蹴るのは渡邊選手本人。放たれたボールは壁の横を抜けゴール右隅に決まりました。[→下に動画があります。]

先制したあと、木村選手、吉田選手を投入し追加点を狙う草津東。19分にCKから林選手のヘディングシュートが決まり2−0と突き放します。その後も攻勢が続き、先述の両選手を中心に前線を掻き回す草津東。しかし得点はそのまま動かず2−0で試合は終了しました。


あれだけ攻めながらも2点止まりは、やっぱり不満かな・・・。僕が観戦しながら数えたものなので大してあてにはなりませんが、シュート数は前半19本、後半13本、ネットを揺らしながらもオフサイドで取り消されたのが前後半通じて3回。決めるべきときにしっかりと決めておかなければ、これからの戦いでは苦しむことになるかもしれません。ただ、今日については初戦ということで空回りした部分もあるかも。3回戦での戦いに期待しましょう!


★後半10分の先制点(渡邊淳選手の直接FK)

※[DOWNLOAD]すると大きな画面で観ることができます。

2008年05月23日

Road to SAITAMA 明日、春季高校総体開幕

明日、5月24日(土)から「滋賀県春季高校総体(インターハイ滋賀予選)」が始まります。明日は1回戦18試合が行われ、第3シードである草津東は25日(日)の2回戦から登場。甲南高校グラウンドで彦根西と対戦します。

 【大会規定@滋賀県サッカー協会】
 【トーナメント表@滋賀県サッカー協会】

※今年も例年通り優勝チームにはインターハイ(埼玉開催:決勝はさいスタ!)のほかに滋賀FAカップ(天皇杯滋賀代表決定戦)、優勝&準優勝チームには近畿高校サッカー選手権への出場権が与えられます。



草津東は4月から始まったプリンスリーグでは思うような結果を残せまんでしたが、試合によっては相手を圧倒する場面もあるなど、全員がハードワークを惜しまない姿勢、そしてボールを奪ってからの巧みな攻撃を見せ、徐々にチームとして成熟されてきたように思います。

優勝を争うライバルとなるのはやはり野洲。野洲はプリンスリーグでもJクラブのユース相手に互角の戦いを見せることもあり、県内では他チームより1段上の実力を持っています。野洲と当たるとすれば決勝です。
そして守山北もかなり強いですね。少し波があるようですが、プリンス第2節で草津東は0−3と敗れているだけに是非ともリベンジを果たしたいところ。守北と当たるとすれば準決勝です。
さらに、新人戦ベスト4の北大津、古豪・水口、小林監督就任2年目の石山あたりも注目。他にも滋賀学園や八幡など注目の10番がいる伏兵も侮れません。

ちなみにあさっての初戦ですが、用事があるので観に行けない可能性が高いです。でもしっかり勝って3回戦に駒を進めてくれるでしょう!


******************************************


さて、あさっての会場となる甲南高校グラウンドですが、そこで思い出すのは1年半前の選手権予選1回戦です。10月下旬だったのに物凄い暑さの中、甲南高校駐車場からテクテク15分ほど歩いてたどり着いたグラウンド。1回戦屈指の好カード「草津東×守山」を観戦しました。草津東は野洲と並ぶ大会の優勝候補。夏場には当時柿谷(セレッソ)らを擁したU-16代表に勝利するなど、その実力の高さは国立を狙えるレベルにあるという噂を耳にしていました。しかし実際に生で観たことはほとんどなく、だからこそ非常に楽しみなチームでした。しかし相手の守山には福岡選手がエースとして君臨(そのときは名前も知らず、あの14番面白いなぁと思った記憶があります)するこちらも注目チーム。しかも草津東はインハイ予選初戦で守山相手に負けているという因縁もありました。最初は単純に「面白いサッカーが観たい!」、そういう気持ちで会場に訪れました。

試合は、序盤こそ拮抗していたものの時間が進むと草津東が徐々に攻勢となります。そうすると多くのチャンスを量産し後半に3点をゲット。内容が素晴らしく、秀逸なパスワークに個人技を活かし守備を打ち破り、隙のない守備で相手を封じ込む。チーム全体がバランスの取れた素晴らしいサッカーをしていました。

この試合を観て一気に草津東ファンになり、2006年チーム最後の大会を追いかけました。3回戦では水口との、観ていたこっちが疲れるような壮絶な試合を制しての勝利。準々決勝では浦島選手率いる北大津との均衡した戦い、準決勝では比叡山との雨の皇子山での戦い、それぞれを突破し決勝に駒を進めました。そして決勝は野洲との歴史に残る死闘。負けはしましたが、その健闘の度合いは賞賛ものでした。新チームからは練習試合を含め多くの試合を見せてもらい、ついには応援ブログを開設するというところまでいきつきました。

そんなこんなで今に至るわけですが、草津東の応援を始めたきっかけ・原点となった試合が2006年の甲南高校グラウンドでの試合でした。本当にあの試合に行ってよかったと思ってます。


今大会、残りのプリンスリーグ、そして秋の選手権予選などを通して2008年チームも数々の死闘、激闘を見せてくれるはずです。その姿を目に焼き付けたいと思います。

2008年05月02日

2008春季高校総体(インターハイ滋賀予選) 組合せ・日程発表

ディフェンディングチャンピオンとして迎える「滋賀県春季高校総体(インターハイ滋賀予選)」。協会HPにその詳細が掲載されました。

 【大会規定@滋賀県サッカー協会】
 【トーナメント表@滋賀県サッカー協会】

※今年も例年通り優勝チームにはインターハイ(埼玉開催:決勝はさいスタ!)のほかに滋賀FAカップ(天皇杯滋賀代表決定戦)、優勝&準優勝チームには近畿高校サッカー選手権への出場権が与えられる模様。

以下、草津東高校が勝ち上がっていった場合の組合せ・試合時間・会場等です。

 試合日開始時間対戦相手試合会場
1回戦5.24(土) シード 
2回戦5.25(日)11:30彦根西甲南高校G
3回戦5.31(土)13:00大津商 or八幡工
or長浜 or堅田
野洲高校G
準々決勝6.1(日)13:00未定野洲高校G
準決勝6.5(木)13:00未定湖南市民G
決勝6.8(日)11:00未定湖南市民G

草津東は1回戦はシードのため、25日の2回戦から登場。相手は彦根西となります。彦根西は1月の新人戦では水口東に0−5で敗れ、初戦で姿を消しています。それが最新(?)の情報です。
3回戦は大津商など4チームの中からの勝ち上がりチームと対戦。そこに勝つと、準々決勝からが厳しい試合が続きそう。
準々決勝で対戦が予想されるのは八幡もしくは甲西。八幡は2006年の国体選抜・森下選手(3年)を中心とした攻撃サッカーが持ち味。近年めきめきと力を付けているだけに侮れない相手です。甲西は大型FW徳永選手(2年)が注目。昨年の選手権予選・野洲戦では当時のDFリーダー・青木選手を振り切ってゴールを決めていることを考えてみても、かなりのケアが必要になりそうです。
湖南市民Gに会場を移す準決勝にはおそらく守山北が勝ち進んでくるはず。先日のプリンスリーグ第2節では0−3と完敗しただけに何が何でもリベンジを果たしたいところ。
そして準決勝に勝てばいよいよ決勝です。目指すは連覇!再び全国に草津東の名を轟かせてほしいものです。
が、まずは初戦。最高のスタートを切りたいですね!

他のブロックを見ていくと、水口が入ったブロックが一番厳しそう。そのブロックのシード校・近江に、注目の上岡選手擁する滋賀学園、そして水口東と伏兵が揃っています。新鋭校・立命館守山も1、2度ビッグレイクで練習試合をしてるのを見たことがありますが、サッカーに力を入れてきてる様子が伺え、どんなチームに成長しているのか楽しみです。このブロックを勝ち上がった場合、準々決勝ではおそらく野洲が待ち構えますが、野洲にとってもこの準々決勝が大きな山。今大会の本命ながら、近年夏にいい思い出がないことも踏まえると、この準々決勝はかなりの注目です。



今年は準決勝が平日開催になってしまうことからも分かるように、昨年より大会期間が1週間短くなっています。そして、ただでさえピッチコンディションが良くない湖南市民Gでは決勝戦の前日にJFLの試合もあるということで、その状態はかなりの懸念事項。最後まで勝ち残ってくるチームにとってはなかなかハードな環境での戦いが余儀なくされそうです。暑くなる時期ですが、どのチームの選手も最高のパフォーマンスを見せられるように、コンディション作りには充分に注意を払っていただければと思います。また、今大会を最後にサッカーから離れてしまう選手も大勢いるはず。気持ちの入った熱いプレーをたくさんたくさん観たいですね!



******************************************************************


明日はプリンスリーグ第5節・初芝橋本戦がサンガタウン城陽で行われます。
1部昇格権の2位に入るためには、この試合は絶対に勝って6月の第6節、第7節につなぎたいところ。
頑張れ、クサヒガ!!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。